Yahoo! JAPAN

ステージ4の子宮体がんで子宮と卵巣を摘出 術後1年経過し「この痛みは卵巣欠落症?」

Ameba

29歳の時にステージ4の子宮体がんが発覚。その後、手術で子宮と卵巣を摘出し、現在も経過観察中のヒダノマナミさんが、22日に自身のアメブロを更新し、卵巣欠落症を疑ったエピソードを明かした。

■手首と親指の付け根に痛みを感じる

「〈144〉この痛みは卵巣欠落症???」というタイトルのブログでは、2018年の出来事を振り返り、「手首と親指の付け根。本当に痛い」「仕事してても痛いし、家事してても痛いし」と強い痛みを感じたことを報告。「やっぱりただの腱鞘炎じゃなくて、更年期に起こる症状のような卵巣欠落症によるものなのかなと思いました」と述べた。そして、「次の外来の時にちゃんと先生に相談してみよう!」と回想した。

■卵巣欠落症について調べてみると

24日に更新されたブログでは、「卵巣欠落症少し調べてみました」と切り出し、「発汗異常、頭痛、肩こり、ほてり、のぼせ、冷え性、動悸、不眠、イライラ感、抑うつ気分、関節痛などがあるそうです」とつづり、「二十代・三十代だと更年期を意識するなんてほぼないし、まさかそれで腱鞘炎になるなんて思ってもみなかった」「術後一年経とうとしてるけどまだまだ体に影響が出るんだね」とコメント。

ヒダノマナミさんは「『がん』=『死』だけではないというのを伝えたくブログを開設」したことを明かし、経過観察中の現在も、近況や闘病中の様子など発信している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  2. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース
  3. 「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「火垂るの墓」など あさご芸術の森美術館『アニメーション美術の創造者 新・山本二三展』朝来市

    Kiss PRESS
  4. 伊賀南部クリーンセンター 2日連続で火災 けが人なし

    伊賀タウン情報YOU
  5. 三村マサカズ、さまぁ~ず・単独ライブ初日前に足を痛める 千秋楽まで乗り切り「アスリート並のことをやった」

    Techinsight
  6. <お下がりクレクレママ>困ってる人を助ける「過剰な親切心は迷惑?」【まんが:結衣の気持ち】

    ママスタセレクト
  7. 大木優紀さん、“高給”テレ朝アナ辞め転職した理由

    ナリナリドットコム
  8. 片岡愛之助、妻・藤原紀香と墓参りへ「お稽古で行けなかった」

    Ameba News
  9. 杉浦太陽、妻・辻希美の手料理を絶賛「やはり、ノンのご飯は最高」

    Ameba News
  10. 平野ノラ、君島十和子さんから貰った品を公開「大切にさせていただいてます」

    Ameba News