Yahoo! JAPAN

「おこぶ 北淸」で、昆布出汁のラーメン食べてきた!【伏見区】

ALCO宇治・城陽

京阪「中書島駅」の近く、「おこぶ 北淸(OKOBU KITASE)」(京都府京都市伏見区南新地)で「おこぶのだしラーメン」を食べてきました!
(記事の内容は2022年2月27日時点のものです。)

京阪「中書島駅」北口から北へしばらく進むと…

右手にお店があります!

「おこぶ 北淸」は100年以上の歴史をもつ昆布の老舗です。こちらの店舗はご主人のご実家を改装されたそうで、カフェ&バーとして営業されています。(昆布や佃煮などの販売もされてます。)

店内のメニューを見てみると、昆布を使ったメニューなどがずらり。

・おこぶのポテサラ 480円
・昆布入り自家製鶏ハム 650円
・おこぶとクリームチーズ 550円
・季節の野菜素揚げ出汁ひたし 680円
・おこぶのだしラーメン 850円
・出汁酢ジュレサラダ 550円
・昆布〆甘えび 480円
・昆布〆さばの塩焼き 550円
・鶏皮おこぶチップス 480円
・昆布〆ローストビーフ丼 1,350円
・昆布珍味盛り(柚子味・とろろ巻) 350円
・懐中しるこ 塩昆布つき 500円

※税込価格

見ているだけでも美味しそう~。ほかにも沢山ありましたよ!

ビール、梅酒(富翁)、芋焼酎、玄米緑茶、生姜茶、自家製紫蘇ジュースなど、ドリンクメニューも色々。テイクアウトメニューや土日祝限定の昼定食もありました。

「おこぶのだしラーメン」は、お酒の〆などに楽しむラーメンです。基本的には夜に飲み物(お酒など)を楽しんだ後に注文する感じのメニューだそう。

という事で、飲み物もいただくことに。今回は(お仕事中という事もあり)無農薬ほうじ茶(550円)にしました。

「紅(くれない)」というお菓子が付いてきたのですが、こちらは東大寺のお水取り(修二会)に縁のある紅花を使用して特別に作られている京菓子だそうです!

京都と奈良のつながりや伝統に思いを馳せつつ、素敵なひと時を過ごしたら…

いよいよラーメンへ!

こちらが「おこぶのだしラーメン」です!

スープをひと口いただいてみると…

「!!」

透き通ったような味で、お出汁の旨みを堪能できて、とにかく美味!(しみる~っ。)

どこを食べても本当に美味しくて、満足感たっぷりのラーメンなのに食後も体が重たい感じにならなくて…「是非また食べたい!」と思いながら帰路につきました。

昆布屋さんの昆布出汁ラーメン、いいですねえ~。

おこぶ 北淸(OKOBU KITASE) 店舗情報

住所 京都府京都市伏見区南新地4-52
定休日 月曜日(臨時休業あり)
営業時間
 飲食 火~金 18:00~22:00/土日祝 12:00~22:00
 物販 火~日 10:00~19:00
※営業時間など最新情報はお店でご確認ください。
近隣にコインパーキング有
HP https://okobu.com/
(店舗情報は2022年5月21日時点のものです。)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <お祝いの悩み>もらって困った出産祝いといえば何?一番喜ばれて無難なものは……

    ママスタセレクト
  2. 【新店・ノンアルカクテル専門店 mocktails】浜焼きのお供に!みんなが楽しめるノンアルカクテル│長岡市寺泊(モクテル)

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. ふわふわのうさまる巾着はずるい♡もっちり「マシュマロセット」はプチギフトにも。

    東京バーゲンマニア
  4. 【顔の整体】仕上げは頭蓋骨!歪みがみるみる取れて整う「カオレッチ」のやり方

    特選街web
  5. 丸山桂里奈、夫・本並健治氏の誕生日に東京タワーへ誘うも「お家に帰ろうと言われました」

    Ameba News
  6. 食事制限を行うことでおこるデメリットとは【新ダイエットごはん】

    ラブすぽ
  7. 愛車のごはん代は別腹です 車好きの涙ぐましい努力に同情の嵐

    おたくま経済新聞
  8. 【気になる!! 】今年のミズベリング どんな感じ?

    日刊にいがたWEBタウン情報
  9. 山田涼介×内野聖陽インタビュー 『鋼の錬金術師 完結編』に必要とされた、舞台とも異なる想像力と覚悟とは

    SPICE
  10. ラベンダーやローズの香りに包まれながらスパ感覚でリフレッシュ 100%天然エッセンシャルオイル「shop and cafe And Herb 」体験レポ 姫路市

    Kiss PRESS