Yahoo! JAPAN

開館以来初となる大規模改修!営業再開は26年4月を予定 神戸市が『灘区民ホール』と『すずらんホール』の大規模改修工事を発表

Kiss

灘区民ホール

神戸市が灘区にある『神戸市立灘区民ホール』と北区にある『すずらんホール(神戸市立北区文化センター)』について、設備老朽化に対応するための大規模な改修工事を2025年度に実施することを発表しました。

灘区民ホールは「地域の文化・芸術発信拠点」として1993年3月に開館した公立文化施設で、510席の大ホールはこれまでにコンサートや演劇など様々な舞台芸術の公演で利用されてきました。2025年7月から始まる工事では、照明設備や可動席システム、舞台音響・映像設備の改修・更新が行われ、2026年3月に完了する予定です。

すずらんホール

すずらんホールは、神戸市立北区文化センター内にある大ホール(最大504席)。1994年4月の開館以来、コンサート、演劇、ピアノ発表会、映画鑑賞会、講演会など様々な文化活動の拠点として親しまれてきました。

工事は2025年8月より開始され、照明設備の改修と可動席システムの更新が行われます。休館期間は2026年3月までの予定ですが、ホール以外の設備に関しては期間中も通常通り営業されるそうです。

<記者のひとこと>
竣工から30年が経ち、初めての大規模な改修工事が決定。街の文化拠点として親しまれてきたホールがしばらくお休みするのは寂しいですが、パワーアップして帰ってくる日を心待ちにしたいと思います。


場所・休館期間
灘区民ホール
(神戸市灘区岸地通1丁目1-1)

【休館期間】2025年7月~2026年3月(予定)

すずらんホール
(神戸市北区鈴蘭台西町1丁目26-1)

【休館期間】2025年8月~2026年3月(予定)

※ともに工事の終了時期により、休館が延長になる可能性があります
※大ホールのみ休館。ほかの会議室などは営業

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」