Yahoo! JAPAN

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・円良田湖】

TSURINEWS

水深がある羅漢岬(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

ヘラブナ推薦釣り場として、今週は埼玉県大里郡寄居町にある円良田湖を紹介。減水するこれからの季節は釣り場も多くなり、尺上が楽しませてくれるだろう。

円良田湖

円良田湖の周囲は4.3kmほどで、ハイキングコースとしても人気がある。

ヘラ釣り場としては半世紀以上の歴史があり、冬季のワカサギ釣りも含めて寄居町観光協会によって管理運営されている。ヘラ釣りはボート・桟橋・陸釣りが可能だが、今回は陸釣りに絞って紹介する。

円良田湖のヘラポイント

概況図(作図:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

ポイントは基本的に湖東側がメインで、上流のガラ石付近だけが西側のポイントとなる。

上流部西岸のガラ石(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

東側は、三の沢から下流の羅漢岬付近までがメイン。しかし満水時に陸釣りができるのは、三の沢からヌカリ谷津付近と、羅漢岬付近だけになってしまう。それでも田んぼに水を落とす6月中旬以降は減水するため、入釣できるポイントが広がる。

ヌカリ谷津(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

水深はポイントによって違いはあるが、上流部は比較的浅く1~1.5mほど。ガラ石や三の沢付近はハタキ場が近いため、春先は乗っ込み狙いの釣り人が多い。

羅漢岬付近は、チョウチン釣りこそできないものの、水深はかなり深い。ポイントによっては竿いっぱいの底釣りも可能。

上流部は乗っ込み期以外は、釣れるヘラの平均サイズが落ちる傾向にある。羅漢岬付近では年間を通して、安定して良型が釣れる。春から秋にかけてが盛期となる。

石切方面(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

円良田湖での注意点

以前は冬季に陸釣り禁止期間があったが、今期は年間を通しての陸釣りが可能だった。

注意点としては、釣り券購入前の場所取りは禁止。そのため入釣券の現場売りは高く設定されているので、必ず入釣券を購入してから釣り台を設置しよう。また各自が出したゴミは持ち帰りが義務なので厳守してほしい。

湖の東側は道が狭いので、駐車スペースに気をつけたい。自販機は事務所前や常管桟橋側の駐車場にしかないので、飲食物は持参して行くといいだろう。東側にトイレは、ヌカリ谷津と羅漢岬の2カ所に設置されている。

円良田湖の釣り方とエサ

釣り方としては盛期は宙釣りのほうが有利だが、夏でも底釣りで十分狙えるので好みでいいだろう。

竿は9~13尺まで用意すればOK。好みならもちろん長竿を振ってもかまわないが、満水時は頭上に木枝が張り出していることがあるので、入釣ポイント選びの際には気をつけてほしい。

時期的にエサは宙・底釣りとも、両ダンゴがメインになる。日並みによって食い渋ることがあるので、宙釣りならウドンやトロロなどの食わせを用意しておくといいだろう。底釣りも同様に、グルテンを用意しておくと安心だ。

釣れる魚のサイズは基本的にはオール尺上で、尺2寸から40cm級もめずらしくない。そのため仕掛けは道糸1号、ハリス0.5号くらいを基本にするといいだろう。

<週刊へらニュースAPC・若松恵治/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2021年6月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・円良田湖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事