Yahoo! JAPAN

妙高市初のワイン「フロコン・ドゥ・ネージュ」 1日から発売!

上越妙高タウン情報

妙高市で初めてとなる地場産のブドウを使ったワイン「フロコン・ドゥ・ネージュ」が1日に発売されました。原料のブドウを栽培したのは、妙高市の農事組合法人 坂口げんき農場です。

これが、妙高市初のワイン「フロコン・ドゥ・ネージュ~雪のひとかけら」です。原料のブドウはマスカットベーリーAを中心に3種類が使われています。

栽培したのは坂口げんき農場です。コメ作りをすすめる一方、7年前から耕作放棄地を整備して、特産品づくりをめざしてブドウ栽培に取組んできました。

そして去年の秋、6年かけてようやく、ワイン作りに必要な収量を確保しました。ワインを仕込んだのは岩の原葡萄園です。農場にブドウ栽培を指導してきました。

1日は発売にあわせた発表会が開かれ、入村市長や地元の関係者がワインの味を確かめました。

坂口げんき農場 後藤正直 代表
「完成したワインはきょう初めて飲んだ。香り、味、自分が思っていた以上にいい」

事前にワインを試飲した、赤倉観光ホテルの副支配人で、日本ソムリエ協会認定ソムリエの佐久間涼さんによりますと、フレッシュな果実感と爽やかな酸味がすっきりとした味わいをもたらし、口当たりがいいということです。

ワインを試飲した杉ノ原実行委員会の鴨井茂人 委員長は「飲んだ瞬間に、ブドウの香りと甘みを感じる。最後に渋みがじわっとくる。本当に飲みやすい、飲みやすすぎて量が飲めるのですぐに酔ってしまう」と話していました。

入村市長は「深みがあって美味しい、これはヒットする」と話し、このワインは妙高市の宝の一つになると、太鼓判を押しました。

入村市長
「感無量、よくやってくれた。もう少し生産量が増えたら独自のワイナリーを作る予定。もう土地なども決めてある。それは、これだけやってくれた皆さんに対して私としての恩返し、責任がある」

 

坂口げんき農場 後藤正直 代表
「ものすごく感動している。いいワインだねと言ってもらえて嬉しい。いつワインになるんだろうと毎年思っていた。ようやくできて、今までやってきたことは無駄ではなかったと思えた」

「フロコン・ドゥ・ネージュ 妙高ワイン2021」は、限定1200本。価格は、税込み2750円です。1日から妙高市内の一部の酒店と道の駅あらいで販売されています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. カニエ・ウェスト、「Yeezy Gap」の新ラインをゴミ袋に入れて販売し非難殺到

    Techinsight
  2. 鉄板に乗ったふわふわの正体は白いオムライス!高円寺『 Ailnoir(アイノワール)』でしか食べられない一品

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 朝顔がずっとこちらを見てくる……だまし絵技術を用いた工作にびっくり

    おたくま経済新聞
  4. 「幸せのバナナパン」だけじゃない!地元食材を活かした美味しいパン屋さん【ベーカリーハレビノ 道の駅しょうなん店】(千葉県柏市)

    パンめぐ
  5. 奈良・野迫川村に宿泊すると「カブトムシ2匹プレゼント」 斬新すぎる企画の理由は...「村役場で100匹繁殖」

    Jタウンネット
  6. 3年ぶりの千年夜市は8月21日まで開催中!“千年夜市2022”徹底ガイド これであなたも夜市マスター!?

    フクリパ
  7. レンタサイクルの貸出も!サーファーのオーナーが営む、自家焙煎コーヒー専門店「THALIA Coffee Roasters」【福岡県糸島市】

    フクリパ
  8. 【糸島エリア】観光やドライブで立ち寄りたい、雑貨店・文房具店5選

    フクリパ
  9. 謎の20才ボーカリスト・超学生とは? 活動の始まりから総動画再生回数2億4000万回を突破した現在に至るまでを語る

    SPICE
  10. 【スマホ初心者】アマゾンや楽天が便利!ネットショッピングの流れを解説!

    特選街web