Yahoo! JAPAN

【アイヌの教え】祈りの儀式も見られる「美容考古学研究所」の定例サロン(渋谷区円山町)

ソトコトオンライン

【アイヌの教え】祈りの儀式も見られる「美容考古学研究所」の定例サロン(渋谷区円山町)

学校法人国際文化学園(渋谷区円山町)で毎月末の最終水曜日(※変動する場合あり)に、無料開催している美容考古学研究所の定例サロン。2022年6月22日(水)開催のテーマは「縄文とアイヌ」。(※写真は「関東ウタリ会」会長・浦川治造さん)

アイヌの習俗、考え方、カムイへの思いを学ぶ

北海道には弥生時代がなかった!?

北海道には縄文時代のあとに続縄文時代が続き、本土とは異なる文化が7世紀頃まで続いたとする説があります。寒冷地のため、稲作に適さなかったことがその理由の一つといわれています。北海道で独特の文化が生まれた背景は、他の地域とは異なる雰囲気のユニークな土偶や櫛などの遺物から伺うことができます。そして、この独自文化を持った北海道の縄文人が、のちのアイヌ民族の祖であるという説も。

大自然と共に生きるアイヌ民族は、あらゆるものに“魂”が宿っていると考え、動物や植物、生活の道具や家、山や湖などの自然と、人間の力が及ばない自然現象のすべてを、カムイ(神)が宿るとして敬い、人間も自然の一部であると考えています。

今回のサロンでは、アイヌの長老・浦川 治造さんをお招きし、アイヌの習俗、考え方、カムイへの思いなどをお話しいただくほか、特別に「カムイノミ」というカムイ(神)への祈りの儀式も執り行います。

浦川治造さんは1938年北海道浦河町生まれ。アイヌ民族のエカシ(長老)として、アイヌの精神性をたたえる儀式を日常の中で続けています。当日は、浦川 治造さんからお借りしたアイヌ装束や、縄文晩期の独特な土偶ヘアを再現した作品も展示されるので、アイヌの歴史文化に興味がある方は是非。

※定員に限りがありますので、お早めにお申込みください。

アイヌ民族衣装。

【縄文時代晩期】本土のものとは異なる、北海道のユニークでかわいい土偶たち

北海道虻田町・高砂遺跡(縄文時代晩期 約3000年前)。

北海道七飯町・聖山遺跡(縄文時代晩期 約3000年前)。

北海道七飯町・聖山遺跡(縄文時代晩期 約3000年前)。

【開催日時】
※定員に限りがありますので、お早めにお申込みください。
第13回 美容考古学勉強会
日時:2022年6月22日(水) 16:30~
会場:国際文化学園 1号館
費用:無料

【参加希望の方・連絡先】
国際文化学園 美容考古学研究所
主任研究員 篠原 博昭
電話:03‐6416‐5348
Mail:shinohara@kokusaibunka.ac.jp
FB:https://www.facebook.com/kokusaidogu

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ロバートの元ストーカー「メモ少年」 ロバート山本とのトークイベント開催決定

    おたくま経済新聞
  2. 【京都ランチ】本場ナポリ仕込みの窯焼きピッツァ☆京の酒処伏見の人気店「ドンチッチョ」

    キョウトピ
  3. 忍ミュ愛がいっぱい! 「ミュージカル『忍たま乱太郎』第12弾再演 8月8日はGロッソで陣を取れ!〜ファンミーティングの段〜」レポート

    SPICE
  4. 木南晴夏、志田彩良、菊田竜大(ハナコ)、川津明日香が出演。火曜ドラマ『君の花になる』

    TBS Topics
  5. そらる、ワンマンツアー最終公演の模様が映画館上映&全世界配信決定

    SPICE
  6. 【賞味期限10分】とろ~り新感覚!一度は食べてみたい“アツアツの本わらび餅”

    anna(アンナ)
  7. 【北九州記念】大波乱傾向のハンデ重賞 高配当の使者は追い込み馬?【動画あり】

    SPAIA
  8. 8月8日の世界猫の日に愛する猫さんに『いいね!』を贈る微笑ましい写真が話題♡

    ねこちゃんホンポ
  9. 猫の後ろ姿には哀愁が漂っている【猫マンガ・男の猫道】

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  10. 50周年記念事業に約50人 伊勢原工業団地協同組合 ものづくりの拠点を探検〈伊勢原市〉

    タウンニュース