Yahoo! JAPAN

海の前の特等席「AKASE海岸」の貝汁とエビフライが控えめに言って最高だった

肥後ジャーナル

海の前の特等席「AKASE海岸」の貝汁とエビフライが控えめに言って最高だった

宇土半島、57号線を三角・天草方面に向かう途中にあるレストラン「AKASE海岸」。 最近空いていないのかな?なんて思っていたら、平日は絶賛営業中。 目の前に広がる海を見ながら、絶品の貝汁とエビフライでランチしてきました!

「AKASE海岸」は宇土マリーナのちょっと先

宇土半島の57号線を走っていると、「道の駅宇土マリーナ」を過ぎて三角西港方面へ向かう途中の右側にあるのが「AKASE海岸」。

ずっと以前から気になっていたけれど、最近はあまり開いているところを見かけていなかった気がします。 この日は平日、オープンしているようなので突撃してきました。

リゾート感のある店内。海が見える席が多く、開放感があります。

メニューはこちら。たっぷりの貝汁にメインのおかずがつく定食が人気です。

パスタなどの単品やお子様メニュー、デザートもあります。

人気の貝汁、毎回作ってます

注文したのは「貝汁と大エビフライ」の定食(税込1300円)。

大エビフライというだけあって、エビのはみ出し具合がすごい。大きいです。ちなみに写真はご飯少なめでオーダーしているので、本来はもうちょっとご飯多めです。

持ち手付きのカップになみなみと入った貝汁は、アサリの旨味がたっぷり。 作り置きはせず、注文が入るたびに作っています。 確かに貝汁って、どんなに新鮮でおいしいアサリで作っても、しばらくすると香りが飛んでしまいがち。

一番おいしいタイミングで食べてもらいたいからと、オーダーごとに作ります。身もふっくらした状態でいただけますよ。

大きなエビフライはタルタルソースとレモン付き。サクサクの衣は薄め、ミディアムレアくらいのエビとのバランスも絶妙です。頭からしっぽまでいただきました。

ご飯に貝汁、大ぶりのエビが2本に、とろんとした食感のオムレツとサラダ、お漬物もついて大満足のランチでした。

ロケーションも素敵

それにしても、ランチがおいしいだけでなくロケーションもすばらしいお店です。

こちらが、この地にすっかりほれ込んでお店を開いたというオーナーの柴田さん。 最愛の奥様とともに福岡から移住して、15年ほど前にAKASE海岸をオープンしました。

目の前は有明海、満潮時には窓の外すぐのところに波打ち際が迫ります。この日は少し雲がかかっていたけれど、左奥は雲仙。島原半島まで見渡せますよ。 ちなみに以前は土日もオープンしていたのが、現在は月曜から金曜の平日のみの営業です。 実は一緒にお店を切り盛りしていた奥様が2年前に他界され、一時お店を閉めておられたのだそう。

現在は多くのファンからの要望やご友人の協力もあって営業再開。子育てと両立しながら、平日のみ営業しています。 最近開いてないのかな?と思っていた皆様、平日にぜひどうぞ。 おいしいランチに絶景ビュー、オーナーの人柄も素敵なお店でした!

おすすめの記事