Yahoo! JAPAN

川崎F 富士通スタを「青く」 U-18最高峰の大会で〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

活躍するフロンターレUー18の選手©川崎フロンターレ

高校サッカー部とクラブチームが参戦する「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」が7月3日(土)、富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)で初開催。川崎フロンターレU-18が、桐生第一高校(群馬県)と対戦する。試合を盛り上げようと、同クラブはトップチームのホームゲームを模した雰囲気づくりの準備を進めている。

プレミアリーグは、高校年代で最高峰の大会。川崎フロンターレU-18は今季からプレミアリーグに参戦し、現在、8勝1分けで首位を走る。

同クラブによると、今回は等々力での観戦に訪れたことのない市民にフロンターレを身近に感じてもらえる機会と位置づけ。あわせて、準トップレベルの試合を多くの市民に楽しんでもらい、チームの勝利の後押しを図りたいことから、試合前イベントを企画。富士見公園内のはぐくみの里ではトップチームのイベントでも好評を博す「カブトムシの森」(要事前予約・同スタジアムウェブサイト内専用フォームから)を実施。参加者がカブトムシの採集体験を行う。キッチンカーによる様々なグルメを提供するほか、市民限定の特製ステッカーを配る。

キックオフは午後5時。入場料は無料。

【関連記事】

おすすめの記事