Yahoo! JAPAN

100均でも購入可能!シリコン型で作るケーキレシピとアレンジ2選

macaroni

100均でも購入可能!シリコン型で作るケーキレシピとアレンジ2選

シリコン型とは?

お菓子を作るときに使用する型は、たくさんの形や種類があります。そのなかでも「シリコン型」「シリコンモールド」と呼ばれるシリコンゴム製の型は、型離れがよく、さびに強いのが魅力です。汚れが落ちやすいため、お手入れが楽で扱いやすいメリットも。

チョコレートやゼリーなどを冷やし固めたり、アイスクリームを凍らせたり、焼き菓子をオーブンや電子レンジで作ったりすることができます。

どこで購入できる?

製菓材料や道具を扱うお店、百貨店、ホームセンター、生活雑貨のお店、100円ショップなどで販売されています。近くにない場合は、ネット通販を利用するのもよいでしょう。

シリコン型を使用するときのポイント・注意点

耐熱温度を確認する

シリコン型の耐熱温度は、200~230℃のものが多いです。商品や用途によって耐熱温度が違い、長時間加熱できないものもあります。型のパッケージに書かれている注意書きを必ず確認してください。一方耐冷温度は、いずれも-40℃程度です。

トースター・ガスオーブンには使えない

シリコン型は電気オーブンには使えるものの、トースターやガスオーブンには使用できません。いずれも、火や熱源に当たってしまう可能性があるからです。またトースターは非常に高温になりやすく、温度調節がしにくいもの。耐熱温度を超えると、ガスが発生することがあるため注意しましょう。

熱伝導はよくない

一般的な金属製の型と比べると、シリコン型は熱伝導がよくありません。同じレシピで焼くと、きれいな焼き色が付きにくくなります。温度や時間の調整をしながら、焼くようにしましょう。

柄がきれいに出る!くま型「チョコケーキ」のレシピ

シリコン型を使って生地を焼くとき、せっかくのかわいい型を使っても模様が出にくいことがありますね。こちらは溶かしたチョコレートを型に流し、焼いた生地をはめ込むレシピです。チョコレートに浸けてコーティングするよりも、模様がくっきり出ますよ。熱にも冷たさにも強くてはがしやすい、シリコン型の特性をフルに生かしましょう。

材料(ミニサイズのくま24個分)

・チョコレート……80g
・バター(無塩)…40g
・牛乳……40cc
・卵 1個
・ホットケーキミックス……40g
・コーティングチョコレートミルク……100g
・コーティングチョコレートストロベリー……100g

下準備

・板状のチョコレートを使う場合は、細かく刻む
・型に溶かしバター(分量外・適量)をはけで塗る
・卵は室温に戻す
・オーブンは180℃に予熱する

作り方

1. チョコレート生地を作る

耐熱性のボウルにチョコレートとバターを加え、50℃程度の湯せんにかけます。溶けたら泡立て器で混ぜ合わせます。

溶きほぐした卵を加えて混ぜ、牛乳を加えて混ぜ合わせます。

ホットケーキミックスをふるいながら加え、ゴムべらで混ぜ合わせます。

2. チョコケーキ生地を型に流して焼く

型に8分目ほど流し入れ、竹串や箸で混ぜながら、隅まで生地を入れます。180℃のオーブンで10分ほど焼きます。竹串を刺してみて、何も付いてこなければOK。型から外し、網にのせて冷まします。

3. チョコレートを溶かして型に流す

コーティングチョコレートをそれぞれ溶かし、シリコン型の3~4分目ほど流し入れます。菜箸を使い、模様が出るよう型の隅まで流します。

4. チョコケーキをのせて冷やし固める

柄を合わせて2をのせ、30分ほど冷蔵庫に入れて冷やします。

チョコレートが固まったら、シリコン型を押しながら型からはずしてできあがりです。

コツ・ポイント

シリコン型は、生地を焼く前に薄くバターやサラダ油を塗っておくと、焼いた生地をきれいにはがせます。またコーティングのチョコレートは、完全に固まってから型から外すと、崩れにくいです。

チョコレートは、生地もコーティングもお好みのものを使えばOK。種類を変えると、雰囲気ががらっと変わりますよ。レシピではコーティングに、扱いやすいコーティングチョコレートを使用します。普通のチョコレートを使う場合は、テンパリングしてからシリコン型に流しましょう。チョコレートの状態が安定し、表面がつやが出てきれいに仕上がりますよ。

チョコレートのテンパリング方法はこちら▼

シリコン型で作る「ドーナツ風」レシピ

調理時間:40分

シリコン製のドーナツ型で作る、焼きドーナツです。ホットケーキミックスを使う、プレーン味のレシピ。油で揚げる手間がかからず、混ぜて焼くだけで簡単に作れますよ。表面をデコレーションしたり、クリームをサンドしたり、アレンジも自在。おやつにいかがでしょうか。

材料(6個分)

・ホットケーキミックス……90g
・アーモンドプードル……30g
・卵……1個
・砂糖……大さじ1杯
・バター(無塩)……15g
・牛乳……75cc

下準備

・バターは電子レンジまたは湯せんにかけて溶かす
・ホットケーキミックスとアーモンドプードルは、合わせてふるう
・オーブンは180℃に予熱する

作り方

1. ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を加えて泡立て器で混ぜ合わせます。

2. 溶かしバター、牛乳、ふるっておいた粉類を順に加え、泡立て器でその都度よく混ぜ合わせます。

3. 絞り袋に2を詰め、シリコン型に流し入れ、平らにならします。

4. 180℃のオーブンで15分ほど焼きます。竹串を刺してみて、生地が付かなければOKです。網の上に取り出して冷まします。

コツ・ポイント

生地は焼くと膨らむため、型の7~8分目を目安に流しましょう。型から外しにくい場合は、竹串を刺して取り出してみてください。

トッピングをすると、デコドーナツができますよ。コーティングチョコレートを付け、ストロベリーのチョコペンやトッピングシュガーを飾ると、華やかなひと品に。お好みのものを使って、自由にデコレーションしてみてくださいね。ラッピングしてプレゼントするのもおすすめです。

シリコン型で作る「ガトーショコラ風」レシピ

調理時間:30分(※冷ます時間は含みません)

ミニスクエア型のガトーショコラ風レシピです。しっとりしていて、チョコレートの味が濃厚。一般的なガトーショコラのレシピと違い、メレンゲを作る手間がかからず、材料を混ぜて焼くだけで作れますよ。ひと口でパクッとつまみやすい、ミニサイズに仕上げましょう。

材料(約12個分)

・チョコレート……60g
・バター(無塩)……40g
・卵……1個
・グラニュー糖……20g
・ココアパウダー……大さじ1杯
・薄力粉……大さじ1杯
・牛乳……大さじ1杯
・粉砂糖……適量

下準備

・板状のチョコレートを使う場合は、細かく刻む
・粉類は合わせてふるう
・卵は室温に戻す
・オーブンは180℃に予熱する

作り方

1. 耐熱性のボウルにチョコレート、バター、牛乳を加え、50℃程度の湯せんにかけます。

2. 別のボウルに卵と砂糖を入れて、泡立て器でよく混ぜ合わせます。

3. 2に1を加えて混ぜ合わせ、ふるっておいた粉類を加えゴムべらで混ぜ合わせます。

4. 型に7~8分目ほど流し入れ、竹串や箸で1個ずつくるっと生地を混ぜて、空気を抜きます。

5. 180℃のオーブンで8~10分焼きます。竹串を刺して何も付いてこなければOKです。

6. 型から外し、網にのせて冷まします。粉砂糖をふり、完成です。

コツ・ポイント

チョコレートは温度変化にデリケートなため、溶かすときの温度は高温になりすぎないように気を付けてください。また生地が型からはみ出てしまったら、カットして形を整えるとよいでしょう。

トッピングをすると、プチケーキのような仕上がりに。ホワイトチョコレートを溶かしてトップに丸くのせ、ナッツ類やドライフルーツを飾ると、存在感がアップしますよ。自由にデコレーションしたら、ティータイムのおもてなしや、ラッピングしてプレゼントにいかがでしょうか。

ガトーショコラのおすすめデコレーションはこちら▼

シリコン型のレシピレパートリーを増やそう♪

シリコン型を使うメリットは、型離れがよく扱いやすいところ。注意点を押さえておけば、簡単に焼菓子が作れます。かわいらしい型がたくさんあり、生地を流し入れるだけで見映えがアップしますよ。シンプルなレシピでも型が違うだけで、手が込んで見えるのもうれしいですね。

さらにデコレーションすれば、華やかでゴージャスになり、プレゼントにもぴったり。ぜひシリコン型をうまく利用して、焼き菓子を作ってみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事