Yahoo! JAPAN

豆柴の大群、エイベックスに返り咲き!? 浅川梨奈も祝福するWACK稀代のポップネスグループ

Pop’n’Roll

豆柴の大群、エイベックスに返り咲き!? 浅川梨奈も祝福するWACK稀代のポップネスグループ

8月5日に放送されたTBS系『水曜日のダウンタウン』にて誰もがクロちゃんの精神崩壊していく姿に目を奪われる中、唐突にメジャーデビューが発表された豆柴の大群。Twitterでのメンバーのリアルタイムな反応を見るに、サプライズ発表だったようである。さらにエイベックスからのデビューということで、思わぬところからの反応に注目が集まっている。

言わずとしれた元SUPER☆GiRLSでエイベックス所属の女優、浅川梨奈だ。北海道出身であるナオ・オブ・ナオとカエデフェニックスの2人が地元で同じアイドルグループとして活動していたことは同番組内「MONSTER IDOL」でも触れられている周知の事実だが、2人はエイベックスのアイドル専門レーベル・iDOL Streetのデビュー候補生であるストリート生だった。ナオが4期生、カエデは8期生で、ナオの1つ上の3期生に浅川がいたのである。

さらにもう1人、ナオと縁の深いストリート生出身のアイドルが居る。

わーすたの小玉梨々華である。わーすたもストリート生からの選抜メンバーで結成されたグループであり、中でも小玉はナオと同じく北海道出身の同期生で、ストリート生内のチーム「e-Street SAPPORO」で一緒だった。しかしそれ以前から2人は、三浦春馬や西島隆弘(AAA)を輩出した札幌の芸能養成スクール、アクターズスタジオ北海道本部校(スターゲート校)に通っており、その頃からの仲だと思われる。

豆柴の大群のエイベックスデビューは、浅川や小玉から見れば“旅立った後輩、友達が大きくなって帰ってきた”出来事であり、当時のiDOL Streetを知る人、“なったん”“かえぷる”時代を知るストリート生を応援していたファンにとっても胸熱案件である。何より、ナオとカエデにとってみれば、堂々たる凱旋なのだ。

これみよがしのエイベックス感と稀代のポップネス

さて、10月8日のリリースに先駆けて今回発表されたシングル曲「サマバリ」。クロちゃん作詞はもちろん、“メジャーデビューAAAシングル”という冠といい、ドラマ『M 愛すべき人がいて』オマージュのアー写といい、情報量とツッコミどころが満載であるが、日本歌謡と親和性の高いエキゾチックでアラビアンテイストな楽曲に仕上がっている。

豆柴の大群「サマバリ」MUSiC ViDEO

アルバム『スタート』に感じた、クロちゃんが手掛けた王道アイドルソング路線とWACK節全開のパンクロックの整合性を見事までに1曲に集約させ、豆柴の大群のアイデンティティを感じる強度の高い楽曲だ。

「アンダルシアに憧れて」を想起するような躍動感、久保田早紀が歌っていそうな異国情緒ある古き良き日本の哀愁メロディといい、流麗なピアノとストリングスに小気味良いリズムといった緻密なアレンジが施されたトラックは、これまでのWACKとは一味も二味も違った正攻法の昭和歌謡風路線。メインストリームをあえて避けるかのごとく、インディーロックなメロディとストレートなバンドサウンドを得意としてきたWACKにとってはかなり異色な仕上がりである。キャッチーであり続けながらも、ポップに寄せてこなかったWACKがここまで振り切れたのは、ボーカルのキャラ立ちによるところも大きいのかもしれない。

WACKの伝統をしっかり受け継いだようなハナエモンスターのしゃくりと崩しのバランスと、クセの強さがさらに増したミユキエンジェルの粘っこく舌っ足らずの声、この2人による“人を喰ったようなボーカルスタイル”が、不条理で奇天烈なクロちゃん詞も相まって、どんなポップなメロディであってもアクの強さでねじ伏せていく得体のしれない説得力となっている。それでいて取り散らかることなくまとまっているのは、凛としたナオのボーカルがあるからで、この三つ巴のバランスが絶妙なのである。

メインストリームよりもアンダーグラウンド、王道よりも覇道を突き進んでいたWACKの中で、底抜けに明るく、ここまでコミカルにポップセンスを振りかざすグループになったことは興味深い。先述のようにこれみよがしのエイベックスオマージュを鏤めたヴィジュアル展開を含め、メジャー感、というよりエイベックス感が炸裂しながら驚くほどマッチしている。

第1期BiSからの伝統でもあり、奇抜なプロモーションを発展させたBiSH、エイベックス流のダンスミュージックとWACKのエモーショナルな側面を融合させたEMPiREとはまったく異なる、新しいタイプのエイベックス所属、WACK稀代のポップネスグループの誕生である。

メジャーAAAシングル「サマバリ」初回生産限定盤

発売日:2020年10月7日(水)
¥6800 (+tax)
CD+Blu-ray+PHOTOBOOK(50P)+メジャーデビュー記念メンバー個別チェキ
※スペシャルBOX仕様

◎CD(初回生産限定盤、CD盤共通)
01. サマバリ
02. タイトル未定
03. タイトル未定
04. サマバリ (Instrumental)
05. タイトル未定 (Instrumental)
06. タイトル未定 (Instrumental)
全6曲収録(予定)

◎Blu-ray
・豆tube撮り下ろし特別映像
・豆tube総集編(副音声付き)
・MUSiC ViDEO(全6本収録)
 - りスタート
 - 大丈夫サンライズ
 - ろけっとすたーと
 - FLASH
 - 豆柴の大群 -お送りするのは人生劇場-
 - サマバリ

メジャーAAAシングル「サマバリ」CD盤

発売日:2020年10月7日(水)
¥1200 (+tax)

◎CD(初回生産限定盤、CD盤共通)
01. サマバリ
02. タイトル未定
03. タイトル未定
04. サマバリ (Instrumental)
05. タイトル未定 (Instrumental)
06. タイトル未定 (Instrumental)
全6曲収録(予定)

メジャーAAAシングル「サマバリ」キッズ盤

発売日:2020年10月7日(水)
¥909 (+tax)
※12歳以下のみ購入可
※【初回封入特典】オリジナル豆ウーマンシールA封入(全5種のうち1枚ランダム封入)

01. サマバリ
02. タイトル未定
03. タイトル未定
全3曲収録(予定)

【関連記事】

おすすめの記事