Yahoo! JAPAN

沖磯フカセ釣りで乗っ込みチヌに挑戦 遠投&深場狙いが奏功【徳島】

TSURINEWS

福村の磯で釣ったチヌ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

本格的なシーズンを迎えたチヌを狙い、徳島県阿南市の磯村の磯へ釣行した。大型のバラシもあったが、何とか本命を仕留められたので、その模様をリポートしたい。

福村の磯でフカセチヌj

しいたけ農家の岡本キノコ園さんから 「濱堀さん、大会するから友人誘って来て」との電話。「じゃあ」ということで4月11日(日)、阿南市の福村磯に友人6人でチヌ釣行した。

当日の大会全参加者は、女性二人を含む34人。福村渡船のお世話になり、7時出船、13時納竿。ルールは、チヌ2匹の重量で競った。

当日のエサ

ゆっくりした出船で、これなら当日準備でも慌てることは何もないが、「釣行前に出来ることは、すべて事前にやっておけ」との阿波釣法の掟に従い真っ暗な自宅の駐車場で、事前にオキアミと配合エサを混ぜまぜ、こねこねしておいた。

今回の配合エサは、マルキユーのチヌパワームギスペシャル、チヌパワー激重、Bチヌ2が各一袋と、チヌパワー激濁り2袋をオキアミ3各9kgと混ぜ合わせた。水の量は感覚でシャワーをかけたが、これがなんとほぼうまくいった。まきエサも多くの回数を作っていると、水加減がいいかげんでも大体いい具合になるのだなと、自分に感心した。

使用した配合エサ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

栄作の胴へ渡礁

くじを引くと13番で、降りた場所は栄作の胴。なんか見たことあるなあと思いだそうとしたが、記憶の彼方である。

まずは足下から攻めてみたが、釣れるのは海藻のわかめと地球ばかりである。何せ浅そうである。実際釣り始めると、何度もイトが切られてウキが流れてしまう。

千円札が落ちていたら皆拾うだろうが、ウキが飛ばされてもすべての人が拾うとはかぎらない。私は、貴重なウキなので、回収できる距離ならばできるだけ拾うことしているう。今回もウキ取りパラソルを使って拾おうことができた。1回毎千円助かった。やれやれである。

栄作の胴の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

遠投で沖の深場狙い

春のチヌは、シモリや足下を狙え。秋のチヌは、沖の潮目を狙えという阿波釣法の教えがあるが、足下は、全く気配が感じられない。そこで遠投をしてみたが、アタリはない。

春のチヌはグレと違い、底近くにいるので、海面に浮いてこない。だから底にエサが効いてくるまで、時間がかかる。まあ諦めずに、遠投ポイント一箇所に決めて、エサを固め打ちして、粘ることにした。

するとそこで、初めてわかめと地球以外の生命体の反応があった。ベラの連チャンである。こんなアタリがないときにはベラといえども、笑顔になる。「お帰り~、ポチャン」

でかいチヌはバラシ

そしてついに、アタリがあった。しかし、1.2号竿の弾力では上がってこない。イトなりが「キーン」として、横に走るだけである。右から左にいなしたが、リールを巻こうとすると、突っ込む。でかいチヌだろう、何が何でもとりたいと竿をためたが、軽くなった。痛恨のバラシ。

上がってきたのは、ハリ先にわかめの切れ端。沖のしもりのわかめの方に逃げていったので、ハリ外れで魚の勝ちである。過去にはわかめのカツラをかぶったチヌを釣ったこともあるが、今回は、わかめカツラのデカチヌの姿を見ることができなかった。

慎重にやり取りして本命ゲット

それでも、チヌの気配があったので、元気になる。続けているとしばらくしてからアタリが「きたーーー」。今度はさっきよりも軽い。「小さいけど、慎重に」と自分に言い聞かせて、慎重にやりとりをして何とか取り込んだ。やれやれである。

何とか仕留めたチヌ(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

栄作の西も、栄作の東も、苦戦しているようである。今日の栄作では、春チヌの気配が、私の髪の毛くらいの薄さのようである。

釣果はまずまず

2匹重量の大会であったが、総匹数で言うと、竿頭は5匹を釣った女性の方であった。さすがである。そして、釣友渡辺さんも釣果を得て上機嫌である。釣果は私と同じ1匹であったが。

なお、他のみんなにアタリを出したのはスズキであった。スズキの2連もあった。スズキを釣った釣友は「今日は、スズキ釣りに来たことにしよう」と話していた。

渡辺さんも本命ゲット(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

今後の見通し

徳島県の海岸沿いは、乗っ込みのチヌが最盛期である。阿南市に位置する副村磯も、春の乗っ込みチヌが始まっている。毎年ゴールデンウイークは、大勢のチヌファンが釣りに来るそうだが、今年のコロナの状況では、さて、どうなんだろうか?確実にいえることは、釣り人が来るかどうかは別にして、チヌは磯にきているということだろう。

私のチヌ釣りは、来週も県南部のどこかの磯でチャレンジしたいと思っている。だって、地球は僕らの遊び場だもの。

福村の磯風景(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

<濱堀秀規/TSURINEWSライター>

The post沖磯フカセ釣りで乗っ込みチヌに挑戦 遠投&深場狙いが奏功【徳島】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事