Yahoo! JAPAN

犯した罪を懺悔!ママたちが告白する「家族への小さな隠しごと」

ママスタセレクト

皆さんは家族に内緒にしている「小さな隠しごと」はありますか? ママスタコミュニティにはこんな投稿がありました。

『最近犯した、家庭内での罪を告白して!』

もちろん隠しごとですから、大っぴらには公表できません。けれど、ここはママスタコミュニティの掲示板。匿名性が保たれます。大いに告白&懺悔をしていただくことにいたしましょう。

主婦ならではの隠しごと。料理にはこんなトラップが!

まずは主婦ならではの告白から見ていきましょう。

『冷凍チャーハンを白米でかさ増し。じつは常習犯』

『旦那の弁当に数ヶ月賞味期限が切れたものを入れます。何ともないんだよ。保存料とかすごいね』

『キッチン台に転がったタコさんウインナー。3秒ルールで弁当に詰めた。たぶん大丈夫』

賞味期限切れの食材、キッチンに転がったウインナー。どちらも“たぶん”大丈夫らしいです……。どうぞ、被害にあった家族の皆さん、お気になさらず!

美味しいものは独り占めしました……

ママたちの告白でもっとも多かったのはこちらです!

『家族で食べようと思って人数分買ってきた高いアイス。1人で食べちゃった。ごめんねー』

『自分用のアイスとお菓子を隠していてこっそり食べてる』

『家族に内緒で自分用にアイスクリームをストックして、毎日食べている』

ご褒美の定番「高級アイス」。こっそり買っては、こっそり自分の胃袋へ……。甘いものの誘惑には勝てそうにありません。

『誰も開けない野菜室に美味しいものを忍ばせてる』

家族の行動をよく把握していらっしゃる! 野菜と一緒になにを隠しているのでしょうか。気になりますね。

『お中元でいただいたお菓子を、ほぼほぼ1人で食べた。美味しかった』

『自分の分だけコンビニでおやつを買ってきて、こっそり食べた』

『子ども用のお菓子を夜中に食べてしまった。次の日に指摘されたけどシラを切り通した』

届いたお中元も子ども用のお菓子も、家族が知らないうちにママのものになるようです。子どもに指摘されてもシラを切り通すとは、なかなか強気のママさんです。

夏場ならではの事件、告白します

夏場ならではの失態、告白もありました。

『土鍋に余ったご飯を残していたのを忘れて1週間放置してた。久々に開けたら土鍋の中が腐海に沈んでた』

『鍋に残ってる汁ものとか煮ものとか、何回も何回も腐らせた』

『たまねぎから芽がみょーんって出てて、長ネギみたいになってた』

もちろん「食べものを粗末にしてごめんなさい」なのですが、それ以上に想像するだけで怖い光景です。 さらにはお子さんの夏休みの宿題がらみの告白も続きます。

『子どもの夏休みの植物観察日記。枯れたからホームセンターで買ってきた』

『子どもの検温表は私の予想で書きました。アサガオは義父に丸投げしました。家庭学習の時間を盛りました』

「アサガオは義父に丸投げ」、どこまでお願いしたのか気になりますね(笑)。開花数のカウントだけならまだしも、観察日記や絵まで描いてもらっていたとしたら……。なかなかの確信犯といえそうです。

家事の手抜きくらいは大目にみて!

『2日間、食器洗わなかった』

『ご飯つくらなかった』

『昼は惣菜と冷食とテイクアウトしかしてません』

『仕事休みのお昼ごはんは自炊してるって言ってたけど、ほぼスーパーのお弁当か、パン屋さんのパン買って食べてます』

『緊急事態宣言の発令で仕事が休み。ずーっと家にいるのに、たいして掃除とかしてない。時間はたっぷりあるのに』

ママだって手を抜きたい、ダラダラしたいときがあるのです。ただでさえダルさが募るときは、食器洗いや食事作りをさぼっても、昼食がお惣菜やテイクアウトでも許してほしいもの。少々の手抜きは大目にみてほしい! という本心も見え隠れします。

反省していると思いきや?

ここまでママたちの罪の告白が続々と届きましたが、じつはたいして反省していない、という衝撃の事実がありました!

『家族の目を盗んで美味しいチョコをつまみ食い。すまんかった。けど反省はしてない』

『自分用のアイスとお菓子を隠してこそっと食べてること。そんな楽しみがないとやっていけない。後悔も反省もしてません』

『子どもたちの隙を見てアイス爆食い。しかも余罪ありまくり。反省なし。再犯率高い』

『美味しいバターを自分用に買いました。反省はしてない。たぶんまた買う』

コメントを寄せたママたちは「すまんかった」と言いつつも「反省していない」「後悔していない」とシレっとしています。なかには「再犯率高い」と言いきってしまう人まで……。まぁ、どれも「小さな」罪ですから、笑って許してもらえるものばかりかもしれませんが。 ママたちの罪の告白・懺悔大会、いかがでしたか。クスッと笑えるものから、ちょっと怖いものまで、たくさんの告白が揃いました。これを読んだママたちが、この手があったか! と真似をしないことを願うばかりです……。

【関連記事】

おすすめの記事