Yahoo! JAPAN

篠原涼子、地元の遊園地を貸し切り&無料開放!中学時代の“胸キュン”青春秘話も

フジテレビュー!!

篠原涼子さんが、故郷の群馬県桐生市で“100万円分の爆買い恩返し”にチャレンジしました。なお、篠原さんが出演中の「金魚妻」はNetflixにて配信中。

2月11日(金)、フジテレビでは『爆買い☆スター恩返し』を放送。この番組は「故郷に恩返しを!」を合言葉に、人気芸能人が生まれ育った地元で爆買いにチャレンジ。人情味あふれるロケの様子と豪快に爆買いするエンタメ感が融合した新感覚旅バラエティであり、スタジオMCは澤部佑(ハライチ)さんが務めます。

ここでは、11日に放送された内容の一部をご紹介します。

「涼子ちゃんだ!」桐生市の人々から大歓迎

芸能生活32年にして、篠原さんが“単独地元ロケ”に挑むのは今回が初。いったいどんなロケが繰り広げられるのでしょうか。

まず篠原さんが訪れたのは、かつて自身も通った理容室「カットサロン ナカハラ」。「涼子ちゃんだ!」と驚く店主や地元の人々との再会にうれしそうな篠原さんは、店内にいたお客さんのカット・顔剃り代3800円をさっそく“爆奢(おご)り”しました。

続いて出会ったのは、路上でスマホゲームをしていた女性2人組。地元話で盛り上がったのち、篠原さんは「うどん、食べに行きませんか?」と提案。老舗うどん店「しみずや」で一緒にランチすることになりました。

桐生名物の「ひもかわうどん」がやってくると、ノリノリで食リポする篠原さん。女性たちもその姿に「かわいい…」と魅了され、スタジオの藤田ニコルさんも「一人ロケ、上手すぎません?」と驚がく。番組MCの澤部さんも「ダウンタウンさんに育てられているからねぇ」と感嘆していました。

お店にいたお客さんの分も“爆奢り”!

“金魚妻”で共演・岩田剛典へのプレゼントを爆買い

続いて「桐生織物記念館」へ。館内に貼られた“篠原さんが映る桐生市PRポスター”を見つけ、「私、2013年から桐生市観光大使をやっているんです」(篠原)と明かしました。

篠原さんはここで、「金魚妻」(Netflix)で共演している岩田剛典さんのために「金魚柄の暖簾(のれん)」を爆買いし、後日、岩田さんへプレゼント。

岩田さんは「僕、占いで『金魚が幸運を運ぶ』って言われたことがあるので、うれしいです!」と喜び、暖簾をめくりながら「いらっしゃいませ!」と愛嬌(あいきょう)たっぷりにアピールする場面もありました。

遊園地を2時間貸し切り!アトラクションが乗り放題に

篠原さんが考えた次の“爆買い恩返し”作戦の舞台は「アースケア桐生が岡遊園地」。実は篠原さん、この遊園地に事前交渉して“2時間の貸し切り”に成功。子どもたちのために無料解放しようと考え、ロケで出会った人々にも自ら宣伝していたのでした。子どもたちは集まってくれるのでしょうか?

すると、無料解放が始まるやいなや、地元の幼稚園児や親子連れ150人が続々と来訪。桐生の幼稚園や学校にも篠原さんのPRポスターが貼ってあるそうで、子どもたちの間でも篠原さんはよく知られているそうです。

「楽しかった!2回も乗った!」と喜ぶ子どもたちを見て、篠原さんも「すごく幸せな気持ち」と大満足。作戦は大成功し、今回の貸切料金10万円を“お支払い”しました。

母校の中学へ凱旋!下駄箱の前で“愛の告白”エピソードも

篠原さんを乗せたタクシーは、自身が昔アルバイトしていた釜飯屋「金釜 広沢店」のそばを通りすぎ、母校の「広沢中学校」へ到着。

校内にも“篠原さんの桐生PRポスター”が

玄関に立った篠原さんが、中学時代の青春の思い出を語りました。

「この下駄箱の前に、先輩がいたの。私は遠くの場所で隠れていて、友だちの女の子たちに『早く行きなよ!』って突き飛ばされたの。それで私が先輩に『付き合ってください』って言ったら、先輩が『おぉ』って答えてくれて…!」

篠原さんは「思い出しただけで興奮する!あの時に戻りたい!」とハイテンション。スタジオの佐藤栞里さんも「まるで少女漫画!」とほほえみました。

“全校生徒分”のどら焼きを大量に差し入れ

体育館では、篠原さんが母校の校歌を口ずさむ姿も。「私、スカウトされたわけではなくて、自分の意志でオーディションを受けて、中2から芸能活動を始めて。当時の私は、“芸能人になったらこの体育館のステージで歌う”のが夢でしたね」と回顧しました。

そんな篠原さんは、母校の後輩のために和菓子屋の「舟定」でどら焼きを爆買い。“全校生徒分”のどら焼き300個を差し入れました。

そのほか、篠原さんは、自身の親戚が院長を務める「桐生ひろさわ整骨院」や、焼きまんじゅう店「前沢屋」や「山口食品」、老舗お茶屋「金井園本店」も訪問。「アマゾン園」で高級金魚を、「桐生 きのこ園」で肉厚シイタケを買い、「鉄板焼きステーキ&海鮮 川島」では撮影クルーの分の食事まで奢る心意気を見せました。

果物店「橋本フルーツ」の店員さんたちは「このお店を開いたときに、『いつか篠原涼子さんが来てくれるようなお店になれたらいいね』って話していて。夢が叶いました!」と感激。篠原さんも「そう言っていただけて、こちらこそありがとうございます!」と感謝を寄せました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 水を描かず優雅に泳ぐ鯉を表現 五感で感じた色彩を伝える色鉛筆画家・三賀亮介

    おたくま経済新聞
  2. モダンで洗練されたデザインの店内で特別な時間を ホテルモントレ姫路「メロン&マンゴー アフターヌーンティーセット」姫路市

    Kiss PRESS
  3. <高2息子の反抗期>愛情たっぷり育てた息子から「死ね」甘えてる、で済まされるの?【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 堀ちえみ、退院するも下腹部の痛みがあることを告白「一週間ほどは仕方がない」

    Ameba News
  5. キャシー中島、亡き長女を思い心境を告白「今生きていたらどうしていたのか」

    Ameba News
  6. 福山雅治、故郷・長崎のために立ち上がる「長崎を自分をもっと一緒に面白がりませんか?」

    Techinsight
  7. 才賀紀左衛門の彼女、そうめんを大人買いするも「やってしまったかもしれない」

    Ameba News
  8. 小柳ルミ子、10年以上前の『ユニクロ』品を着用して会食へ「カッコ良い」「似合ってます」の声

    Ameba News
  9. 【GAPベビー】「どストライク」「ずっと欲しかった」大人気デニムベビー服4選

    たまひよONLINE
  10. 【イオン】大容量の「ひとくちあんドーナツ」のコスパってどうなの?甘党の記者がレビュー。

    東京バーゲンマニア