Yahoo! JAPAN

「ギャップ」が初のNFTコレクションを発表 実物を入手可能なフーディーの発売も

SEVENTIE

「ギャップ(Gap)」は1月12日、ブランド初となるNFTコレクションの立ち上げを発表した。今回の立ち上げに際し「ギャップ」は、ゲーム化されたデジタルエクスペリエンスを紹介し、限定フーディーをゲットする機会が提供される。

今回のNFTコレクションで「ギャップ」は、米・ニューヨークのアーティストであるブランドン・サインズ(Brandon Sines)が手がけるアートシリーズ「フランク・エイプ(Frank Ape)」との限定コラボレーションアイテムとして、デジタルアートと現物で入手可能なフーディーをドロップする。ブランドンが重要な価値観としているコミュニティ、創造性、自己表現は、積極性と平等性を体現し、「ギャップ」が掲げる現代アメリカの楽観主義の価値観とも一致している。

「ギャップ」の北米チーフプロダクトオフィサー兼ゼネラルマネージャーであるクリス・ゴーブル(Chris Goble)は、「地球のために正しいことをするという会社のコミットメントの一環として、オープンソースのブロックチェーンであるテゾス(Tezos)を活用して顧客体験を生み出すことを選択しました。テゾスは、よりエネルギー効率の高いアプローチを使用してネットワークを保護し、最小限のエネルギー消費と低炭素フットプリントで運用できるようにします」と述べている。 

1月13日から発売されている「ギャップ」のNFTコレクションは、コモン(普通)、レア(希少)、エピック(最高)、ワン・オブ・ア・カインド(唯一無二)の4つのレベルに分かれ、それぞれ価格が異なる。発表されている範囲では、コモンが2テズ(約983円*)、レアは6テズ(約2950円)、エピックは100テズ(約4万9180円)。コモンは1月13日から15日までの期間限定販売で、レアとエピックは先着順での販売、ワン・オブ・ア・カインドはオークション形式で販売される予定だ。

*1テゾス(XYZ)=491.8円(1月15日時点)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 大手に負けないうどんチェーン「どんどん」が山口県で人気な理由とは

    TBS Topics
  2. ネット発の都市伝説「きさらぎ駅」が映画化決定 主演は恒松祐里

    おたくま経済新聞
  3. 「あの時間がきたワンっ♪ 」ママが電話をしていると急にソワソワし始めるゴールデン犬。その理由。

    PECO
  4. 【ダッフィー】23,000円の高価「アートパネル」ドキドキ購入レポ!飾り方いろいろ♪

    ウレぴあ総研
  5. <夫婦仲の不思議>家事・育児を担当しない旦那に不満はない?それでも夫婦はうまくいく?

    ママスタセレクト
  6. オリックス山岡泰輔やロッテ唐川侑己が意図的に使う〝抜けカット〟とは!?【革新的投球パフォーマンス】

    ラブすぽ
  7. 乃木坂46、「君に叱られた」360度VRライブパフォーマンス映像公開!

    Pop’n’Roll
  8. 冬の朝市に元気な声!附属小3年生が朝市で買い物

    上越妙高タウン情報
  9. 古屋兎丸原作の「アマネ†ギムナジウム」の舞台化が決定 演出は小林顕作、脚本は渡辺雄介

    SPICE
  10. 城崎温泉旅プラン:但馬牛のオーベルジュ宿泊+コウノトリと絶景のサイクリングツアー/小宿 縁(兵庫県豊岡市)

    ひろしまリード