Yahoo! JAPAN

紺野あさ美、お食い初めのメニューに市販品も利用した理由「全て手作りしたいところ」

Ameba

元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美が29日に自身のアメブロを更新。次男のお食い初めのメニューに市販品も利用した理由を明かした。

28日のブログで、紺野は「次男坊が100日を迎えお食い初めをしました」と報告し、料理を前にした次男との2ショットを公開。「割と要領よく準備できた方ではないかな」と述べ「縁起物の食材などは使いつつも盛り付けなど我が家流にして無理せずお祝いしました」と料理の写真を公開していた。

この日は「お食い初めメニュー」というタイトルでブログを更新し、「煮豆やお赤飯は市販のものを買って もりもり食べる煮しめは鶏モモ肉をたっぷり入れて作ることにしました」と説明。「上の子2人が特に食べたがるであろうケーキとクッキー これも手作りにすることに」と市販品と手料理を分けたことを明かした。

続けて「気持ち的には、お祝いだし煮豆から何から全て手作りしたいところ」と述べるも「子供達3人見ながらのスケジュールを考え」「時間をかけるのは家族が特によく食べるもの達にしよう!」と考えたことを説明。

最後に、料理が並べられた食卓の写真を公開し「お赤飯 煮しめ ハマグリのお吸い物 かずのこ」などとメニューを列挙。手製のレアチーズケーキの写真も公開し、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事