Yahoo! JAPAN

宮野真守「僕が拾ってあげないと」福士蒼汰の小ボケに感じた使命感

フジテレビュー!!

劇団☆新感線42周年興行・春公演、いのうえ歌舞伎「神州無頼街(しんしゅうぶらいがい)」。4月26日より東京公演が開幕することを記念して、福士蒼汰さん、宮野真守さんが取材会に登壇。イベント後に、『めざましテレビ』の鈴木唯フジテレビアナウンサーがインタビューしました。

左から)宮野真守、福士蒼汰、鈴木唯フジテレビアナウンサー

宮野さんが今回演じる役は、人のもめ事に口を出すことでお金を稼ぐ“口出し屋”ということで、2人に「日々の生活の中で、“思わず口を出したくなること”」を聞きました。

宮野さんは「福士蒼汰の小ボケ」と回答。「僕が拾ってあげないと、小ボケが宙を舞ってしまうので」と話しました。

福士さんは「それある!普段は小ボケを1人で『ムフフ』って笑って終わるんですけど、今回はマモちゃん(宮野)がいるので」とにっこり。「僕は、聞き逃さないからね!」と仲のいい掛け合いを見せました。

一方の福士さんが挙げたのは、宮野さんの“方向音痴”。宮野さんも「なんであんなに覚えられないんだろう。本当に道が覚えられなくて」と自覚のある様子。

福士さんは「2人で温泉に行ったときに、(道に迷って)どっちがどっちか分からなくなっていた」と明かし、宮野さんは「僕、分かれ道があると絶対右に言っちゃうんですよ。そうすると元に戻ってこれるから」と笑わせました。

続けて、福士さんが「ステージ上でも迷子になってますからね」とコメントすると、宮野さんは「そんなことないよ」と否定。

「僕は、決められた位置にしか行けないんです。でも、彼(宮野)は心がフリーなので、自分の芝居にそのときに思った感情を乗せられるからすごく移動できるんです」と宮野さんの演技を褒める福士さんでしたが、宮野さんは「それ、演出家の話を聞いていないってこと?」とツッコみました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新宿三丁目『クレッソニエール』のワンプレートランチは“本場”フランスの味を存分に楽しめる

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 売ってみた、買ってみた、お気に入りが出来た。~熊本の本の買取 古本タケシマ文庫 移転~

    肥後ジャーナル
  3. 【ダイナソーアドベンチャーツアー】リアルに動く恐竜に驚愕⁉ 恐竜時代を体感しよう|妙高市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  4. 店舗数急増中! 24時間営業「無人餃子販売店」名店4つをピックアップ

    mer
  5. シーズン終盤のメバリング釣行で25cm頭にメバル好捕 プラグで連発

    TSURINEWS
  6. 【T’s Cafe】太鼓を叩いてカフェで交流を深めよう!|佐渡市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  7. 【ディズニー付録】「ル・クルーゼ」とミッキーが夢の共演!夏に必携“大容量保冷バッグ”レビュー

    ウレぴあ総研
  8. 猫への『干渉しすぎ』はダメ!起こりやすい4つのトラブル

    ねこちゃんホンポ
  9. FES☆TIVE、タイ国政府観光庁へ表敬訪問!「今後もタイと日本の架け橋になれるよう頑張っていきたい」

    Pop’n’Roll
  10. 犬が『自分の足を噛んでしまう』原因とは?3つの理由と適切な対処法

    わんちゃんホンポ