Yahoo! JAPAN

【2021年】国産はちみつのおすすめランキング19選|プロが徹底比較

the360.life

【2021年】国産はちみつのおすすめランキング19選|プロが徹底比較

コロナ禍のお菓子作りの需要増加により、はちみつの売り上げが伸びています。そこで今回雑誌『MONOQLO』が、ネット通販で安く購入できて人気の国産はちみつ19製品を比較して、一番おいしいはちみつを探しました。クチコミだけでは選び方がよくわからないという人は、おすすめランキングを参考にしてみてくださいね。


※情報は『MONOQLO』2021年10月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

国産はちみつで一番おいしいのは?

家で手軽に作れるパンケーキミックスなどの需要の増加に伴い、はちみつの売り上げが伸びています。はちみつは上白糖よりも低カロリー&低糖質で、健康によいとされているのも人気の秘密です。

そこで今回は、ネットで売れていてギフトにも最適な国産のはちみつ(国産蜂蜜)19種類を集め、プロと一緒に食べ比べて一番おいしいはちみつを探しました。

国産はちみつのおすすめの食べ方・アレンジレシピ

国産はちみつはそのままはもちろん、パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたり、紅茶に入れたりと、さまざまな食べ方があります。

そんな国産はちみつのおすすめの食べ方やアレンジレシピを、料理愛好家の鈴木 理恵子氏に教えてもらいました。

おすすめレシピ1:風邪には大根おろしのはちみつ和え

おばあちゃんの知恵の1つ、「風邪には大根おろしのはちみつ和えがよい」は、大根おろしの消炎作用とはちみつの殺菌作用を利用した理にかなったアイデアです。喉が痛いときは、ぜひはちみつをなめてみてください。

おすすめレシピ2:肉を漬け込むはちみつ入りのマリネ液

肉を漬け込むマリネ液にはちみつを大さじ1ほど入れると、肉から水分や臭みなどが外に出てマリネ液の味が染み込みやすくなり、穏やかな甘みがつきます。焼肉をするときなどに試してみてくださいね。

おすすめレシピ3:余ったはちみつで作るナッツのはちみつ漬け

空き瓶にナッツとはちみつを入れれば出来上がり。漬け込まなくても、すぐに食べられておやつに最適です。

国産はちみつのおすすめの食べ方がわかったところで、早速本題のテスト内容を解説していきます。

国産はちみつをプロと実食テストしました!

一番おいしいはちみつを探すにあたり、海外産は加熱したはちみつが多いので、公平を期すため天然の国産のはちみつに絞って市場調査を行い、Amazonなどのネット通販サイトで売れている19製品をピックアップ。

はちみつに詳しい料理愛好家の鈴木 理恵子氏と一緒に実食して、甘さ、酸味、粘度を数値化しました。

検証したのは、次の5項目です。

テスト1:味の第一印象

一口目を食べたときに甘さや酸味が突出せず、おいしいと感じられるかどうかを評価しました。

テスト2:香り

蜜を採った花の香りがきちんと感じられ、食欲をそそるかを審査しました。

テスト3:のどごし

はちみつがのどを通り抜けていく際の心地よさを点数化しました。

テスト4:バランス

甘さや酸味、粘度、香り、後味のバランスが取れているかを審査しました。

テスト5:リピート度

値段と品質が調和しており、自腹でも買うかを識者と編集部で採点しました。

以上の5項目を味の第一印象は30点満点、香り・のどごし・バランスは20点満点、リピート度は10点満点の計100点満点でプロと雑誌『MONOQLO』が厳しく評価し、合計点をもとにランキング化しました。

手軽に食べられておいしい国産はちみつは、いったいどの製品でしょうか? それでは、ランキングを発表します!

【国産はちみつのおすすめ1位】小林養蜂場「群馬県産 栃蜜」

小林養蜂園
群馬県産 栃蜜
実勢価格:2200円
内容量:500g
100gあたりの価格:440円

▼テスト結果

ベストバイは、小林養蜂場「群馬県産 栃蜜」。標高800~1000mの金精峠や尾瀬の麓で採れたはちみつ。非加熱なので栃の花の深みのある香りがそのまま堪能できます。

独特の透き通るような黄金色。少量取ると透明度が高く、指先に少し付けてなめるとコクをさほど感じずさらっと食べやすいです。スプーン1杯口に入れると濃厚なコクを感じます。

溶けたバターなどと合わせると、深みのある香りとバッティングするので、クラッカーに塗るか、カマンベールチーズやブリーなどクセのないチーズに合わせるのがおすすめ。また、青カビの香りと栃蜜の香りは相性がいいので、ブルーチーズも◎!

小林養蜂園では5月と6月にはちみつを採取して販売していますが、このはちみつは7月末に購入した2021年産の栃蜜だからか、フレッシュ感もすばらしかったです。

【国産はちみつのおすすめ2位】藤田養蜂場「愛媛県産 枇杷蜜」

藤田養蜂場
愛媛県産 枇杷蜜
実勢価格:1998円
内容量:180g
100gあたりの価格:1110円

▼テスト結果

2位は藤田養蜂場「愛媛県産 枇杷蜜」。一口目から後味まで、杏仁豆腐のようなビワのいい香りが残る、個性がとても強いはちみつです。

デザートにそのまま食べてもおいしくて、ギリシャヨーグルトのように酸味が薄くはちみつを楽しめるヨーグルトやクリームチーズにかけると最高においしい!

【国産はちみつのおすすめ3位】水谷養蜂園「花のかおり 国産あかしあ」

水谷養蜂園
花のかおり
国産あかしあ
実勢価格:5410円
内容量:600g
100gあたりの価格:901.7円

▼テスト結果

3位は水谷養蜂園「花のかおり 国産あかしあ」。一口目は強めに感じる甘みが、時間経過とともに果実のような味わいになり、とろりと溶けて後味は爽やかです。

アカシアのフルーティーな柔らかい香りが漂い、穏やかな酸味。洗練された深みのあるこの味を、まずはこのまま食べてみてほしいです。

【国産はちみつのおすすめ4位】水谷養蜂園「花のかおり 国産花々の蜜」

水谷養蜂園
花のかおり
国産花々の蜜
実勢価格:4330円
内容量:600g
100gあたりの価格:721.7円
※Amazonは120gの商品ページです

▼テスト結果

4位は水谷養蜂園「花のかおり 国産花々の蜜」。花束のような香りがして、酸味も甘さも強め。個性が強いのに、うまくまとめているのはさすがです。

このままか、クラッカーなどに付けて食べたいです。

【国産はちみつのおすすめ5位】ラベイユ「東京はちみつ No.1 春の花々」

ラベイユ
東京はちみつ
No.1 春の花々
実勢価格:1836円
内容量:125g
100gあたりの価格:1468.8円

▼テスト結果

5位はラベイユ「東京はちみつ No.1 春の花々」。東京都西部に咲く桜、菜の花、藤などの百花蜜。粘度が高く、華やかな花の香りがすばらしいです。

ジャスミンティーや紅茶に入れるのがオススメです。

【国産はちみつのおすすめ6位】ラベイユ「沖縄 宮古島の花々」

ラベイユ
沖縄 宮古島の花々
実勢価格:1620円
内容量:125g
100gあたりの価格:1296円

▼テスト結果

6位はラベイユ「沖縄 宮古島の花々」。沖縄県宮古島に咲くシロバナセンダングサなどの百花蜜。酸味がやや強めですが、後味に南国系の花の香りが残ってのどごしもなめらかです。

花の香りと酸味を生かしてヨーグルトに入れるのが◎。

【国産はちみつのおすすめ7位】小林養蜂園「群馬県産 桜蜜」

小林養蜂園
群馬県産 桜蜜
実勢価格:2600円
内容量:500g
100gあたりの価格:520円

▼テスト結果

7位は小林養蜂園「群馬県産 桜蜜」。穏やかな桜の香りで、甘さと酸味が控えめといった桜蜜の個性がよく出ています。ヨーグルトやパンケーキにそのままかけたいです。

バターやシナモンの香りとも相性抜群なので、シナモントーストにたっぷりかけて!

【国産はちみつのおすすめ8位】坂井養蜂場「奥利根坂井のアカシアはちみつ」

坂井養蜂場
奥利根坂井のアカシアはちみつ
実勢価格:1998円
内容量:500g
100gあたりの価格:399.6円

▼テスト結果

8位は坂井養蜂場「奥利根坂井のアカシアはちみつ」。アカシアの香りは弱いが、クセがなく使いやすいアカシア蜂蜜です。甘い物が欲しくなったら、小さじ半分ほどなめるといいかも。

べっこう飴のような味わいで、酸味も粘度も弱いが甘さは強め。

【国産はちみつのおすすめ8位】はちみつ家「国産純粋はちみつ 百花蜜」

はちみつ家
国産純粋はちみつ
百花蜜
実勢価格:2500円
内容量:1kg
100gあたりの価格:250円

▼テスト結果

同8位ははちみつ家「国産純粋はちみつ 百花蜜」。「奥利根坂井のアカシアはちみつ」とよく似たべっこう飴系のはちみつ。バターなどともなじみやすい花のいい香りがします。

そのままなめてもおいしいです。

【国産はちみつのおすすめ8位】原田商店「花九曜印 百花蜜 国内産」

原田商店
花九曜印
百花蜜 国内産
実勢価格:810円
内容量:125g
100gあたりの価格:648円
※Amazonは300gの商品ページです

▼テスト結果

同8位は原田商店「花九曜印 百花蜜 国内産」。花と紅茶の香りがよく合って甘すぎないので、紅茶に混ぜるのがオススメ。バタートーストとも合う香りです。

適度な甘さで、後味に花の香りがふわっと漂います。

【国産はちみつのおすすめ8位】ヒグチ園「山のはちみつ」

ヒグチ園
山のはちみつ
実勢価格:2309円
内容量:380g
100gあたりの価格:607.6円
※Amazonは詰替280g・パウチタイプの商品ページです

▼テスト結果

同8位はヒグチ園「山のはちみつ」。粘度が高いので、舌に重く残る古いタイプの百花蜜かと思いきや、後味は軽やかなところに現代風のバージョンアップを感じます。

酸味が弱めで適度な甘み。花の香りも穏やかで、何にでも合わせられます。

【国産はちみつのおすすめ12位】坂井養蜂場「百花蜂蜜(国産)」

坂井養蜂場
百花蜂蜜(国産)
実勢価格:2700円
内容量:1kg
100gあたりの価格:270円

▼テスト結果

12位は坂井養蜂場「百花蜂蜜(国産)」。オーソドックスな味と香りで、粘度は高め。そのまま食べるのはもちろん、料理などにも使いやすいです。

バタートーストや、ドライフルーツ、ナッツなどが入っているパンに塗って食べるとおいしいです。

【国産はちみつのおすすめ13位】かの蜂「国産純粋蜂蜜 蜜柑」

かの蜂
国産純粋蜂蜜
蜜柑
実勢価格:4600円
内容量:1kg
100gあたりの価格:460円
※Amazonは300gの商品ページです。

※Amazonは販売・発送共に公式・はちみつ専門店かの蜂

▼テスト結果

13位はかの蜂「国産純粋蜂蜜 蜜柑」。爽やかな柑橘系の香りを生かして、紅茶に入れたりドレッシングに混ぜたりするといいかも。

酸味少なめで、はちみつらしいコクがあって後味はスッキリ。

【国産はちみつのおすすめ14位】かの蜂「純粋蜂蜜 国産百花蜂蜜」

かの蜂
純粋蜂蜜
国産百花蜂蜜
実勢価格:3744円
内容量:1kg
100gあたりの価格:374.4円

※Amazonは販売・発送共に公式・はちみつ専門店かの蜂

▼テスト結果

14位はかの蜂「純粋蜂蜜 国産百花蜂蜜」。サラサラしていて味にクセがなく、後味に花の香りがふわっと残ってキレがいいです。

卵・牛乳とともにパンに染み込ませてフレンチトーストにするとおいしいです。

【国産はちみつのおすすめ15位】はちみつの恵「国産純粋百花 はちみつ」

はちみつの恵
国産純粋
百花はちみつ
実勢価格:2880円
内容量:1kg
100gあたりの価格:288円

▼テスト結果

15位ははちみつの恵「国産純粋百花 はちみつ」。個性が弱いので砂糖代わりにレモネードなどに入れたり、料理に使ったりするといいでしょう。

甘さが強く、香りよりも甘さが前面に出ているはちみつです。

【国産はちみつのおすすめ15位】原田商店「花九曜印 とち蜜 国内産 はちみつ」

原田商店
花九曜印
とち蜜 国内産
実勢価格:864円
内容量:125g
100gあたりの価格:691.2円

▼テスト結果

同15位は原田商店「花九曜印 とち蜜 国内産 はちみつ」。粘度が高く、甘さと酸味が強いのでとちの個性は弱いですが、花蜜のいい香りがします。

なにかに混ぜるよりも、そのままトーストなどに塗るのがオススメ。

【国産はちみつのおすすめ17位】秋田屋「国産百花はちみつ(倒立容器)」

秋田屋
国産百花はちみつ(倒立容器)
実勢価格:1730円
内容量:300g
100gあたりの価格:576.7円

※楽天は3521円

▼テスト結果

17位は秋田屋「国産百花はちみつ(倒立容器)」。酸味が少し強いので、ドレッシングに混ぜたり、ヨーグルトにかけたりするといいです。量や容器の使いやすさは一人暮らしにも◎。

花の香りがミックスされた百花蜜のやさしい香り。

【国産はちみつのおすすめ17位】熊手のはちみつ「特上国産はちみつ」

熊手のはちみつ
特上国産はちみつ
実勢価格:1850円
内容量:320g
100gあたりの価格:578.1円

※Amazonは販売・発送共に熊手のはちみつ

▼テスト結果

同17位は熊手のはちみつ「特上国産はちみつ」。そのまま食べるのはもちろん、砂糖代わりに煮物に使ったり、肉をマリネしたりと汎用性が高いです。

ほかの百花蜜よりもオーソドックスな安心感がある味。

【国産はちみつのおすすめ19位】水谷養蜂園「花のかおり 国産そば」

水谷養蜂園
花のかおり
国産そば
実勢価格:3250円
内容量:600g
100gあたりの価格:541.7円

※Amazonは販売・発送共に水谷養蜂園オンライン

▼テスト結果

19位は水谷養蜂園「花のかおり 国産そば」。かなりの個性が強く、「はちみつ」と思って食べると驚くワイルドな味で、評価がまっぷたつに分かれました。

黒糖のような香りでコクが強いので、醤油と煮詰めてステーキにかけるなどすると個性が生かせます。ハマる人はハマるかも。

【まとめ】国産はちみつはどれもレベルが高い!

以上、国産はちみつおすすめランキング19選でした。

はちみつをざっくり分類すると、蜜源の花がひとつの「単花蜜」と、複数の花蜜をブレンドする「百花蜜」に分かれ、単花蜜は蜜源の特徴がよく表れるものが多く、百花蜜はブレンドする職人によって香りも味も異なります。

1位の「栃蜜」、2位の「枇杷蜜」、3位の「国産あかしあ」は蜜源の個性が華やかに表れていてまさに単花蜜のお手本。また、4位~6位にランクインした百花蜜は香りをしっかり出したいという作り手の情熱が伝わる逸品といえます。

今回の検証を通して感じたのは、国産はちみつのレベルの高さ。8位から17位のはちみつは順位はついているものの、基本的にどれを購入しても間違いない味わいです。気になった製品はぜひ試してみてください。

なお、ニュージーランドやオーストラリアに自生する植物「マヌカ」の花の蜜を原料としたはちみつの一種で、人気の「マヌカハニー」についてはこちらの記事でまとめています。ぜひチェックしてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事