Yahoo! JAPAN

ミック・ジャガー“陰謀論唱える反ワクチン派”は不合理

ナリナリドットコム

ミック・ジャガー(77歳)は、新型コロナウイルスのワクチン接種をしない人々は不合理的だと考えているという。

周囲をアッと言わせたデイヴ・グロールとのコラボレーション曲「イージー・スリージー」の歌詞は、陰謀論者をからかった内容だそうで、比較的賢明な友人や家族達のワクチン接種プログラムに対する(反ワクチン的)見解に驚いているものの、彼らの考え方を筋の通った議論で変えることはできないので、そうしても無駄であることを学んだのだという。

「様々なことについて比較的賢明であるとわかっている人々でさえ、理解できないことが1つある様に思えるんだ。友人や関係者の何人かはこれらのことを話しだすと止まらない。全く不合理だよ」
「もちろん、そのことで彼らに話をしても意味がない。彼らは理解できないからね。自分が信じていることがあって、それが絶対だから。何を言っても、信じたいことを信じているのさ。理性的な考え方は通用しないよ。18世紀に自分達の合理性を誇りに思っていたフランスのような国でさえ、西洋の民主主義において最も反ワクチン的なんだからね。ワクチンは新しいものというわけでもないのに」
「そういう人達とは議論は無理さ。こうして、ワクチン反対者達から陰謀論を聞いたんだ。歌の歌詞では触れなかったけど、たぶん触れるべきだったよ。曲をとにかく作ったからね」

そうローリングストーン誌で語る。

またミックは、誰もが他人との距離を保ちつつアウトドアを楽しめる「良い場所」を持っているわけではないので、ロックダウンを田舎で過ごせたことはラッキーであったと感じているという。

「人々が本当に苦しんでいるところもあって、我々の様な好条件ではないんだ。色々と経験したけど、順応しなければならない。言うまでもなく、僕は他の人達よりラッキーだね。こんなに長く田舎で過ごしたことはないよ」
「いつも外に出られる場所があるところで暮らしてきた。沢山の僕の友人がそうなんだけど、外出できない都会のアパートに閉じ込められていると考えると、大変だったろうと思うよ。人恋しい、会話がしたい、交流が恋しい、誰かと音楽を演奏したい。全部ができなかったからね。でも、自分は大変だっとは言えない。それを望んでいたわけではないけど、どうにか対処できた。ラッキーなことに、穴に入って隠れる良い場所を持っているのでね。皆がそうではないけどね」

【関連記事】

おすすめの記事