Yahoo! JAPAN

東野幸治、同世代芸人が通る“ダウンタウン病”語る

ナリナリドットコム

タレントの東野幸治(53歳)が、9月27日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。同世代の芸人が通る道“ダウンタウン病”について語った。  

この日、ゲストのタレント・ウエンツ瑛士が、東野に「東野さんがよくおっしゃってる、ダウンタウンさんに会ったときに、なにかこう諦めた、っていうことをよくおっしゃってるじゃないですか。どういう経緯があったんだろうなって、本当知りたくて」と質問。

東野は「僕とか、(この日のゲスト、アンジャッシュの)児嶋さんとかはみんなかかる、“ダウンタウン病”っていうはしかがあるんですよ。ダウンタウンさんがデビューして世の中にバーッと出てきたときに、その後の後輩、全員がダウンタウンと同じような漫才するんですよ。だからアンタッチャブルも“ダウンタウン病”にかかってますから。ザキヤマ…山崎さんも引き芸でしたから。口数少なくボケて、柴田が大きくツッコむ。楽屋帰ってめっちゃ喋る、舞台上がったら急に静かになるっていう。アンジャッシュもそうですよ」と語る。

話を振られた児嶋は「僕も松本(人志)さんになりたかったからボケやってたんで、ボソッとボケて。僕の場合ウケないんだけど、ボソッとボケて、ツッコミの人だいたい『殺すぞ!』みたいな、浜田さんに影響されて」と、自身も“ダウンタウン病”だったと認めた。

そして、東野は「僕ら、全員それを経てる。1回、全員負けてから始まるんですよ」と説明。

ウエンツが「そこでダウンタウンさんを超えようってことにはならない?」とたずねると、児嶋は「絶対に超えられないもん。絶対に。ってなったら、自分なりに(方法を探していく)」、東野も「そうそう、僕はフリーアナウンサーみたいな仕事(笑)。スタッフに言われたことを一生懸命紹介してます」とコメント。そして「“ダウンタウン病”の治ってきた人から仕事が増えていってるんですよ」と語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホン

    TSURINEWS
  2. 『落とし込み釣り』が秋の本格期突入 青物以外の大型魚も続々【愛媛】

    TSURINEWS
  3. 「ヤでしゅ。」爪切りがどうしても好きになれない柴犬赤ちゃん。隙あらばヒョイッと避ける仕草が可愛すぎた【動画】

    柴犬ライフ
  4. 目線を合わせるように転がり、ダックス赤ちゃんと戯れるゴールデン。大きな体には、優しさがぎっしりだよ。【動画】

    Retriever Life
  5. 世帯年収600~800万円、所得制限に不満の声「子どもの人数や年齢を加味して欲しい。うちの子たちが将来の年金を賄うのに」

    キャリコネニュース
  6. 田上町に「道の駅たがみ」10/28(水)オープン!オープニングフェアも

    Komachi Web
  7. 【3COINS】おしゃれな「リブマスク」が2枚300円! さすがスリコ、色味も可愛い。

    東京バーゲンマニア
  8. 26時のマスカレイド 来栖りん、みずみずしい制服姿でベランダに立つ写真に称賛の声「こんな可愛い子と一緒にお喋りする人生を送りたかった...」「恋に落ちろってことだよね?とっくに落ちてます」

    Pop’n’Roll
  9. 手作りする女子急増中! 簡単可愛い“ビーズネックレス”の作り方

    mer
  10. 首位打者争う吉田正尚と柳田悠岐で大きく異なるデータとは?

    SPAIA