Yahoo! JAPAN

【楽勝DIY】生活感ゼロに!100均材料でできる簡単文房具ボックスの作り方

特選街web

特選街web

生活感の出やすい文房具類を整理整頓するために、2段ラック型のステーショナリーボックスをDIYしました。材料代は500円程度、子どもでも作れるとても簡単なDIYです。今回はホームセンターで揃えてみましたが、100均の材料でも作ることができます。作り方や材料、ステーショナリーボックス以外の活用方法などについてご紹介します。ぜひご家庭で試してみてくださいね。

生活感を醸し出す文房具たち

【鉄則】文房具類は見せない、かつ取り出しやすいのが良い

わが家ではキッチンカウンターの下に棚を設置しています。いろいろなものが置けて便利ですが、置くものを選ばないと生活感が丸見えになりがちです。

キッチンカウンターの下に棚を設置しています

とくに文房具類は目立つ&生活感が強い存在です。とはいってもちょうど良い収納スペースがなく、持て余し気味……。

「おしゃれでもない文房具類はなるべく見えないほうが良い」
「でも取り出しやすくあってほしい」

文房具類の収納はわが家にとって課題が多いテーマでした。

大容量ペン置きをDIYしてみた

そこで思いついたのが、2段ラックのステーショナリーボックスの導入です。2段にすることで外からは文房具類が見えず、取り出しやすくなります。

箱を上下に繋げただけの簡単な2段ラックならすぐに作成ができそうなので、さっそく取り掛かることにしました。

①材料

2段ラックに使用した材料がこちらです。

ホームセンターで購入した板材(ファルカタ材:400円ほど)と丸棒(100円ほど)です。木材は100均でも購入できますがカット工程が面倒なのと、1枚100円の板を必要分揃えるとホームセンターで購入するのと金額が変わらないと判断し、近くのホームセンターのコーナンで購入しました。

②組み立て

すでにカットがされているので、家でやる作業は組み立てと色塗りだけです。1番大きな底板に、細長い横板と小さな板を打ち付けます。

あっという間に箱の完成です。使用した板が薄いため、組み立てにはビスを使わず細い釘を使用しました。

箱を見て「100均で売ってそう」と思う人もいることでしょう。しかし今回わざわざ箱から手作りした理由は、100均にはちょうど良いサイズの木箱がなかったためです。

画像の木箱は幅30cmあります。「ペン置きとして使うのに飽きたら他の用途に使えるように」というのも考慮しているため、やや大きめに設計しました。

③柱を接着

木箱が2つできたら、柱部分を接着します。丸棒にボンドをつけて、木箱の内側にぴったりくっつけましょう。

その後、ボンドが乾いたら丸棒と下段の木箱を釘で固定します。丸棒に狙いを定めるのが難しく、1本のビスではうまく固定ができなかったため、1本の丸棒にビスを2本打ち込んでしまいました。

下段の裏面は見えないので、よしとしましょう。その後丸棒の上部にボンドを塗り、上段の木箱を乗せます。

ボンドが固定するまで触るのは厳禁です。子どもが近寄ってこないよう、細心の注意を払います。ボンドが固まったら上段にある箱の内側からビスを打ち込んで、丸棒を固定させます。

④色を塗って完成!

ボンドが乾いたら色を塗って完成です。

ペンを寝かせても、スペースに余裕があります。

もちろん、部屋からは箱の内側は見えません。

ステーショナリーボックスとして使用するのに飽きたら、グリーンを入れたり……

食卓で調味料置き場にしても◎。

2段にしたことで収納力が高くなったため、さまざまな用途で活躍しそうです。

作成にかかった時間は…

完成までにかかった時間は、色塗りの乾燥時間を抜かせば30分ほどでした。

カット工程をホームセンターで済ませておけば、子どもでもできるDIY……というより、工作に近い作品です。

子どもの勉強机に置くステーショナリーボックスとしてもおすすめします。子どもが自分で作れば、感性や創造力を刺激する良いきっかけとなるでしょう。

100均材料で作る場合

今回のDIYは100均でも材料は揃えられますが、カット工程を省くためにホームセンターで材料を揃えました。しかし、近くにホームセンターがない人もいるでしょう。

その場合、100均の材料でも代用可能です。

筆者が確認している範囲では、ダイソーには下記サイズの木材が置いてありました。(2021年9月現在)

【板材(長さ400mmのタイプ)】

・幅120mm・厚み6mm
・幅90mm・厚み9mm
・幅120mm・厚み9mm
・幅150mm・厚み9mm
・幅60mm・厚み12mm
・幅90mm・厚み12m

【板材(長さ600mmのタイプ)】

・幅120mm・厚み6mm

これらの中から好みの幅・厚みの木板を底板として選び、幅が60mmの細い板を側面板として活用しても良いでしょう。

カット工程が面倒であれば、40cmの大きな木箱にしてしまうのもアリです。ダイソーでは丸棒や角棒も取り扱いがあるため、2段ラックをダイソー材料だけで作ることもできます。

ダイソー以外の100均でも木材の取り扱いがあります。ホームセンターが近くにない場合はぜひ近くの100均で揃う木材で、チャレンジしてみてくださいね。

まとめ

工作感覚でできる簡単なステーショナリーボックスをご紹介しました。

今回のステーショナリーボックス作りは子どもでもできるDIYであり、いろいろな用途に活用できる便利なアイテムです。ホームセンターだけでなく入るのに敷居が低い100均でも材料は購入できますので、休みの日などに親子で作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

おすすめの記事