Yahoo! JAPAN

『お囃子プロジェクト×民謡』の開催が決定 お囃子と民謡がコラボし進化したステージをおくる 

SPICE

『お囃子プロジェクト×民謡』

2022年8月30日(火)紀尾井小ホール にて、『お囃子プロジェクト×民謡』が開催されることがわかった。

「邦楽囃子の魅力を大勢の人に伝えたい!」そんな想いを込めて、2010年、邦楽囃子演奏家の望月秀幸と望月左太寿郎が始めたのが「お囃子プロジェクト」。お囃子エンターテインメントと称した音楽公演をメインの活動とし、「興味はあるけど敷居が高い」と思われがちな伝統芸能のイメージを払拭し、気軽に! 純粋に! 楽しんで頂ける内容を目指してを重ねてきた。

邦楽囃子は、祭りやあらゆる芸能を盛り立てる、大事な役割を担っている。その沢山あるお囃子の中でも、歌舞伎や日本舞踊など『伝統芸能』と言われる舞台で活躍するのが「邦楽囃子」。メインの楽器は4つ。締太鼓(しめだいこ)、大鼓(おおつづみ=大皮(おおかわ)、小鼓(こつづみ)、笛(ふえ)。これら4つの楽器を総称して四拍子(しびょうし)と言います。四拍子は舞台上で演奏することが多く、演目を賑やかに囃し立てる。歌舞伎の世界では舞台上で演奏するお囃子の事を「出囃子」(でばやし)とも呼ぶ。この他にも大太鼓や当たり鉦など、50種類近くの楽器を使い分ける。これらは通常舞台上では演奏せず、下手(舞台に向かって左側)にある黒御簾(くろみす)という小屋の中で演奏される。舞台の蔭で演奏する囃子という事で「蔭囃子」(かげばやし)と呼んでいる。

また、邦楽囃子は様々なルールがあり、演目の背景や場面、登場人物によって決められた演奏を行う。例えば亡霊が登場するときには「早笛」(はやふえ)と呼ばれる演奏をする。他にも喧嘩をする場面では祭囃子の演奏で舞台を盛り上げたり、山奥のこだまや雷の音など、効果音のような役割も果たす、マルチな活躍をするジャンルでもある。

「お囃子プロジェクト」では、太鼓の鋭い音、小鼓の低くて深い音色、大太鼓の稲妻のような激しい響き。すべての空気をひと吹きで変えてしまう能管や、優しいハーモニーの竹笛。音、リズム、演奏を余すところなく楽しめ、お囃子が奏でる古典音楽の世界に酔いしれることができる。また、邦楽器だけではなく、サックス、アコーディオン、ウッドベース、チューバ、ギター、韓国打楽器、ラテンパーカッションと、多種多様の素晴らしいプレーヤーをゲストに迎え、古典はもちろん、洋楽、ポップス、ジャズ、アジア、中東、演歌、民謡とジャンルを問わないさまざまな楽曲をおくる。

今回の公演でが挑戦するのは、日本文化のひとつである『民謡』とのコラボレーション。これまで様々な楽器をゲストに迎え公演をしてきた「お囃子プロジェクト」だが、そこに“唄”を加え、一段と進化したステージをおくる。しかし、ただ唄ったのでは面白くないという事で、民謡歌手に無理難題とも思える、Queen の「We will rock you」と黒田節をミックスさせて♪『黒田節ロックユー』、美空ひばりの「お祭りマンボ」と熊本県民謡「おてもやん」をミックスさせて♪『お祭りマンボやん』。さらにさらに恒例の『プロレス曲』まで唄う予定。

驚きと発見に満ちた80分を会場で体感しよう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 松のやにピリッと刺激的な新作ソースが登場 夏の唐揚げ大好き祭り第3弾は「柚子胡椒ソースの唐揚げ」

    おたくま経済新聞
  2. ファミリー向けのお出かけスポット、クールスポット情報も デジタルスタンプラリーや割引『今こそ神戸へ!』キャンペーン 神戸市

    Kiss PRESS
  3. 【長崎の隠れた名物:鱧(はも)】職人の腕が光る鱧料理のご紹介【酒菜処のさ庵】

    ながさーち
  4. <父がいない18年>「昔の思い出は……」音信不通だった父の葬儀、行く?行かない?【まんが】

    ママスタセレクト
  5. 加藤貴子、長男が発熱&腹痛で病院を受診した結果「親子で注意されました」

    Ameba News
  6. BE:FIRST、プレデビュー1周年記念日に全国14のラジオ番組に出演へ

    SPICE
  7. アップアップガールズ(プロレス)、新メンバー・シノが加入!

    Pop’n’Roll
  8. ADHD息子、中2夏休みに不正乗車で補導!パトカーに乗せられ警察署へ。ガマンも金銭管理も苦手な息子に変化が?――発達ナビユーザー体験談

    LITALICO発達ナビ
  9. 材料を袋でモミモミして冷凍するだけ!夏のご褒美ドリンク「バナナフラッペ」レシピ

    saita
  10. 大原優乃、50kg増量時のぽっちゃり姿オフショット公開!「ぽちゃこ時代の陽芽ちゃんもよろしくお願いいたします」

    Pop’n’Roll