Yahoo! JAPAN

音楽プロデューサー・松尾潔が語る、新入社員時代のジェーン・スーと老眼鏡

TBSラジオ

音楽プロデューサー・松尾潔が語る、新入社員時代のジェーン・スーと老眼鏡

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」月~木曜日の11時から放送中!

(3月16日放送)

ゲストは、音楽プロデューサーの松尾潔さん。

生活情報を伝えるこの番組に、なぜ松尾潔さんが来たかというと・・・

レコード会社の新入社員だったスーさんが初めて担当したあるアーティスト。その音楽プロデューサーを務めたのが松尾潔さんだったんです。それが22、3年前で、当時一緒にニューヨーク出張に行ったこともあるそうです。

いまでは帯番組のパーソナリティーのスーさん。新入社員時代はどんな人だったんでしょうか。松尾さんいわく、「スーさんは新人の頃から“座談の名手”」だったんだとか。

そして、今日はこんなにすごい人を呼んで、音楽の話はせずに、生活情報を教えていただきました!
松尾:
誰もが直面する「老眼」ですが、実は、生まれてこの方、ずっと両目ともに視力1.5だったんです。大きな病気もしたことがなかったせいで、肉体への全能感があったようです。それが3年前、足元からぐらついてオロオロしました。老眼鏡をかけることになり、53歳にして、サングラス、PC用以外では初めてのメガネでした。この3年で、10本以上試した上で、現時点で一番よかったものをお伝えします!老眼が始まった!って方は参考にしてください!

松尾さんの老眼鏡事情、“現時点の結論”は・・・

DON’T PANICの遠近両用・FULL SPECシリーズ

松尾:
今のところ「これは良かった」と思えるのは、DON’T PANIC というブランドの遠近両用、調光、ブルーライトカットつきのもの。「FULL SPEC」というシリーズです。軽さ、フレームの長さが自分には合ってました。元々よく使っていたSABREというサングラスがあるのですが、その兄弟ブランドとして誕生した老眼鏡専門ブランド。

100円ショップの含め10本以上を試す

松尾:
3年前に初めて入手した老眼鏡は、ダイソーで衝動買いしたものです。人間ドックの担当医が「100均のものでもずいぶんと眼精疲労が軽減しますよ」と言っていたのを不意に思い出しました。安さゆえにデザインを気楽にいろいろ試せるのは楽しいですが、正直、長時間の使用は僕は難しかったです。これまでブランドや価格に関係なく10本以上買ってきましたが、これ以外にはなかなか良いものに出会えていません。まだ旅は続きます。

松尾さんオススメされた老眼鏡は・・・
「DON’T PANIC」の遠近両用、調光、ブルーライトカット機能つきタイプ「FULL SPEC」
■公式オンラインストアでは、税込10868円で販売されています。
■度数は、「+0.5」から「+3.0」まで0.5刻みで選べます。

松尾さん初の小説『永遠の仮眠』

そんな松尾さんが初めて書いた小説『永遠の仮眠』。今回、スーさんが帯を書きました。

音楽プロデューサーの悟(さとる)は、テレビドラマの主題歌制作に苦戦していた。
この楽曲がヒットすれば、低迷中のシンガー・義人(よしと)は大復活を遂げる。
悟もすべてを賭けていた。しかしドラマプロデューサーの多田羅(たたら)は業界の常識を覆す提案を……。その上、日本は未曾有の危機に襲われる。社会的喪失の中、三人の運命の行方は――。

「音楽業界のことを知りたい人は読んだ方がいいと思います!けっこう(きわどいことも)書きましたね!」(スー)

松尾潔さんが書き下ろした長編小説『永遠の仮眠』が、新潮社から販売中。電子書籍でも配信しているとのことです。

【松尾潔】
◆1968年、福岡県福岡市生まれ。
■早稲田大学在学中にブラックミュージック専門誌などでライターとして活動。
■90年代半ば から音楽制作に携わるようになると、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家として平井堅、CHEMISTRY、EXILE、JUJUら、数多くのアーティストを成功に導きます。
■これまで提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超えます。

◆3月16日放送分より 番組名:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」

【関連記事】

おすすめの記事