Yahoo! JAPAN

アレック・ボールドウィン、銃誤射前後の動画が公開される カウボーイ姿で銃を構える姿も

Techinsight

昨年10月に銃誤射事故を起こしたアレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン(64)が撮影現場で銃を誤射した前後の未公開映像が、現地保安官事務所によって公開された。カウボーイ姿のアレックが銃を構えたり、銃弾を受けた撮影監督が救急隊員から手当てを受ける様子など、生々しい場面を捉えたものだ。

アレック・ボールドウィンは昨年10月、自身が主演とプロデュースを務める西部劇映画『Rust』の撮影現場で小道具の銃を使用中に誤射した。これにより撮影監督のハリーナ・ハッチンスさんが死亡、映画監督のジョエル・ソウザさんが負傷した。

事件を捜査中のサンタフェ郡保安官事務所は現地時間4月25日、撮影現場で起きた銃誤射に関する全ファイルを公開した。これらは誤射前後の現場で撮影した複数のビデオや、アレックへの聞き取りの内容などが含まれている。

当日の撮影は、サンタフェのボナンザクリーク牧場にあるチャペルで行われていた。

動画の一つはカウボーイに扮したアレックが、誤射したとみられる銃を使ってリハーサルをしている様子だ。アレックは懐から素早く銃を取り出し、再びしまい込んでいる。

別の動画は誤射直後、チャペルに駆けつけた数人の救急隊員が床に倒れたハリーナさんの手当てをする場面だ。救急隊員は負傷したハリーナさんの傷口を圧迫して止血を試みているとみられ、別の救急隊員は酸素供給をする器具を用意しながらまだ息があるハリーナさんに「がんばれ」と声をかけ、深呼吸するように伝えていた。

その後、救急隊員達がハリーナさんを担架に乗せてチャペルを出る準備をしながら、待機中のヘリコプターで病院に搬送すると話す声が聞こえてくる。

この他にも、アレックが警察に誤射当時の状況説明をする動画が公開された。

アレックは「誰かが銃に実弾を詰め込んだ」と言い、「僕は実弾入りの銃でリハーサルをしたのか。空砲であるはずなのに。こんな恐ろしいことは初めてだ」と語っている。

誤射が起こった時にハリーナさんの後ろにいたソウザ監督は銃弾によって肩を負傷し、病院で手当てを受けた。

動画では、ソウザ監督が警察官に対して「空砲から、今までに聞いたことがない大きな爆発音が聞こえた」と言い、銃撃を受けた瞬間は「肩を蹴られたようだった」と説明しており、「私は尻もちをついていたが、ふと見上げるとハリーナの背中から血が流れていた」と悲惨な現場の様子を話していた。

今回保安官事務所が公開した映像に伴う声明では、この誤射事件に関する捜査が「現在もオープンで進行中である」と述べている。

画像2、3枚目は『The National 2022年4月25日付Twitter「New Mexico sheriff’s office release footage of Alec Baldwin in the aftermath of the accidental shooting on the set of ‘Rust’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事