Yahoo! JAPAN

スパイス香る、甘くて爽やかなレモネード!糸島・志摩芥屋のレモネード専門店「John Lemon」

meets糸島

糸島に、とっても美味しいレモネード専門店があるのをご存じですか?
地元で暮らすご夫婦が素材や製法にとことんこだわり、最高の1杯を提供しています。

1口飲んだら、レモネードの価値観が変わるかも!?
これまでレモネードを飲んでこなかったという人にこそ知ってほしいお店です!

手作りならではのシンプルで優しい味わいの虜に。お店のオリジナルグッズにも注目!

オシャレなキッチンカーが目印

「John Lemon(ジョンレモン)って、知ってますか?」

今回紹介するJohn Lemonさんを知ったのは、糸島での取材中。取材先の店主さんたちがこぞっておすすめしていたのがきっかけでした。

皆さん口を揃えて「そこのレモネードがとにかく美味しい!」とのこと。

ユニークな名前に加えて、グルメな方が多い印象の糸島でここまで評判の良いレモネードって!?と興味が湧き、さっそくお店へ向かいました。

John Lemonさんが営業しているのは、人気のジェラートショップ「ロイターマーケット」さんと同じ敷地内。JR筑前前原駅からは車で15分ほどの場所です。

アメリカンテイストのキッチンカーは、お店の特徴の1つ。所々にちりばめられたレモンの黄色が鮮やかで、手書き風の看板もかわいい。

実はこちらのキッチンカー、内装もとてもオシャレ!内側や天井部分には九州産の杉の間伐材が使われていて、見た目だけでなく環境にも配慮したデザインになっています。

レモネード専門店は「夫婦でやりたかったことの1つ」

お店を営むのは、岡﨑晃一郎(おかざき こういちろう)さんと妻の由香里(ゆかり)さんです

福祉関係の仕事で出会った岡﨑さんご夫婦は、2人とも大のレモネード好き!

以前から「もし商売をするなら、レモネードのお店をやりたいね」と話していたそうで、去年11月にイベントでの出店やさまざまな店舗への出張という形で販売をスタートしました。

そのおいしさから口コミやSNSで徐々に人気が広まり、今年7月には念願だったキッチンカーをオープンさせました。

レモンの薄さにまでこだわった自家製レモネード

そんなJohn Lemonさんの気になるレモネードがこちら!

●クラフトレモネード 550円(税込)

見ているだけで元気の出るような黄色!レモンのスライスがたっぷり入って、まずはそのかわいらしい見た目にときめきます。

ホットとソーダ、水割りの3つから飲み方を選ぶことができ、私はソーダを注文。

さっそく1口飲んでみると、はちみつの優しい甘さと控えめな酸味、ほのかに香るスパイス…美味しーい!!

それもそのはず。John Lemonさんのレモネードには岡﨑さん夫婦のこだわりがたっぷり詰まっっています。

レモンは国産かつ無農薬や減農薬のものを選んで使用。

食べた時に歯ごたえが良い「2ミリ」という厚さにこだわってスライスし、きび砂糖やはちみつなどの甘味料、さらにシナモン、八角、クローブといったスパイスと一緒に最低でも4日間漬け込んでいます。

こうしたレモンの厚さや甘味料・スパイスの配合は、試行錯誤を重ねてやっと見つけた黄金比なのだそう。

「色々入っているように見えて、すごくシンプルなもので出来上がっています。後は『おいしくなーれ』という気持ちですかね。」と晃一郎さん。

由香里さんは「飲み終わったら、ぜひレモンまで食べて欲しいです!」と話していました。

お好みでレモンや旬のフルーツをプラス!

レモンが好き!という方には、100円でレモン果汁を追加することができます。その場で絞ってくれるので、フレッシュな酸味が加わってさらに爽やかな味わいに。

また、その時期の旬のフルーツをトッピングすることも可能。この日はなんとパッションフルーツ!

●パッションフルーツトッピング 100円(税込)

初めての組み合わせでしたが、プチプチはじける甘酸っぱい果実とレモネードの相性は抜群!皆さんも、ぜひカスタムして自分好みの1杯を見つけてみて下さい。

キュートなオリジナルグッズ

John Lemonさんの人気商品は、レモネードだけではありません。お店のオリジナルグッズもすごくかわいいんです!

●キーホルダー 400円(税込)

●エコバッグ 2500円(税込)

どの商品もオシャレで、普段使いにピッタリ!

4人のお子さんを育てる岡﨑さん夫婦。ポップお店のロゴは、お子さんの1人が5歳の時に書いたものなのだそう。

「子どもの絵だと、目に入る度にがんばろう!と元気になるかなと思って」と話すお2人からは、お子さんを思う気持ちが伝わってきて、思わずほっこりしてしまいました。

美味しいレモネードで、ビタミンチャージ!

「飲む人にとって、人生最高のレモネードになったらいいなというのが僕達のテーマです。」

岡﨑さん達は現在、レモンの栽培にも挑戦しているそう。

さらに、将来的にはお店を中心にとした親子連れや子ども、高齢の方などさまざまな人が集まれる場所を作りたいと考えているそうです。

今後、レモネードを通じて交流の輪がどのように広がっていくのか、今から楽しみですね!

最後に、John Lemonさんはイベント出店や出張販売をされていることも多いため、行かれる際には事前にお店のインスタグラムをチェックするのをおすすめします!

INFORMATION

店名:

John Lemon(ジョン レモン)

住所:

福岡県糸島市志摩芥屋94-3

営業時間:

[平日]12:00~17:00
[土日祝]11:00~17:00

Web:

https://www.instagram.com/johnlemon_itoshima/

一人当たりの予算:

〜¥1000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. Skyfrontのハイブリッドドローン「Perimeter 8/8+」、最大10kgを1時間運搬可能

    DRONE
  2. サイレント映画の傑作と音楽とお酒を楽しむイベント『レソラ天神プレゼンツ Silent Movie Show -映画と音楽とお酒と-』開催

    muto
  3. はあちゅう氏、整形手術のダウンタイム中の自撮りショットを公開「痛そう」「参考になります」の声

    Ameba News
  4. 上島竜兵さんの妻、父親が他界し心配して来てくれた友人「沢山のお菓子を持って」

    Ameba News
  5. 【海上釣り堀最新釣果】グループ釣行で特大マハタをキャッチ(三重・愛知)

    TSURINEWS
  6. 特急「かんぱち・いちろく」は2024年4月26日デビュー!初日は博多へ向かう「いちろく」号で運行

    鉄道チャンネル
  7. 見た目はシンプル、実は香り華やか、広島・呉「蜜屋」伝統の「蜜饅頭」/人気店の定番スイーツ vol.65

    おいしいマルシェ
  8. 猫のストレスサイン『常同行動』とは?愛猫に見られたらどう対処すべき?

    ねこちゃんホンポ
  9. シニア犬の介護…具体的に何をするの?必要になる3つのお世話とは

    わんちゃんホンポ
  10. 私って性格悪いね、ごめんなさい! 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間

    コクハク