Yahoo! JAPAN

ここキャン北海道 中札内村を”予習”だ!

SODANE

ここキャン北海道 中札内村を”予習”だ!

2022年6月某日。ここキャン北海道スタッフが訪れたのは、十勝は中札内村にある「グランピングリゾート フェーリエンドルフ」。
緑豊かな森に囲まれた、グランピングもできる施設です。

素敵なセンターハウスがお出迎え。
8月31日(水)~9月2日(金)、ここをキャンプ地とする!でございます。

フェーリエンドルフ様のご厚意で、当日は
周囲にグランピングテントが立ち並ぶコチラの広大なスペースを、ここキャン北海道のためにご用意頂けることになりました!
ご参加いただく皆さまには、ここにテントを張って頂きます。

なお、グランピングテントも別ご料金でご利用頂けます。
BBQコンロ、テーブル、イスなどはグランピングテントには完備されていますが、持ち込みのテントに泊まられるの方へのレンタルは行っていませんので、ご注意ください。

↑グランピングテント泊の際に合わせてご利用できるテーブルやBBQコンロの写真がコチラ。

グランピングテントやテーブルなどのご利用をご検討されている方は、ここキャン北海道事務局へお問い合わせください。

※ここキャン北海道事務局メールアドレス cococamp-hokkaido@htb.co.jp


さて、下見中のてんちょの視線の先には敷地内で平飼いされているニワトリが。

ここキャン北海道では、生みたてタマゴをお客様ご自身で収穫し、召し上がっていただけます。
十勝野フロマージュのホエー・カマンベールを食べて育ったニワトリのタマゴは、濃厚な味わいだそうです。
※タマゴの数に限りがありますので、収穫できない場合もございます。予めご了承ください。

さらに、野菜の収穫体験も!
宿泊者限定で、フェーリエンドルフ自家栽培の”無農薬野菜”を、こちらもご自身で収穫、調理し、召し上がっていただけます!
藤村Dや皆さんでワイワイ収穫、そして調理…想像するだけで楽しそうです!
※気候や季節によっては収穫できない場合もございます。予めご了承ください。

センターハウス内の売店では
広大な大地で育った豚肉やソイのスナック菓子、ミルクのジャムなども。
ここキャンを機会に”十勝の味”をぜひお試しください。

以上、ここキャン北海道、2022年の”ラスト”を飾る中札内村・グランピングリゾート フェーリエンドルフの現地下見リポートでした。
藤村Dはじめスタッフ一同、皆さまとお会いできるのを会場でお待ちしています!

【関連記事】

おすすめの記事