Yahoo! JAPAN

2021年度戸塚区予算案 コロナ対策見据え 編成 4つの視点を重視〈横浜市戸塚区〉

タウンニュース

コロナ対策見据え 編成

2021年度の戸塚区の自主企画事業費予算案が発表された。大きな特徴は、新型コロナウイルス感染症対策や、新しい生活様式への対応を見据えた編成に重きが置かれている点だ。

新年度の同事業費は、1億430万9千円計上されており、取り組む事業を大きく5項目に分けている=表参照。20年度とほぼ同額(マイナス8万3千円)、項目もほぼ同じだが、新予算案が大きく異なるのは「新型コロナ」という、これまでになかった課題対応に4つの視点を盛り込んだ点にある。

イベント開催に工夫

それが▽新たな生活様式を見据えた手法転換▽感染症対策にも配慮した減災への取組み▽デジタル化の進展を踏まえたICT利用活用の推進▽地球温暖化対策など環境保全に寄与する取組み。

例えば、一番大きな予算を充てている「誰もが自分らしく健やかに暮らせるまちづくり」。その中では、医師会などの企画による「健康まつり」、子育て支援団体や民間企業と連携して実施する「とつかおやこフェスタ」などのイベントを、感染防止対策や会場を分散した上で開催するとしている。

「安全・安心を実感できるまちづくり」では、タブレット端末を活用し、区本部と地域防災拠点などの円滑な連絡体制の確立を目指す。このほか、感染症対策、事故、台風被害などの緊急時を想定し、区民利用施設が安全に活用できる環境整備を行う考えという。

「人と人とがつながるまちづくり」では、区民活動の後方支援や団体・個人間のネットワーク化、地域コミュニティ構築を推進するため、各区民利用施設と連携したICT講座を展開する。

「活気に満ちた魅力あふれるまちづくり」では、区民に親しまれながら今年度実施できなかった「とつかストリートライブ」を新生活様式に対応した内容に見直すとしている。

福祉計画をPR

新規事業では、寄り添い型生活支援事業「とつか秋葉塾」の送迎強化、新年度に計画が策定される「とつかハートプラン」(地域福祉保健計画)の普及啓発をするための発表会の開催などがあがっている。区担当者は「コロナが予算を見直すきっかけになった。デジタルを活用し、人と人がつながる仕組みを作りたい」と話す。

予算案は現在開会中の市会で承認された後、確定となる。

【関連記事】

おすすめの記事