Yahoo! JAPAN

中学校歴史教科書 再採択後も東京書籍 〈大和市〉

タウンニュース

大和市教育委員会(柿本隆夫教育長)は7月21日、定例会を開催し、市内公立中学校の歴史教科書の再採択を行い、東京書籍の教科書を採択した。同教科書は2022年度から3年間使用される。

大和市では2020年7月に、21年度から4年間使用する教科書を採択、歴史教科書は7社の中から東京書籍に決定していた。しかし、採択後に1社の歴史教科書が文部科学省の検定を合格したことから、改めて8社の教科書で再採択が行われることになった。

採択に当たっては、前年度同様、事前に大和市教科用図書採択検討委員会(濱田嘉昭委員長)を開催。定例会では検討結果が報告された。

採択検討委員会の報告の中には、昨年度の採択検討委員会の答申は、十分に尊重されるべきであること、新たに検定に合格した自由社について検討したが、採択にあたっては今年度からの継続性が重要であるとの意見が多くあったことなどが付された。

【関連記事】

おすすめの記事