Yahoo! JAPAN

夜波止ルアー釣りで45cm頭にバチ抜けシーバス2匹 壁際で根魚も登場

TSURINEWS

ジョイントルアーでキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

4月4日、三重県四日市市の富洲原から霞ケ浦ふ頭周辺にかけて、シーバス、ロックフィッシュをライトゲームで狙った。数は少ないもののバチが接岸しており、狙い通りシーバスをキャッチ!さらに岸壁際をリフト&フォールで狙いタケノコメバルにカサゴを手中に収めた釣行の模様をリポートする。

バチ抜けシーバス釣行

現地に到着したのは午後8時ごろで、この日は8時7分が満潮。その後下げ潮に転じるタイドだ。

岸壁の際をのぞくと、数は少ないものの、バチが接岸していることが確認できたので、シーバスは期待できそうだ。ルアーはバスルアーだが、バチ抜けに効きそうと思いレアリスマイクロドン88Sのマットレモンカラーのジョイントベイトとした。

どんな泳ぎをするのか足元でチェックをすると、激しい動きではなくノタノタと動き、たまに左右ダートする。引き抵抗はあまりなく、ハードルアーだがワームに近い感覚だ。岸壁と並行にキャストし、カウントを3で表層レンジをスローのタダ巻きで探っていく。

40cm超シーバスキャッチ

キャストしながら西側へ移動しながら探っていくと、常夜灯の明暗部に出た。バチがいればチャンスだ。明暗部を外さないようにキャストし、少し巻くと手元に魚の重みが乗った。アワセを入れるとドラグを鳴らして一気に下に走り、今度は一気に水面まで上がりエラ洗いを見せる。

次は岸壁沿いに走りだしたので、沖へシーバスを誘導して体力を奪う。少しずつ距離を詰めてネットに収めたのは、体高のある40cmオーバーのシーバスだった。

その後、反応がないので霞ケ浦ふ頭へ移動したが反応はないので、ジグヘッドリグに変更。熟成アクア活メバルミノー1.6inchにデルタマジックSV‐51の2.5gの組み合わせだ。うっすらとできた明暗部をスローのタダ巻きで探ると、反応が出て40cmオーバーのシーバスをキャッチ。

ロックフィッシュと遊ぶ

そして次は岸壁の際でロックフィッシュを狙ってみる。タイトに底まで落とし、リフト&フォールで探ると早速アタリが出て、小型のタケノコメバルをキャッチ。続けてタケノコメバルをもう一匹追加した。

タケノコメバル手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

少しずつ移動して探っていくと、フォール中に一気にロッドを曲がった。アワセを入れて岸壁に張りつかれないように強引にファイトして、キャッチしたのはカサゴだった。

ロックフィッシュも楽しい(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

45cmサイズアップ成功

その後は時間を空けたので、もう一度シーバス狙い。するとカウント5のレンジでヒット。一気に沖へと走る。この日一番の重量感だ。水面で抵抗も見せて寄せてくると、最後の抵抗と言わんばかりに岸壁沿いを走るが、ひるんだところで一気にランディング。キャッチしたのは、45cmオーバーのシーバスだった。

45cmクラスをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

ここで時間を見ると午後11時すぎ。ここでストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース中部版APC・戸田英明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年4月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post夜波止ルアー釣りで45cm頭にバチ抜けシーバス2匹 壁際で根魚も登場first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事