Yahoo! JAPAN

キャスティングサワラゲームで本命3匹にハマチは20匹超え 速巻きがキモ

TSURINEWS

速巻きで攻略したサワラ(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

東京湾をはじめとする湾内で、ボートからサワラを狙うサワラキャスティングが注目を集めている。今回は伊勢湾においてサワラキャスティングに行ってきたので報告する。

サワラキャスティング

サワラキャスティングとは、サワラをボートからキャスティングで狙う釣り。ナブラや鳥山のあるポイントへ行ってサワラを狙うため、とてもエキサイティングで人気がある。

タックルもガチガチの青物タックルを準備する必要はなく、ボートシーバス用のタックルでも問題ないため、気軽に楽しむことができる。

まるさ丸でサワラキャスティング

9月26日、楠漁港から出船する「まるさ丸」さんにお邪魔した。この日は天気予報が悪く、朝集合後に天気次第では解散になるかもしれないとの連絡を受けていたが、運良く出船することができた。

用意したタックルは、7.3ftのMLアクションのサワラキャスティング専用ロッドに、4000番ハイギアスピニングリール、ラインはPEラインの1.5号、リーダーはナイロンの30lbを使用した。

速巻き&ジャークでハマチ

5時半ごろに出船してポイントへ。まだまだ薄暗い時間帯からスタート。ピンテールサゴシチューンを遠投して着水させたらすぐに速巻きを開始。時折ジャークも入れながら広範囲を探っているとヒット。なかなかの引きで上がってきたのはハマチであった。40cm前後であったが、青物はよく引くため楽しめる。

その後船全体でハマチフィーバーが開始。友人もミノーの速巻きで入れ食い状態。その中で後ろの方に大物がヒット。ドラグを出しながらファイトして上がってきたのは本命サワラ。ミノーの速巻きで食ってきたという。

サワラ80cm超をキャッチ

自分もサワラを狙って速巻きを繰り返すと自分にもヒット。身切れしないようにドラグを出しながらファイトして無事キャッチ。80cmオーバーの大型サワラであった。

その後、ハマチの中に時折サワラが掛かるというパターンが続き、朝マヅメは終了。

80cm超のサワラをキャッチ(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

ミノーの速巻きで青物にスイッチ

朝マヅメが終わり、反応が薄くなったためポイント移動。鳥山はあるがナブラはない状況のポイントへ。ここでもミノーの速巻きで探ると、友人と2人だけで入れ食い状態。

いまいちスイッチの入っていない青物に対して、速巻きでスイッチを入れてバイトに持ち込むことができた。ここで友人もハマチに交じってサワラをキャッチ。活性が高い時も低い時も速巻きはよく釣れることを証明できた。その後青物の魚影がどこかへ消え、10時ごろ沖上がりとなった。

最終釣果

最終的に、私は80cmオーバーのサワラ3匹、友人もサワラ1匹、ハマチは二人で合わせて25匹釣ることができた。

爆釣を満喫(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

速巻きの重要性

サワラは速い動きに反応する性質があり、ヒットする層は中層から表層が多い。加えて、速巻きによってサワラカッター(サワラの歯によってリーダーが切られること)を防止することもできるため、サワラ狙いには速巻きが理にかなっているといえる。しかしただ速巻きすると言っても、タックルセッティングやルアーチョイスを間違えると快適な釣りはできない。それについて紹介する。

ルアー

ルアーは速巻きに対応したルアーを使うことが大前提となる。オススメはピンテールサゴシチューンや、ビッグバッカーアンチョピードといったミノーがオススメだ。メタルジグでも十分釣れるが、メタルジグはシルエットが小さい故にサワラは歯が鋭く飲み込まれて切られる可能性が高くなってしまう。そのため、特別ベイトが小さい時以外は、シルエットの大きなミノーを使うことをオススメする。

タックル

速巻きをする上で、タックルセッティングも重要である。リールはハイギア又はエクストラハイギアがおすすめ。また、ロッド、リールは比較的軽いものを使用することにより、速巻き時の疲れを軽減することができる。

まとめ

以上、サワラキャスティング釣行について執筆した。一度サワラを釣ると病み付きになる人が多数のサワラキャスティング。今からハイシーズンを迎えるサワラキャスティングにこれからも目が離せない。

サワラ3匹を手中(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

<古川竜也/TSURINEWSライター>

The postキャスティングサワラゲームで本命3匹にハマチは20匹超え 速巻きがキモfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事