Yahoo! JAPAN

故障しがちなランナーにはコレ! アルトラ史上汎用性最高の「リベラ」

価格.comマガジン

故障しがちなランナーにはコレ! アルトラ史上汎用性最高の「リベラ」

「アルトラ」は、元アメリカ合衆国代表の長距離ランナーで、当時ランニングショップのマネージャーだったK.ゴールデン・ハーパー氏の「ケガで走れなくなったランナーを再び走れるようにしたい!」という強い思いから誕生したランニングブランドだ。

2009年の創業以来、同社がリリースするシューズは、数多くのランナーに履かれ、「このシューズのおかげで故障しなくなった!」という者も少なくなく、ランニングシューズ業界において確固たるポジションを築くことに成功した。そんなアルトラのラインアップにおいて、その完成度の高さが評価されるのが「リベラ」だ。同ブランドがこれまでの歴史で培った数々の機能を1足に集結することで、より一層快適な走行性を実現。クセの少ないセッティングは、あらゆるタイプのランナーにマッチする。

アルトラ「RIVERA(リベラ)」の「MAJOLICA BLUE」カラー。公式サイト価格は、17600円(税込)

ヒールとつま先の比率が1:1の「バランスクッションシューズ」

かつてアルトラのシューズは、「ゼロドロップ」、すなわち踵(かかと)とつま先部分のソールの高低差がゼロの構造を特徴としていた。これは、人間が裸足で立っているのと同じ状態であり、この構造が故障の発生を防止する可能性があると標榜していたが、現在では「バランスクッション」とネーミングを改めている。

現在、他社のほとんどのランニングシューズは、地面からの距離が「ヒール:つま先=2:1」の比率を採用。結果、踵からの着地になりやすいのが特徴だ。いっぽうで、ヒール部分とつま先部分の比率が1:1のシューズは「バランスクッションシューズ」と呼ばれており、映像解析においても、アルトラのそれは、ランナーの故障の多くの原因とされる踵着地「ヒールストライク」を減らすうえ、さらに着地面積を広げるため、自然で正しい姿勢とアライメント(足の向き)をキープ。関節や腱(けん)にかける衝撃を、劇的に減らす効果があることが証明されている。

そんなアルトラのシューズだが、これまではシューズに対してマニアックな志向を持つ人々のための存在という印象が多少なりともあった。しかしながら今回紹介する「リベラ」は、一般的なランニングシューズからも違和感なく履き替えられるスペックと、アルトラならではの機能性を巧みに組み合わせている。

本モデル「リベラ」のミッドソールには、反発性の高い素材「Altra EGO(アルトラ イゴー)」を、アッパーには、軽量で快適な履き心地を実現するエンジニアードメッシュを採用。

反発性の高い「Altra EGO」をミッドソールに使用。この柔軟な素材は、着地時に衝撃を吸収し、その力を反発性能へと効率よく変換する
軽量で快適な履き心地を実現するエンジニアードメッシュアッパー

さらに、柔軟性とパフォーマンスを向上させる屈曲性能にすぐれた「InnerFlex(インナーフレックス)」ミッドソールテクノロジーや、人間の踵の自然な形を模倣して設計した「バイオヒール」により、踵からつま先へのスムーズな移行を可能にしている。

柔軟性とパフォーマンスを向上させる屈曲性能にすぐれた「InnerFlex」ミッドソールテクノロジーを採用

つまり本モデルは、毎日のトレーニングから週に1度のロングランやフルマラソンまで、すべてのロードランにマッチするプロダクトに仕上がっているわけだ。

アウトソールは、アスファルトやコンクリートといった舗装路で最高のグリップ性を発揮。いっぽう、公園などの土のサーフェスでも、ある程度対応してくれる

故障の発生が少ないのもうなずける高い機能性を実感!

「リベラ」を履いて実際に走ってみた!

筆者は、アルトラのシューズをこれまで10種類以上履いてきたが、いずれのプロダクトにおいても、裸足と同じ状態を提供する「バランスクッション」はもちろん、つま先を圧迫せず、自然な足指の状態をキープする「フットシェイプデザイン」の効果を強く感じてきた。今回履いた「リベラ」も、その特徴を継承しており、足を入れてみると、履き口から踵にかけての高いフィット感と、足指の自由さを巧みに両立させていることがわかった。

走り始めると、「Altra EGO」のミッドソールは、素材自体に粘りがあり、最近履いた同社の「エスカランテ レーサー」のものよりもソフトな感触。着地した際に、脚部をしっかりと守ってくれていると同時に、高い反発性能を有していることが理解できた。これにより、ペースアップした際のリアクションもスムーズだった。

踵とつま先の高低差がない「バランスクッション」の構造は、足の中足部から着地する「ミッドフットストライク」を自然とうながしてくれる。この着地法は、脚部全体で着地衝撃を緩和することが可能なので、故障の発生が少ないのもうなずける。また、よい意味でクセがない走り心地なので、従来のアルトラのシューズよりも、一般的なランニングシューズから履き替える際の違和感は少ないだろう。

日課の6kmランで3度履いたが、5分5秒~6分30秒/kmの幅広いペースに対応してくれたうえ、走った後の疲労感はかなり少なかった。先述の「エスカランテ レーサー」や、名作「ONE」といった薄めのミッドソールを有したアルトラのモデルと比べると、足の保護性能も高いと言えるだろう。

【まとめ】アルトラのランニングシューズの中で最も汎用性が高い1足

以上のように、アルトラの「リベラ」は、あらゆるレベル、さまざまなタイプのランナーが履いても快適な走行性能を提供してくれる1足であり、これまで同ブランドのシューズを履いたことのなかったランナーが最初に選ぶのに最適なプロダクトだと思う。

「バランスクッション」の構造は、さまざまな理由で故障を抱えてきたランナーの悩みを解消してくれる可能性があるし、「フットシェイプ」のラストは、外反母趾(がいはんぼし)を始めとした足の形状に起因する問題に悩まされているランナーにも対応してくれるだろう。

アルトラは、アメリカ市場では「ホカ オネオネ」や「オン」とともに新世代ブランドの代表として高いシェアを獲得しているブランドだが、日本では普及のスピードが2社に比べて遅れを取っている。その理由として、見た目のデザインや履き心地が独特なことがあげられると思うが、今回の「リベラ」は、着用感と走行感ともに、これまで履いたアルトラのモデルの中で、最も汎用性が高い1足だと思う。そのスタイリッシュなデザインと洗練されたカラーリングも、うれしい限り。

「リベラ」は、「これまでアルトラというブランドに興味はあったが、最終決断ができなかった……」、「どのシューズを履いても故障が発生した……」といったランナーに、ぜひともトライしてほしい1足である。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. \ファミマスイーツを食レポ♪/ほっこり甘いよ!お芋でポテトな秋フレーバースコーン!

    もぐナビニュース
  2. 【京都焼肉】ノンアル上等!名物ホルモン『ホソ』は肉好きなら常時食べたい「アジェ」

    キョウトピ
  3. 向井太一、自己愛をテーマにした新曲『Celebrate!』のMVプレミア公開決定

    SPICE
  4. びわ湖ホール「オペラへの招待」でプッチーニの隠れた名作『つばめ』を上演~指揮者 園田隆一郎に聞いた

    SPICE
  5. 「明治 ザ・チョコレート」に6種類の味が楽しめるアソートが登場!数量限定だよ。

    東京バーゲンマニア
  6. ガフガフお喋りが止まらないフレブルに「ご飯?」と聞いたら急に歯切れの良い返事がきた。【動画】

    French Bulldog Life
  7. 食卓を囲み家族と一緒にお食事する柴犬。違和感のなさとほのぼの感がすごい。【動画】

    柴犬ライフ
  8. 子猫を見つめる表情だけで泣ける…家族になった小さな命を慈しむゴールデンの姿に感動【動画】

    Retriever Life
  9. こだわりの一杯をいつでも気軽に♪京都で行きたいコーヒーのお店6選

    ことりっぷ
  10. 娘に打たせる?「子宮頸がんワクチン」無料接種、高校1年生は9月末がリミット!

    ママスタセレクト