Yahoo! JAPAN

三宮の「パイ山」跡(さんきたアモーレ広場)がほぼ完成形に。木も植えられてる

神戸ジャーナル

三宮の「パイ山」跡(さんきたアモーレ広場)がほぼ完成形に。木も植えられてる

阪急「神戸三宮駅」東口前の待ち合わせスポット「パイ山」跡が、ほぼ完成形になってました。神戸市中央区加納町4

通称「パイ山」と呼ばれた「さんきたアモーレ広場」は、長い間工事のため閉ざされていましたが、リニューアルして「ことし10月上旬」にオープンする予定です。

すでに工事は終盤になってまして、円盤のオブジェなどはほぼ作り終え「サンキタ通り」などと統一されたブロックを敷き詰める作業が行われてます。

木も植えられて、完成後の雰囲気がイメージできる状態に。

当初のデザイン図では、「丸」だった腰かけられるかんじのパーツは「半円」になってました。スペースが活用しやすいよう調整されたのかもしれません。

色はベージュではなくコンクリ色のままですが、これは今後化粧がされる可能性もあります。

ちょうど昼時だったので、作業の人が「円盤」のカゲで休んでました。いい日よけスポットになるみたい。

東側で行われていた「歩道」の拡張工事も済んでました。広場が完成してつながるとかなり広々しそうです。

「パイ山」時代からそびえ続ける石の彫刻「風の標識No.45」との一体感が、どんな感じになるかも気になるところ。

広場は「待ち合わせスポット」としてだけでなく「サンキタ通り」と一帯で「イベント」を催す場所にとも考えられてるので、「円盤」の思わぬ活用法などがあったりするのか楽しみです。

【関連記事】

おすすめの記事