Yahoo! JAPAN

鞍岳を眺めながら「くらだけカレー」を食べよう!旭志の「cafe and bar KURADAKE」

肥後ジャーナル

鞍岳を眺めながら「くらだけカレー」を食べよう!旭志の「cafe and bar KURADAKE」

菊池市旭志にある鞍岳を一望しながら、和牛の中でも高級品の和王をふんだんに使った「くらだけカレー」を食べられるお店「cafe and bar KURADAKE」。 自動車店の店主が営んでおり、店舗も自ら建てたという謎っぷり。そんな店主が作る和王たっぷりの「くらだけカレー」を薪ストーブのある店内で食べると最高でしたよ!

場所は道の駅旭志すぐ近く

「Cafe and bar KURADAKE」は菊池市と大津町をつなぐ国道325号沿い、旭志の道の駅すぐ近くにあります。 ここで、和牛をふんだんに使った「くらだけカレー」が食べられるそうです。

実はこのお店、お隣の自動車店の店主が今年、7月にはじめたお店。なんか前も自動車整備店が初めたカレー店がありましたが、流行ってるんでしょうか。

めっちゃオシャレな店内から鞍岳を一望

倉庫のような外観ですが、店内はめっちゃおしゃれ。 小さなライブステージまでありました。 実はこのお店、店主自ら3年かけて作り上げたもの。自動車整備が本業なのに大工仕事もプロ並みってどういうこと。

窓からは、鞍岳が一望できることから、店名や自慢の「くらだけカレー」の名前にもなったそう。 店主は「ただ、夏になると木が生い茂ってあんまり見えなくなっちゃうんですよね」と苦笑いされていました。

店内で特に目を引いたのが、この薪ストーブ。めちゃくちゃ暖かいだけではなく、メニューにはここで焼いた「焼きりんご」や「焼き芋」などもあるんですよ! すっごいテンション上がりますよね。

食事は「くらだけカレー」一択

食事は「くらだけカレー」の1品のみ。サラダとコーヒーのつくセットもあります。 他には、ドリンクやアルコール、スイーツがあるのですが、メニューをめくっていると

唐突に自動車のオイル交換。本業は自動車店。さすがです。

こちらが「くらだけカレーセット(税込1200円)」。食後にコーヒーが付きます。 カレーに1000円かー…と思ってしまうかも知れませんが、なにせこだわりがすごい。

だって、このお肉、和牛なんですよ。 しかも、黒毛和牛の中でも高級品の和王。簡単にいうと、めっちゃ良いお肉。 そんな高級品をカレーに入れて、じっくり煮込んであるので、旨味が染み出てるんです。 よく「具材が溶けるまで煮込みました」みたいなカレーもありますが、やっぱりゴロッと入っている方がテンション上がります。

ルーも熊本の地鶏から手間ひまかけて作ったブイヨンを使用。6種類のスパイスも入っており、一口含むと香ばしさが口の中に広がります。 ちょっとピリッとしつつも溶け出した和王の甘みも相まって、かなりいい味が出ています! なんなら、お米も店主のお母さん(80歳)が育てた自家製のお米で、めっちゃうまい。

店主の安武さんは「本業が料理人では無いので、手の抜きどころが分からず全力で作るしか無いんですよね」と笑いながら話してくれました。 日々、改良を重ね、少しずつ美味しさも増しているらしいですよ!

食後のコーヒーも「カレーの後のコーヒーが美味しくないと、台無しになる」とこだわりの豆を珈琲店から仕入れているそう。 確かにカレーの後のコーヒーって異様に美味しいですもんね。

こだわりのカレーをぜひ!

「くらだけカレー」は、カレーもお店もこだわり抜いたお店で、とても満足できました! 雰囲気も最高なので、カレーと一緒にゆっくりとした時間を満喫できますよ!

おすすめの記事