Yahoo! JAPAN

テニス全豪オープン開催中のメルボルン、世界最大級の路線網をもつ路面電車で行く

鉄道チャンネル

テニス4大大会のひとつでシーズン最初のグランドスラム 全豪オープンは、いまオーストラリア・メルボルンのメルボルン・パーク(Melbourne Park)「Australian Open Tennis Courts」で、熱戦のまっただなか。

そんなメルボルン・パークへは、メルボルンの鉄道ターミナルでオーストリア最初の鉄道駅として開業したランドマーク、フリンダース・ストリート駅(Flinders Street station)から歩いて15分ほど。

オーストラリア第2の都市、メルボルンの人たちのオアシス―――ヤラ川に沿って歩いていくのもいいし、世界最大の路線網を誇る路面電車「Yarra Trams」に乗っていくのも楽しい。

路線長250km、軌間1435mm、停留所数1763、24のルートを持つYarra Trams

この Yarra Trams は、路線長250km、軌間1435mm、停留所数1763、24のルートを持つ路面電車ネットワーク。

Yarra Tramsの車両は9形式。A-Class(1両、Comeng製)、B-Class(2両、Comeng製)、C-Class(3両、Alstom製)、C2-Class(5両、Alstom製)、D-Class(3両、Siemens製)、D2-Class(5両、Siemens製)、E-Class(5両、Bombardier Transportation製)、W-Class(Melbourne & MTB製)、Z-Class(1両、Comeng製)。

1950年代生まれの“W”と、2000年代の“D2”や“E”が同じレールの上を走っている。

こうしたバラエティに富んだ Yarra Trams に乗るには、日本の Suica などの交通系ICカードと同じように、電子マネーカード「myki」にチャージすることから。

自分が乗りたい電車がやってきたら手を上げ、電車がとまってドアが開いたら、ドア付近にある受信機にカードをタッチ。

乗車・降車を確認すると、運転士はクラクションを鳴らし、走り始める。

おもしろいのは、電車から降りるとき。たとえば、座席上に張られている紐を引っぱって、乗務員に「次の駅で降ります」と伝える。

―――次は各路線や在来線の電車に乗って、カフェやローカルへと、でかけてみよう。

<オーストラリアの旅>
https://tetsudo-ch.com/tag/australia
(※同シリーズの画像はすべて許可を得て撮影しています)

【関連記事】

おすすめの記事