Yahoo! JAPAN

『飼い主を踏みつける』猫が考えていること4つ

ねこちゃんホンポ

1.あいさつ

通りすがりに飼い主さんにあいさつをするくらいの気持ちで踏みつけることがあるようです。

猫は飼い主さんに用事はないので、飼い主さんを踏みつけてあいさつをしたらどこかへ行ってしまったり、猫に声をかけても特に反応もなかったりします。

2.お願いがある

お腹が空いた、トイレをきれいにして、遊ぼう、自分を見てほしいなど、飼い主さんにしてほしいことがあるときに踏みつけてアピールしている場合があります。

お願いするときの方法は猫によって違いがありますが、飼い主さんを踏みつけたときに、たまたま飼い主さんがすぐに対応してくれたことを覚えていたのかもしれません。

自分に注目してほしいのに、飼い主さんがテレビや新聞などを見ていて相手にしてもらえないときに、わざと飼い主さんを踏みつける猫もいます。

3.スキンシップ、愛情表現

飼い主さんを踏みつけたら飼い主さんがどんな反応をするのか猫が確かめている可能性があります。

もしくは、子猫が母猫にじゃれているような気持ちで飼い主さんとのスキンシップを楽しんだり、愛情表現をしているのかもしれません。

猫は基本的に単独で生活する動物なので、飼い主さんを踏むのはそれだけ信頼しているということでしょう。

4.特に考えていない

飼い主さんを踏みつけているという感覚が猫にない場合もあります。自分が立ちたい場所にたまたま飼い主さんがいた場合や、近道だから飼い主さんを踏んで通ったというだけなのかもしれません。

猫の夜の運動会などテンションが高くなってしまった場合は、飼い主さんの存在を忘れて踏みつけて走り回ってしまう猫もいます。

ちょっと高い所に乗りたいときは、飼い主さんを踏み台にしてジャンプすることもあるんです。

また、普段は飼い主さんを踏みつけたりしないのに、飼い主さんの布団に入って寝るときだけなぜか飼い主さんを踏みつけて歩くという猫がいます。

我が家の猫も夜寝るときに布団の上に乗るのですが、そのときだけはなぜか私を踏みつけて歩いて行きます。

ただ近道だったからなど特別な理由がなく猫が飼い主さんを踏みつけていたとしても、猫は意地悪でしているわけではありません。

なるべくエネルギーを使わないで行動するという猫らしい行動ですよね。

まとめ

猫が飼い主さんを踏みつけるとき、あいさつ、お願いを聞いてほしいアピール、飼い主さんへの愛情表現をしようと猫は考えています。

中には特別なことは考えておらず、近道をしようとして飼い主さんを踏みつけたり、ジャンプ台にしたりしている猫もいます。

もし愛猫が飼い主さんを踏みつけたら、そのとき猫が何を考えているのか想像してみると面白いかもしれませんね。

【関連記事】

おすすめの記事