Yahoo! JAPAN

工作・体験楽しむ 「ぱうわう」に約150人来場〈川崎市麻生区〉

タウンニュース

工作を楽しむ子どもたち=主催者提供

精神科医がプロデュースする就労支援事業所「カフェぱうわう」(白鳥)で4月30日、イベント「ぱうわうパーク」が開催された。子どもたちを中心に約150人が訪れ、工作体験などを楽しんだ。

同イベントは、同カフェを運営する合同会社朋有我有(ぱうわう)の主催、(株)SOERUTEが運営する「みんなで支え合い広場」の協力で初めて行われた。

地域のさまざまな団体が参加して、紙切り体験などの企画からオーガニック食材をお手頃価格で提供。地域団体「あさおのSDGs」による、ペットボトルのフタを溶かしてブローチをつくるワークショップでは子どもたちが工作を楽しんでいた。朋有我有のスタッフは「子どもたちが主役となり、楽しんでくれていた。地域と一緒に開催できて良かった。秋ごろに開催を検討したい」と今後に意欲を見せた。

【関連記事】

おすすめの記事