Yahoo! JAPAN

高橋ひかる、今年一番ワクワクは「オードリーのANN出演」

ナリナリドットコム

オスカープロモーションは12月2日、毎年恒例の「新春晴れ着お披露目」を実施。2021年に向け、大きく活躍が期待されるフレッシュな9名(小芝風花、吉本実憂、高橋ひかる、本田望結、井頭愛海、尾碕真花、井本彩花、宮本茉由、本田紗来)が、伝統的な和の美となる晴れ着姿をお披露目した。その中の一人、モデルで女優の高橋ひかる(19歳)がインタビューに答えた。

まず、2020年について、どのような1年だったかをたずねられると、「好きなことを表現したり発信した挑戦の一年でした」と答え、今年一番嬉しかったことは「たくさん嬉しいことがあったので1番を決めるのが難しいですが、ワクワクしたのはオードリーさんの『オードリーのオールナイトニッポン』に出させていただいたことです」と、今年9月に出演し、大きな反響を呼んだ同ラジオ番組への出演を挙げた。

そんな2020年を漢字1文字に例えると、「感」なのだそう。高橋は「感情をありのままに表現したり嬉しさのあまり感動したりと、感情をたくさん働かせた1年だったからです」とその理由を説明する。

コロナ禍により、例年とは異なる一年となった2020年。ステイホーム期間中は「普段なかなか話すタイミングのない友人とゲームや電話をしたりラジオを聞いたり料理をしたりのんびり過ごしました」と振り返り、今年、自分のことで気付いたことを聞かれると、「いろんな事を勉強したり経験するのも大事ですが、何も考えない時間や何も生まないけど自分を癒してくれるちょっとした空白の時間が大事だなと感じました」と語る。

2021年は「今年挑戦した事を伸ばしていきたいです」といい、具体的には「ラジオやYouTubeなど、自分の発信の場も大事にしていきたいですし、20歳になる年なのでいろんなことへの悪い恐れを取っ払って成長したいです」と意気込みを語った。

☆晴れ着について

高橋の晴れ着は、白地にきれいなパープルのぼかしが着る人を上品に優雅に見せる振袖。松竹梅の吉祥文様と、可愛らしい配色で表現した。ポイントの金駒刺繍が豪華さを演出している。

この晴れ着について高橋は「いままで挑戦した事のないような胸元には白がきていて、下には葡萄っぽい淡い紫色で。すごく華やかで豪華なのに可愛くて、着ているだけで気持ちがワクワクします。胸元にも金が入っていて、すごく統一があって、華やかなデザインの中、可愛らしさもあって、本当に大好きな晴れ着になりました」と感想を語った。

【関連記事】

おすすめの記事