Yahoo! JAPAN

有沙(馬場ふみか)の望まぬお見合いをめぐる波乱の展開!<『やんごとなき一族』第5話完全版>

フジテレビュー!!

『やんごとなき一族』第5話完全版

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、圭一(石橋凌)から命じられたレストラン招聘の手柄を兄夫婦・明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)に奪われたものの、佐都たちを気に入ったマダムキリコ(長谷川京子)の協力により、なんとか窮地を脱した。

しかし、そんな2人に、新たな問題が襲いかかる。深山家の末っ子・有沙(馬場ふみか)に見合い話が持ち上がったのだ。

相手は、貿易会社の御曹司・香川友貴(森田甘路)。佐都は仲人の根岸(田山涼成)から圭一への取りなしを頼まれていたが、うっかり忘れていた。有沙はそんな佐都を責め立てる。

健太は、「家の繋がりを重要視する圭一なら、この縁談にはのらないだろう」と有沙を慰めた。ところが、見合いの席で香川家が国土交通省と繋がりを持つと耳にした途端、圭一の目の色が変わり縁談を受けてしまう。

佐都は、健太と義母・久美(木村多江)とともに、有沙の縁談を考え直すよう圭一を説得するが、圭一は聞く耳を持たない。その上、圭一は有沙を部屋に閉じ込めておくよう厳命する。

困り果てた佐都と健太は、有沙との縁談を断ってもらうよう香川に直接頼み込む。しかし、香川は有沙に一目惚れしたと大乗り気。

その後、2人が家に戻ると、有沙が姿を消していた。自分を捜すなというメッセージを最後に、有沙との連絡もつかなくなる。

離れに戻った健太が有沙の留守電に「力になりたい」と伝言を残すと、電話がかかって来た。

佐都と健太は、有沙に知らされたアパートに行く。すると、有沙が出迎えた。だが、部屋の中には若い男が。

有沙は佐都たちに、1年前から交際している植木職人の中島俊也(葉山奨之)だと紹介。佐都たちは2人に協力すると申し出る。

心配する久美に佐都たちが有沙の居場所を教えられぬまま数日が過ぎた。

美保子は、「有沙が姿を消した時に、屋敷付近で目撃された車の持ち主が判明した」と圭一に報告。そのうち1台は俊也が働く「鏑木造園」の車だった。

佐都たちは焦るが、圭一は「有沙とは関係ない車か」と言う。また、明人は圭一に「有沙の失踪が世間に噂され始めている」と伝えた。

佐都と健太は、やはり有沙の縁談を断るよう圭一に言うが、納得させることができない。しかし、そこに香川が来る。

有沙をデートに誘いに来たと言う香川に、久美が丁寧に誤魔化して引き取らせた。このままでは深山家のスキャンダルに発展してしまう。そんな状況に、圭一も「縁談を断る」と告げた。

佐都と健太は、有沙に香川との破談を報告。俊也も一緒に祝杯をあげていると、有沙は佐都たち夫婦の幸せを羨む。佐都は、有沙たちも自分たちのようになれると請け合った。

すると、有沙はもう深山家には戻らず「俊也と結婚する」と言う。自分の幸せのために結婚すると言う有沙を佐都たちも応援。俊也も有沙に幸せを誓った。

佐都は有沙と一緒に、結婚生活用品を買いに行く。帰り道、有沙は「これまで意地悪をして悪かった」と佐都に謝った。

深山家に生まれた宿命を受け入れようとしていたが、「思うように生きようとする佐都さんとお兄ちゃんが羨ましかった」と有沙は言う。佐都は再び有沙の幸せを保証するが…。

俊也のアパートに戻ると、美保子と明人がいるではないか。美保子は俊也が「有沙と別れると言っている」と告げる。俊也の目の前には手切金の札束が積まれていた。美保子と明人は金と脅しで、俊也に有沙をあきらめさせたのだ。

有沙は幸せを誓ったはずの俊也に翻意を迫る。だが、俊也は有沙に謝ることしかできなかった。

有沙は、圭一の前に引きずり出される。佐都から連絡を受けた健太が戻ると、圭一は2人に「破談は、有沙を連れ戻すための嘘だった」と、こともなげに伝えた。

そして、圭一は明人と美保子に有沙の結婚準備を申し付ける。圭一たちが出ていくと、佐都と健太は自分たちのせいで居場所が見つかってしまったと有沙に謝る。謝罪を受けた有沙は、お金で翻意した俊也の態度に激しく落胆した様子だったが、空元気で「香川家に嫁に行く」と言い去っていく。

有沙の幸せを願う佐都と健太は、別々に行動を起こす。

佐都は圭一にもう一度話を。「家族の幸せこそが、その家の幸せではないか」と佐都は訴えた。しかし、圭一に佐都の言葉は届かない。そんな圭一に、佐都は土下座する。

と、そこに有沙が現れて佐都を止めた。そして、有沙は圭一に「香川家に嫁いで絶対に幸せになってやる」と吐き捨てる。

その頃、健太は香川に会っていた。「有沙を不幸にしたら絶対に許さない」と言う健太は、「よろしく頼む」と香川に土下座をした。

佐都と2人きりになった有沙は、自分を思ってくれたことに礼を言う。「それがわかっただけでも幸せな気がする」と告げる有沙は、佐都を「お義姉さん」と呼んだ。

その後、佐都は久美と話す。「子どもたちを守ることができなかった」と悔いる久美を佐都は否定。深山家で独りで戦って来た勇気を讃える。

そんな佐都に、久美は「深山家を変えてほしい」と頼む。「私たちが深山家を変えてみせます」と誓う佐都を帰宅した健太が見つめていた。

【関連記事】

おすすめの記事