Yahoo! JAPAN

コンテンポラリーダンスで「今」を表現した4つのソロ作品『Solos(ソロス)』

muto

SnC 主催 第 7 回公演『Solos(ソロス)』

福岡市博多区祇園の「ぽんプラザホール」にて、12月25日(土)・26日(日)の2日間、SnC主催第7回公演『Solos(ソロス)』が上演されます。

同公演は、コロナ禍で創作すること、身体と踊りとはそもそも何か、を見つめ直し、そこから浮かび上がる課題と向き合い、生産と消費・循環性・歴史・変化をテーマに据えた4作品で構成。

ソロダンサーから観客一人ひとりへ問いかけられる、日々のうつろい、循環、社会の変化、未来とは。
ラディカルな視点を持った表現者たちが踊る、4つの「今」。

​​『惑星』

ミヒャエル・エンデの⼩説を演出の軸に、社会の「逃れられない変化」が舞台に現れる。
出演:東福寺弘奈
作曲:宮本 真理
(上演時間 10分)

『静寂は怒る』

八木重吉の詩「静寂は怒る。みよ、蒼穹の怒りを」に強い感銘を受け、当たり前にある「循環するもの/しないもの」を浮かび上がらせる。
出演:⼤島匡史朗
作曲:宮本 真理
(上演時間 16分)

撮影:Yuval Moyal

『Vanitas』

⽣産と消費の「日々のうつろい」を、⽇本における⽣産社会から消費社会への移⾏という社会的な流れから感じとった作品。
出演:福田沙織
作曲・アレンジ:マツミシンノスケ
(上演時間 16分)

『ミルク』

福岡のバレエ界を率いてきた人々を回顧し、「積み重なるもの」をテーマに、未来へバトンを渡す。
出演:平⽥智⾹⼦
作曲:未定
(上演時間 15〜20分)

プロローグ/ごあいさつ

※踊りとは何でしょう。身体とは一体。

社会とは。変化とは。私たちとは。私自身とは。

SnC代表 大島は、作品に取り組む時、こういったそもそもの問いからはじめます。

この公演ではそれぞれ/全ての問いに応えるように作品が提起されます。踊りという手段を用いて。

問いから産まれた作品。それらは一つの答えであり、新たな問いでもあり、舞台の上に現れた途端、消えてなくなります。あなたはその一瞬をどう捉えるのでしょう。

​この公演を共に作り上げてくれている皆様に感謝を。これからお客様へ届くことで完成される作品たちに希望を。そして、1人でも多くのあなたに、必要であった時間が届くことを願って、SnCは、Solosを開催いたします。

近くもあり、相反するかのようでもある、この4つの社会的・抽象的・詩的な瞬間が、「舞踊」という手 段を用いて表現される意欲作です。ぜひ会場にて、コンテンポラリーダンスの魅惑的な世界に触れてください!

SnC主催第7回公演 『Solos(ソロス)』
[日時]
2021年12月25日(土)14:00 開演(終演後、トークあり)
2021年12月26日(日)13:00 開演/17:00 開演

[会場]
ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町 8-3)

振付・構成・演出 大島匡史朗
出演 大島匡史朗、平田智香子、福田沙織、東福寺弘奈

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. エリザベス女王、サンドリンガムの私邸に移動 夫との思い出深いコテージに滞在

    Techinsight
  2. ゲームの邪魔をしてくるネッコ♡可愛いが過ぎる【悶絶必至】

    ねこちゃんホンポ
  3. YOASOBI、初のライブ映像作品集『THE FILM』リリース決定 『情熱大陸』出演回も収録

    SPICE
  4. THE RAMPAGE・浦川翔平、デビュー5周年を回顧「16人で険しい道を乗り越えて…」

    フジテレビュー!!
  5. 「子どもに夢を与える舞台を」沖芸大琉球芸能専攻OB会が30日公演

    HUB沖縄
  6. 2022年1月5日オープン Italian バール ne?

    京都速報
  7. MONDO GROSSO、Black Boboiのermhoiをボーカルに迎えた「FORGOTTEN」先行配信

    SPICE
  8. THE RAMPAGEデビュー5周年!“世界進出”への野望「令和の世代を引っ張っていく飛躍の年に」(陣)

    フジテレビュー!!
  9. 丹生明里(日向坂46)[イベントレポート]声優初挑戦への想いを語る「エンドロールで自分の名前が出てきた時は、思わずウルっときてしまいました」劇場版『DEEMO サクラノオト - あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会より

    Pop’n’Roll
  10. 両肩にクモの巣のタトゥーを入れた女性、「魚のエラ」に見えるとショック隠せず(米)

    Techinsight