Yahoo! JAPAN

通いたい!思わずホッとするレトロなパンとクッキーの店「コッペ」~宮城野区東仙台~

宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ

こんにちは!ライターのすずき・ちえです。
今回は、仙台市宮城野区にあるパンとクッキーのお店「コッペ」を紹介します。

私が「コッペ」と出会ったのは、仙台市内中心部でのイベント出店でした。

以前から「パンとクッキーが美味しいお店」と聞いていたので、見つけた時は嬉しくて、思わず駆け寄ってしまいました。

クッキーを食べてみると、素朴な優しい味で思わずホッとするような、懐かしさを感じました。残念ながらこの日購入したのはクッキーのみ。パンも食べたいと思っていたところ…週3回「やきたてパンの日」があるということを知り、お店に行ってみました。

東仙台駅から歩いて10分、スタッフの笑顔があふれる「コッペ」

JR東仙台駅から、仙台方面へ歩いて10 分。

住宅地の中のビルの1階に「特定非営利活動法人麦の会」が運営する、パンとクッキーの店「コッペ」があります。

通りに面した店舗の前には、3台分の駐車スペースがあります。店で売られているパンとクッキーは、建物内の工房で作られています。

中に入ると、パンの香ばしい香りが。「いらっしゃいませ」と、スタッフの明るい声が響きます。

クッキー選びで迷っていると、スタッフさんが声をかけてくれました。おすすめを教えてもらいながらのお買い物。心温まる接客に思わず、気持ちがほぐれます。

さて、「コッペ」は、どんなお店なのでしょうか?
創業メンバーの一人であり、現在は代表を務める飯嶋茂さんにお話を伺いました。

開業して30年の“町のパン屋さん”

コッペは「国産小麦で作るパンとクッキーの店」がキャッチフレーズのお店です。

開業は1988年。「障がいがある人もない人も一緒に働いているパン屋さん」としてスタートし、30年以上が経ちました。

取材中にも、近所の人たちがひっきりなしにパンを買いに来る姿があり、「町のパン屋さん」として親しまれている様子がうかがえました。

遠方から車で買いに来る人や注文(電話・FAX・E-mail)する人も多いのだとか。

看板商品は、店併設の工房で作られたパンとクッキーです。
パンは30種類(季節により変動あり)クッキーはおよそ20種類あります。 

「国産小麦で作るパンとクッキーの店」というお店のキャッチフレーズのとおり、主の材料となる小麦は、主に岩手県産の南部小麦を使っているそうです。

他にも、種子島のサトウキビから作った砂糖、遺伝子組み換えされていないマーガリンなど、「できるだけ安全で、安心して口にできる材料を使っています」と飯嶋さんは話します。

コッペの営業日は月曜日から金曜日で、クッキーはいつでも購入できます。
そして週3回のお楽しみが「やきたてパンの日」火・木・金曜日は、工房で焼いたばかりのパンを買うことができます!

取材にうかがったのは、「やきたてパンの日」の金曜日のお昼頃でした。

パンの香りに包まれた店内には、すでに「食パン」「メロンパン」「ウインナーパン」など、なじみ深いパンが勢ぞろい

焼き上がりは10時30分頃からで、11時30分には、ほとんどの商品がお店に並ぶとのことでした。

クッキーは、「プレーン」「紅茶」「ココア」などの種類があります。

特筆すべきは、地元食材とのコラボ商品です。

・気仙沼産の桑茶パウダーを使った「桑茶(くわちゃ)クッキー」
・山元町産のイチゴパウダーを使った「いちごクッキー」
・仙台市の老舗珈琲店「珈巣多夢(かすたむ)」焙煎のコーヒー豆を使った「コーヒークッキー」などです。

いずれも「宮城県ゆかりの材料を使ったクッキーを作り、地元を盛り上げたい」という想いから生まれたものだそう。

「食パンと桑茶クッキー、いただきます♪」

この日は、代表・飯嶋さんのおススメのパン「食パン」と、取材の中で、お話に出てきた「桑茶クッキー」を食べてみました。(※価格は全て税込み・2021年5月現在)

「食パン」(1斤・265円)

袋を開けると焼き上がりのパンのいい香りが溢れ、幸せな気分になります。

チーズをのせて焼いてみました。
しっかりとした食感で、かみしめているとより強く小麦の風味を感じます。

「桑茶クッキー」(350円)

口に入れると、桑茶のほのかな苦みと砂糖の甘みが広がります。

子どもの頃に食べた、手作りクッキーを思い起こさせるような懐かしい気持ちになりました。

また、「色々な味のクッキーを試してみたい」という方には、「ミックス」がおすすめです。

「ミックス」(350円)

(上)桑茶クッキー(下)ミックスクッキー

「ごま」「ココナッツ」「紅茶」など数種類の詰め合わせです。(※「桑茶」は入っていません)

まずはミックスで色々な味を楽しみながら、好みの味を見つけるのも良いかもしれません。

イベント出店情報

コッペでは、昨年から「福の市」というイベントに出店しています。

「福の市」は、宮城県内の障がい者福祉事業所で作られた野菜や豆腐、手芸品などの合同販売会です。
コロナ禍で出張販売が見合わせになったことを機に仙台市内各地で行われるようになり、毎回最大で20店舗ほどが出店しています。

直近の予定はこちら。

「市民広場福の市」

日時:6月27日(日)10時30分から14時30分

会場:勾当台公園市民広場

(共催:福の市実行委員会・きょうされん宮城支部 後援:仙台市)

 

また、出店情報は随時、コッペのFacebookページにアップされています。

ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

国産小麦で作るパンとクッキーの店「コッペ」

営業時間:10時30分~16時
定休日:土・日
駐車場:3台
住所:仙台市宮城野区松岡町17-1
TEL・FAX:(022)299-1279

E-mail:muginokai@k5.dion.ne.jp
URL:https://www.muginokai-koppe.com(「麦の会コッペ」で検索)
Facebook:@特定非営利活動法人麦の会コッペ

投稿 通いたい!思わずホッとするレトロなパンとクッキーの店「コッペ」~宮城野区東仙台~ は せんだいマチプラ に最初に表示されました。

おすすめの記事