Yahoo! JAPAN

【コーヒー用クリームの選び方】植物性と動物性どちらがいい?

特選街web

Getty Images

あっさりめのコーヒーには、植物油に粘度を持たせた植物性クリームが合う。一方、濃いめのコーヒーには、乳脂肪を原料にする動物性クリームがいいだろう。コーヒーの濃さや使い勝手に合わせて選ぶことをおすすめする。

回答者
川口雅也講師
・UCCコーヒーアドバイザー
・UCCコーヒー抽出士
・UCCコーヒー鑑定士
・(ブラジル)コーヒー鑑定士
・(アメリカ)CQI認定Qアラビカグレーダー

クリームや砂糖を使う場合は、どんなタイプを選ぶのがおすすめ?

コーヒー用クリームには植物油に粘度を持たせた植物性クリームと、乳脂肪を原料にする動物性クリームがあります。あっさりめのコーヒーには前者が、濃いめのコーヒーには後者が合うといわれています。

クリームと同様にミルクも、コーヒーのタイプに合わせて乳脂肪分を選ぶといいでしょう。

クリームは上手に使えばコーヒーの味を引き立たせてくれる。濃いめのコーヒーには動物性がおすすめだ。

砂糖は、一般的なグラニュー糖が使い勝手もよくおすすめです。味にクセがないので、コーヒーの味を引き立ててくれるでしょう。

グラニュー糖はさらさらで溶けやすく、コーヒーの風味を損なわない。スティックタイプなど使い勝手もいい。

Answer
コーヒーの濃さや使い勝手に合わせて選びましょう

■イラスト 田村 梓(ten-bin)
※この記事は『自宅で楽しむおいしい珈琲の淹れ方』(マキノ出版)に掲載されています。

【関連記事】

おすすめの記事