Yahoo! JAPAN

イタリアンシェフが作る“春の桜ボックス”を持ってお花見へ ナポリピザとイタリア惣菜「ピザの樹 Nocciola」神戸市垂水区

Kiss

「ピッコロランチ」980円、オレンジジュース(炭酸)385円 ※ピザは本日のピッツァ「しらすと菜の花」

つつじが丘(神戸市垂水区)の閑静な住宅街にある「つつじが丘ショッピングセンター」。その一角に昨年11月にオープンした、本格ナポリピザ&イタリア惣菜&焼き菓子がテイクアウトできる人気のお店「ピザの樹 Nocciola(ノッチオーラ)」を訪れました。

「自宅でもレストランの味を楽しんでほしい!」というシェフの思いから始まった同店。海外ではドイツやスイス、国内では北野や塩屋のレストランで、長年腕を磨いてきたシェフのセンスが光る料理の数々が、テイクアウト、イートインどちらでも楽しめます。
イートインでは、「マルゲリータ」「フンギ」「本日のピッツァ」など6種から選べるピザと、前菜ミニサラダがセットになった「ピッコロランチ」(880円〜)がおすすめ。ドリンクは、コーヒーやグラスワインはもちろん、「アランチャータ・ロッサ」という珍しいイタリア産オレンジジュースも楽しめます。思わず写真に撮りたくなるようなお洒落なボトルに入った微炭酸のオレンジジュースは、これからの季節にぴったりですね。

今回は、本日のピッツァ「しらすと菜の花」のセットをいただきました。丸一日低温熟成させた生地を、店内の石窯で500℃の高温で焼き上げたピザは、もっちりふわふわ!菜の花とカリッとした食感のしらすが、春の訪れを感じさせてくれます。

「前菜盛り合わせ」880円」


シェフ自慢の前菜の数々を味わえるのが「前菜盛り合わせ」。中でも、低温で1時間20分じっくり焼き上げた「パテ ド カンパーニュ」は、肉の旨味がギュッと詰まった風味豊かな一品。最後にレバーの香りがほのかに広がる上質な大人の味わいです。

また、日本では珍しい、牛の胃袋・ハチノスをトマトソースで煮込んだイタリアの定番料理「トリッパ」も。丁寧に下処理をしたハチノスは臭みがなく、今までのトリッパのイメージが変わる美味しさです。

「前菜盛り合わせ」2人前3240円~(テイクアウト用、要予約) ※写真は2人前


そして、来店した誰もが「これが2人前3000円(税抜き)!?」と、そのボリュームに驚くのが、シェフが時間と手間をかけて一品一品作り上げた10種以上の前菜が詰め込まれた、テイクアウト用の「前菜盛り合わせ」。

内容はお任せですが、パテ ド カンパーニュやローストポーク、キッシュ、野菜のアラビアータなど、「Nocciola」の前菜を心ゆくまで堪能できるお得な盛り合わせです。3人前(4320円)、4人前(5400円)のオーダーもOK。そのボリュームと華やかさに思わず予約したくなります。

「春の桜ボックス」950円(テイクアウト用、平日限定、要予約)


お花見やピクニックにはこちら「春の桜ボックス」。自家製の熟成生地で作った3種のパニーニとアンティパストが詰め込まれた春爛漫のランチボックスです。今回のパニーニは、ローストビーフとポテトサラダ、エスニックなエビアボカド、野菜のアラビアータと、それぞれ全く異なる味わいで食べる人を飽きさせません。GW前までの期間限定販売なので早めの予約を(平日のみ)。

「季節のノッチオーラ」540円


ピザや総菜だけでなく、スイーツもぜひ。店名にもなっている「季節のノッチオーラ」は、ヘーゼルナッツ、アーモンドプードル、リコッタチーズの生地に、季節のフルーツがたっぷりのったお店の看板スイーツ。大粒のヘーゼルナッツが入ったザクッとした食感の生地に苺がのった、春のノッチオーラです。

夏はマスカット、秋には柿など旬のフルーツが楽しめるそうなので、季節ごとに異なる味を楽しみたいですね。ほかにも「ショコラクラシック」「フルーツのパンナコッタ」など、この日は売り切れてしまったスイーツもいつか食べてみたい!

どの料理にも、ひと手間掛けた奥深い味わいが感じられる「Nocciola」。レストランの本格的な味をそのままテイクアウトできる新しいお店を見つけました。

惣菜は単品での購入も可能。ピザやパテ ド カンパーニュは冷凍でも販売しているので、買い置きもできます。インスタグラムには、ピザのテイクアウトメニューや新しいイタリアン惣菜も掲載されているので、電話やDMで注文の際にはぜひチェックを。

【関連記事】

おすすめの記事