Yahoo! JAPAN

赤坂の繁華街で上司は言った。「マックでいいんじゃね?」

さんたつ

五反田の本社から品川に派遣され、できもしないシステムエンジニアの真似事をやっていた時期、とにかく仕事に行くのが嫌で仕方なかった。職場のビルに火災が発生したり、爆破予告が行われたりして休みになればいいのに、と不謹慎なことを毎晩夢想していた。 “公園やパチンコ屋でサボっている営業職の話”を仕事中にこっそりネットで読み、心から羨ましく思った。派遣先に常駐させられている私にできる精一杯のサボりは、そうしたネットのくだらない記事を小さなウインドウで盗み見したり、喫煙所に行く回数を増やすことくらいだった。 しかし稀に、公然と社外に出て上司からの監視を逃れられるイベントがある。その一つが健康診断だ。溜池山王にある健診センターに出向き、小一時間ほどの健診を受ける。年に一度の大イベントだ。 数日前から待ち望んでいた健康診断。午後からの健診ならそのまま直帰できる可能性も高かったが、午前の健診に振り分けられた私は、終了後再び品川に戻ることを命じられ落胆した。それでも、数時間職場から離れられるのはありがたかった。昼メシや帰り道にできるだけ時間をかけて帰社時間を遅らせれば、ほとんど働かずに家に帰れるかもしれない。 小学校の遠足より楽しみにしていた健康診断当日。出社していくつかメールを返したりプログラムのコードを眺めたりしているうちに溜池山王へ向かう時間が来た。仲が良かった同期も同じ午前の健診だった。席まで迎えに来てくれた同期と一緒に、浮き足立ったテンションで会社を出て駅へ向かう。 しかし健康診断は、流れ作業のように、あっという間に終わった。始まってまだ30分しか経っていない。効率化が徹底されている。もっと無駄に並ばせたり、ダラダラやってくれてもよかったのに……。 さて、ここからが私の技術の見せどころ。できるだけゆっくりとランチをし、できるだけチンタラ歩いて品川へ戻ることにしよう。

上司との不幸な出会い

同期と測ったばかりの身長や体重を教え合い、さあ、何を食べに行こうかと盛り上がっていた時、少し遅れて健診を終えた上司2人に会ってしまった。2人のうち片方とは以前同じ現場になったことがあった。ただただ私の仕事のできなさにイライラしていた上司だ。もう一人は同じ現場になったことはなかったが、クールで取っ付きにくそうな印象の上司。私はそう思わなかったが、私含めパッとしない見た目の人が多い我が社の中ではイケメンキャラで通っていた。

とりあえず、2人とも腹を割って話せるような仲ではない。しかし「俺らも終わったから昼メシいこうぜ」と言う上司の誘いを断る理由は思い浮かばなかった。仕事中の数少ない楽しみである昼メシの時間、しかも知らない街で仲のいい同期とランチができる貴重な機会。そこに気遣いを強いられる上司が加わるのは煩わしかった。

赤坂方面に歩くと、美味そうな中華料理やラーメン屋がたくさんある。「あそこいいんじゃないすか?」「定食もいいっすね!」と数度意見を出すも、なぜか上司たちは気乗りしない様子。その時クールな方の上司が「もうマックでいいんじゃね?」などとのたまった。

マック? いや、マックでいいわけないだろ。こんな滅多に来ない街にきて、マックとそう値段の変わらない美味そうな店がたくさんあるのに、わざわざマックを選択する精神が私にはわからない。しかもマックはファストフードの王様なんだから、帰社時間が早まってしまうではないか。

仕事ができない分、極力波風を立てないことを心がけている私でもさすがに今回の上司の意見は承服しがたかった。「せっかくだから別の店の方がよくないですか?」と軽く反論するも、上司の意志は意外と固い。そのうちもう一人の上司もマックに賛成し、発言力を持たぬ部下たちは泣く泣く後ろをついて行く羽目になったのである。

せめてもの慰めとして、当時新商品だったクォーターパウンダーを頼んだ。しかし今まで食べてきたマック商品との違いは大して感じられず、それ以前に半ば強制的にマックに連れて来られた怒りで味が頭に入って来なかった。

上司たちと最近の仕事内容や他の現場の話、IT資格の話などをしたが、まるで興味が湧いてこない。この人たちはいつも昼メシの時にこんな話をしているのか。同期と2人だけなら、もっと仕事と関係のない下衆い話ができるのに。

メシに興味がない人たち

しつこいようだが、どんな生き方をして来たら赤坂の繁華街を前に「マックでいいんじゃね?」などと言えるのか。メシに興味がないことがかっこいいとでも思っているのか。いや、実際彼らはその選択がストイックでかっこいいと思っているように見えた。食べ終わってタバコを吹かしている間も、彼らの見当違いの男らしさ観や貧しい好奇心、さらにはクールな方の上司のサラサラとした前髪が風になびいていることにすらイラついてしようがなかった。結局、上司のせいで必要以上にスムーズに食事が終わり、帰りに寄り道もできず、私は思い描いていた時間よりもかなり早く品川の現場に帰ることになってしまったのだった。

マックが悪いわけではない。今でもたまに一人でマックに行くことはある。しかしあの日以来、メシに全く好奇心を持たぬ人とは分かり合えないと思うようになった。

文=吉田靖直 撮影=鈴木愛子
『散歩の達人』2021年8月号より

吉田靖直
ロックアーティスト、文筆家
1987年、香川県生まれ。早稲田大学在学中に結成したトリプルファイヤーのボーカル。著書に『ここに来るまで忘れてた。』(交通新聞社)『持ってこなかった男』(双葉社)がある。https://triplefirefirefire.tumblr.com/

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. かっぱ寿司だけの「和のまぜそば」新登場 台湾まぜそば「麺屋こころ」完全監修

    おたくま経済新聞
  2. 【松屋】ついに登場!「チーズ牛めし」正式メニューに、“キムチーズ”も登場

    ウレぴあ総研
  3. 【アフタヌーンティー×PEANUTS】スヌーピーや仲間たちとの“思いをつなぐ”サステナブルなコラボアイテムが出るよ~♪

    ウレぴあ総研
  4. 揚げ物を日本で一番食べている「福井」の人々。そこには深いワケがあった

    TBS Topics
  5. <食のこだわり>ママの密かな楽しみ?子どもに内緒でおいしいものを食べること、ある?

    ママスタセレクト
  6. 6年間で800体超 圧巻のボリュームを誇るポケモン立体ビーズアート

    おたくま経済新聞
  7. 熱風・セルフ・ミュージック?ユニークなロウリュが自慢の『佐倉天然温泉 澄流(すみれ)』で、温泉旅行気分を満喫!

    さんたつ by 散歩の達人
  8. 反町隆史の出演が決定!今夏スタート日曜劇場『オールドルーキー』

    TBS Topics
  9. ダメ押しタイムリーHで2週間ぶりの打点!得点圏打率.368の佐藤輝明以上の勝負強さ発揮した阪神が誇る超人とは!?

    ラブすぽ
  10. 【重曹の使い方】基本をマスター!重曹で家中をエコ掃除&消臭

    PrettyOnline