Yahoo! JAPAN

まるでお店の味!?『ランプステーキ』を美味しく仕上げるには?さまざまな調理法を紹介!

オリーブオイルをひとまわし

まるでお店の味!?『ランプステーキ』を美味しく仕上げるには?さまざまな調理法を紹介!

ランプ肉は比較的、値段も手ごろで使いやすい肉であり、比較的柔らかく食べやすい特徴がある。また、ランプ肉はカロリーが低いといわれるのは本当だろうか。今回は、ランプ肉のカロリーや注目すべき栄養素、調理方法、ソースの作り方などを紹介しよう。

1. ランプステーキは低カロリーって本当?

輸入牛肉のランプ肉は、100gあたり214kcal、脂質は16.4gになっている。一方、牛ヒレ肉は123kcal、脂質は4.8g、牛サーロインは273kcal、脂質は23.7g。かたロース肉は221kcal、脂質は17.4gだ。このように比較すると、ランプ肉は一番カロリーの低い部位とはいえないが、比較的カロリーが抑えめの部位と考えることができる。
ちなみに、輸入牛肉よりも和牛のほうが、全体的にカロリーが高めだ。これは、和牛のほうが脂質の割合が多いことが関係している。和牛のランプ肉のカロリーは、100gあたり319kcal、脂質は29.9gである。なお、豚もも肉のカロリーは171kcal、脂質は10.2gである。低カロリーといわれることが多い鶏むね肉皮なしは105kcal、脂質は1.9gとなっている。したがって、牛ランプ肉は豚もも肉や鶏むね肉よりカロリーが高いということが分かる。

2. ランプステーキに含まれる栄養素

牛ランプ肉は、ほかの牛肉の部位に比べると、比較的低脂質で、高タンパク質であるのが特徴だ。また、栄養素ではビタミンB6、ビタミンB12、鉄、亜鉛、カリウムなどが豊富に含まれている。

ビタミンB6

タンパク質からエネルギーを産生したり、筋肉や血液などを合成するのを助ける働きがある。タンパク質を多く摂取する人はビタミンB6を意識しよう。

ビタミンB12

葉酸と一緒に赤血球のヘモグロビン合成をサポートする働きがある。悪性貧血にも関わるビタミンだ。

ヘモグロビンの成分になる。ヘモグロビンは身体の隅々まで酸素を運ぶ役割がある。

亜鉛

体内で合成されないため、食品から摂取する必要がある。また、味覚が正常に働くようにサポートしたり、タンパク質合成にも関わる。

3. ランプステーキをフライパンで上手に焼く方法

ここでは、フライパンでランプ肉を焼く方法を紹介しよう。
まず、ランプ肉を常温に戻し、塩コショウをする。次にフライパンにサラダ油を加えて熱しておく。そして、コクや深みを出すためにバターをプラスし、完全に溶けたら肉を入れる。焼く時は肉をできるだけ動かさないようにしよう。動かしてしまうとフライパンの温度が低下してしまい、焼きムラの原因になるので注意しよう。
表面に焼き色がついたらひっくり返し、バターの油を肉にかけながら焼いていく。両面が焼けたら、フライパンから取り出す。キッチンペーパーに肉を包み、1分おく。そのようにすることで余分な油を除き、肉の内部まで火を通す役目がある。最後にスライスしたら完成だ。

4. ランプステーキを低温調理で柔らかく!

低温調理のメリット

低温調理は95℃以下で長時間保温できるため、均一に火が通り加熱ムラが生じにくい。また、タンパク質が凝固しづらい温度帯で適切な時間加熱することで、美味しく食べることができる。
厚さ2cmの牛肉をミディアムレアで仕上げたい場合は、58℃で2時間を目安に加熱するとよい。

低温調理器でのステーキの作り方

まず、牛肉を塩コショウし、真空パックに詰めて、低温調理器で58℃で2時間加熱し、牛肉に火を通す。真空パックから取り出し、表面をキッチンペーパーなどで拭き取ったら、フライパンにバターを熱し、片面30秒ずつ加熱して、表面を焼き付ける。

5. オーブンを使ったランプステーキの焼き方

さらに、オーブンを使ったランプステーキの焼き方を紹介しよう。
作り方は、ランプ肉は調理する30分くらい前に常温にしておく。その際にドリップをしっかりふき取ることも肉を美味しくするポイント。サラダ油を浸したキッチンペーパーで肉を包み込み、肉の乾燥を防ごう。
120~130℃に熱したオーブンでランプ肉を20~25分焼く。下の段に天板を設置し、網の上にランプ肉をのせて焼くとよい。天板に肉をのせてしまうと、直接熱が伝わってしまうので注意しよう。裏返してさらに15~25分くらい焼く。
仕上げに、肉に塩をなじませて、油をひいたフライパンで両面を20秒ずつ焼き、焼き色をつける。最後にアルミホイルで覆って肉の内部まで余熱で火を通したら完成だ。

6. ランプステーキを引き立てるソースは?

自宅で絶品ステーキソース

鶏ガラスープの旨みが効いてコクが感じられるソースだ。
玉ねぎ、にんにくをすりおろし、鶏ガラスープの素、酒、醤油、砂糖、水を加えてフライパンで加熱し、沸騰したら火を止めて完成だ。

すりおろし玉ねぎの和風ソース

玉ねぎにはちみつを加えて味に深みとコクをプラス。
フライパンにすりおろし玉ねぎ、にんにく、はちみつ、砂糖、醤油、酢を加えて煮る。さらに、ステーキを焼いた肉汁などを加えればさらに旨みが倍増する。

コチュジャンのステーキソース

ピリッとした甘辛味噌がアクセント。
フライパンにサラダ油を熱し、スライスにんにく、薄切りにした玉ねぎをフライパンで炒め、コチュジャン、酒、醤油、みりん、砂糖を加えて煮る。

結論

ランプ肉は輸入牛の中では比較的カロリーの低い部類に入る。また、フライパンでそのまま焼くのもよし、低温調理器やオーブンなどを利用し、柔らかく仕上げるのもよいだろう。また、好みのソースを手作りして、ソースにつけて食べるとより美味しくなるだろう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 渡邉里英

【関連記事】

おすすめの記事