Yahoo! JAPAN

「ちょっといいですか」 プレゼンスタイルで欲しいゲームを紹介する息子が微笑ましい

おたくま経済新聞

「ちょっといいですか」欲しいゲームを説明する際は営業スタイルになる息子。

 子供って本当にゲームが大好き。筆者も先日甥っ子と遊んだのですが、彼が話す内容というと専らゲーム。夢中になって話してくるので、「自分も子供の頃はこうだったんだろうな」と思いながら、うんうんと聞いてあげています。

 そんな中で欲しいゲームの話になると、とりわけハイテンションになるんですが、漫画家のひこちゃんさんの息子さんの場合は、さらに独特の話し方になるそうです。その様子を、自身のTwitterにて漫画として紹介したところ話題となりました。

 「ほしいゲームソフトがあるときの小4の息子」というタイトルで、ひこちゃんさんが投稿した漫画では、ひこちゃんさんと息子さんの、とある会話シーンが納められているんですがこれが実にユニーク。

 どんな内容かというと、「紹介したいゲームがあるんですけどちょっといいですか」と、まるで家電量販店に出向いた際に、店舗の方に商品の紹介をされるような「営業スタイル」の話し方になるんだそう。

 「普段はとても現実思考な子なんですけどね(笑)」

 そう笑いながら語ったひこちゃんさんによると、このシーンは、元々息子さんがとあるテレビ番組を見ていた時に、「フォールガイズ」というゲームソフトが登場したのがきっかけだったそう。

 「どうやらその瞬間に、彼の『欲しいゲームソフトランキング』1位に躍り出たようですね」

 と、父親であるひこちゃんさんは分析されており、実際に息子さんは「フォールガイズ」についての、ゲームのシステムや、いかに自分が面白いと思っているかということを熱弁してきたんだそう。その姿はさながら、プレゼンのようだったとのことです。

 この様子を納めた漫画のツイートには、ひこちゃんさんの息子さんと同世代のお子様がいらっしゃる方からの反応がとりわけ多く見られ、リプライ(返信)欄には、「うちの息子(小6)にものすごく似てます!」「我が家も近い(笑)」「すっごいプレゼンをしそうw」「クライアントになってみたい」といった声が。

 ちなみにひこちゃんさんの息子さんは、“プレゼン”の際、動画を流しながら説明したということで、若干10歳にして、天性のプレゼンの素質をお持ちのようです。

 そんな微笑ましいエピソードでしたが、ひこちゃんさんは、コロコロ公式Twitterにて、「いないいないばあオジさん!」を連載中とのことですが、自身のTwitterでは、息子さんや奥様との日々の出来事を漫画にして、Twitterにて投稿されることもあるそう。今回反響を呼んだこともあり、普段の息子さんの様子を漫画にて合わせて紹介されていました。

<取材協力>
ひこちゃんさん(@YOTUGINOKO)

(向山純平)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS