Yahoo! JAPAN

手詰まりになるとサイドに出しがち。サイド=スペースがあって安全、ではなく「安全な場所」は状況によって違うと教える方法は?

サカイク

攻撃の際、手詰まりになるとサイドにパスを出しがちな子どもたち。サイド=スペースがあって安全と思っているようだが、ボールと人の位置によって安全な預け先は変わることを教えたい。

でも、サイド=安全という認識が強いのか、なかなか改善できない。どんな風に教えたら理解させられる? とお悩みのコーチからご相談をいただきました。

ジェフユナイテッド市原・千葉の育成コーチや、京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターなどを歴任し、のべ60万人以上の子どもたちを指導してきた池上正さんが、子どもたちに理解させるためのアドバイスを送ります。
(取材・文 島沢優子)

池上正さんの指導を動画で見る>>

 

(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

 

<<ドリブル、パス、数的優位の作り方 同じスキルでも低学年、中学年、高学年とそれぞれの年代で押さえるべきポイントを教えて

 

<お父さんコーチからのご質問>

少年団で指導をしている者です。

チームに所属しているのは3年生~6年生なのですが、今回は高学年の指導について相談です。

ボールを動かす時の判断について、安全なスペースに出すように教えているのですが、子どもたちのなかで「スペースがある=サイド」と認識されているようで、手詰まりになるとサイドにパスを出しがちです。

ボールと人の位置によって、安全なパスの預け先は変わることを上手く伝えたいのですが、感覚的に理解させる方法をアドバイスいただけませんでしょうか。

何度か言葉で説明したのですが、安全なスペース=サイド と本能的に感じているのかどうしても修正できず......。
よろしくお願いいたします。

 

 

<池上さんのアドバイス>

ご相談ありがとうございます。

サイドにスペースが生まれるのは、攻撃においては基本的なことです。子どもたちには、サイドが空いて、誰かが埋めて、そこにボールが入ったら「次に何が起きるか」について伝えてください。

 

■まずは「何のためにサイドを使うのか」を理解させること

サイドから崩そうとすれば、当然真ん中が空いてきます。サイドにボールが入って、すぐさまサイドから中央にボールを運ばれると、相手は揺さぶられます。ディフェンスからすれば、ボールを追いながら、攻撃してくる相手の動きを把握するのが非常に難しくなります。

つまり、隙ができるわけです。そのあたりを詳しく話し、何のためにサイドを使うのかをまずは理解させましょう。

そのような理解を促すために私が行うのが3対2の練習です。外側(サイド)のひとりにボールが出ると、ディフェンスはボール保持者をマークしに行きますね。カバーするためにもう一人の守備者が寄って来ます。そうすると逆のサイドが空きます。素早く逆サイドに展開すると、守備の二人の間の距離が空きます。つまり、真ん中の選手が空くわけです。

その真ん中に折り返してシュート。もしくはドリブルして引き付けて、逆サイドのノーマークの選手を使うなど、さまざまな選択肢が生まれます。

 

■サイドが相手DFから逃げる安全地帯ではなく、ゴールを狙うためのチャンスになるという認識に変える

そのようなサイドを使う練習メニューは、私の著書や監修した本に出ています。例えば『「蹴る・運ぶ・繋がる」を体系的に学ぶ ジュニアサッカートレーニング』(カンゼン)

にも載っています。本の第2章「蹴る・運ぶ・繋がる」を総合的に伸ばす、の項目で、3つのステップに分けて2対1から4対4までの練習を解説しています。良かったらチェックしてみてください。

例えば、ラインゴール方式で、ドリブルでラインを通過すれば1点というルールで練習する方法などを書いています。勝ち負けを決める練習のほうが選手は集中するし、楽しくできます。

ゴールを狙うので、縦にいく意識が強くなります。そのなかで、サイドが、相手ディフェンスから逃げる安全地帯ではなく、チャンスになるのだという認識に変えていきます。

そのような練習をすることで、ゴールを決めるためにはシュートを打たなくてはならない、そのために何をするのかが重要であることを学んでもらうのです。何も考えずサイドに安易にボールを出すのではなく、ゴールにつなげるために最良の選択をする。まずはそういった感覚を身に付けることが大事です。

 

■サイドを使うことで真ん中ががら空きになる、といった事に気づかせる

安全に、相手に取られないようにパスを回すだけでは、シュートまでもっていけません。そこで、次のステップでは「どんなふうにしたらゴールまでいけるかな?」と選手たちに考えてもらいます。

例えば、外側(サイド)はマークされていないので、そこに出すとします。いいことです。そこでサイドの子がドリブルで仕掛けると、ディフェンスはそこに集中します。そこで、そのサイドの選手を、外側から追い越していくと、相手守備はなおいっそうサイドに集まります。そうすると、真ん中ががら空きになりますね。

そこに気づいてほしいのです。そうやって相手を揺さぶること。さらに言えば、サイドにボールを出すときに、選手たちが「その次の次のプレー」が予測できるようになるといいですね。

各々の予測が合わないときもあれば、合うときもあります。そうやって連携することが大事です。

それを繰り返すことで、選手が「サッカーをどう理解するか」につながるのです。

 

【7月9-10日開催】池上正コーチによる親子サッカーキャンプ開催>>

 

■欧州では1年生ぐらいから外に開く、中にパス、シュートの意味を理解している

(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

 

そのような「サッカーで攻撃するということは、こういうことなんだ」と理解を深めていく。それがサッカーインテリジェンスと言われるものです。こういった理解を、日本の育成ではもっと早い段階で学んでほしいと私は考えます。

「もっと攻撃してごらん」
「どこに動いたら、相手は困るかな?」
「君がどこに動いたら、相手を崩せるかな?」

そんなふうに問いかけながら、子どもたちの理解を促しましょう。

欧州では、1年生くらいの年齢から、外に開いて、中に入れて、シュートをすることの意味を理解しています。

練習で指導者は説明していいと思いますが、試合では自由にさせてください。試合は練習でやってきたことを試す場所です。試すときは子どもたちに任せましょう。

「自分たちでできるためにはどうしますか?」と尋ねてください。

理解を促すとき、動画があるとわかりやすいでしょう。

DAZNのYouTubeチャンネルで内田篤人さんのやっている動画なども参考になります。外部サイトですが、よろしければご覧ください。

【内田篤人の実演指導】みんなでやろう「ウッシー」|Players Lab 2nd Season #1|内田篤人のフットボールタイム|2022

 

池上正さんの指導を動画で見る>>

 

池上 正(いけがみ・ただし)「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. なんしよん?シャボンちゃんの北九州弁バージョン LINEスタンプ第3弾で登場

    おたくま経済新聞
  2. 《福岡の至宝と呼びたい老舗飲食店》フランス料理の文化を広めた「創業54年のビストロ」

    UMAGA
  3. 【古代米やこはく糖が購入できる自販機】看板型デザイン自動販売機「ボードステーション」

    ソトコトオンライン
  4. 〈ここは寺院? それとも魔宮?〉コーヒー好きを名乗るなら絶対いっとくべき場所|このミュージアムがすごい②

    特選街web
  5. 【ディズニー×レッセパッセ】新作アパレルはキュートなミニーの限定Tシャツ♪ カラバリは3色展開

    ウレぴあ総研
  6. 【ダイソー・セリア】100均の「ワイヤーネット」で超カンタン!収納UP&家事時短テク6つ

    ウレぴあ総研
  7. 甲子園への吹奏楽部動員はパワハラ?教員のツイートに共感の声「なぜ野球部だけ応援しないといけないのか」

    New's Vision
  8. 慶應義塾「幼稚舎」出身の意外な芸能人TOP10

    ランキングー!
  9. 夏バテ防止に!スパイスのきいたネパールカレーが美味しいお店【旭川】

    asatan
  10. 将来の夢が見つからなくても焦らないで!沼田晶弘先生がアドバイス

    フジテレビュー!!