Yahoo! JAPAN

子育てママ・パパが知っておきたい 交通ルールと電動アシスト自転車の乗り方

ミキハウス 出産準備サイト

子育てママ・パパが知っておきたい 交通ルールと電動アシスト自転車の乗り方

長く自転車に乗っていなかったけど、子育てをするようになって久しぶりに自転車のある生活を再開した…という方は少なくないのではないでしょうか? そこで、今回は子育て世代が知っておくべき交通ルールと、大人気の電動アシスト自転車の扱い方についてまとめました。

道路交通法では、自転車は車両。歩道は歩行者優先です

まずは基本的な法律の知識から。自転車は、道路交通法では軽車両に位置付けられていて、道路を通行する場合は「車」として、交通ルールやマナーを守らなければなりません。

そう、自転車は「車」なんです。

同じ「車」でも免許が必要な自動車やバイクの場合、交通ルールを守るのは当たり前。なのに、自転車になると意識の低い人が少なくありません。これは世代に関係なく、自転車は「車」という認識が広まっていないことと関係があるのかもしれません。

そこで、まず自転車に乗る時の基本的な心得をまとめた「自転車安全利用五則」(※1)から、基本ルールを学んでいきましょう。

【自転車安全利用五則】

1自転車は車道が原則、歩道は例外

車道と歩道の区別があるところは車道通行が原則です。

2車道は左側を通行

道路の左側に寄って通行しなければなりません。

3歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。歩行者の通行を妨げる場合は、一時停止をしなければなりません。

4交通ルールを守る

・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
・夜間はライトを点灯
・交差点では信号遵守と一時停止・安全確認

5子どもはヘルメットを着用

幼児・児童を保護する責任のある方は、幼児を幼児用座席に乗せるときや幼児・児童が自転車を運転する時は、幼児・児童に乗車用ヘルメットをかぶせましょう。

自転車は「自動車と同じく車道を通ることが原則」と定められていますが、例外もあります。「安全のために歩道を通行することがやむをえないとき」や「運転者が13歳未満の子ども、70歳以上のお年寄り、体の不自由な人であるとき」などです。

また普通自転車専用通行帯が設けられている道路では、自転車はその通行帯を通行しなければなりません。

自転車に乗せているわが子のお手本になるためにも、ルールを守り、譲り合いの気持ちを忘れずに安全に走行したいものですね。

出発前の4つのチェックポイント

さて、続いては実践編です。実際に子どもを載せて自転車を利用する際に注意すべきことをまとめます。特に電動モーターで動く電動アシスト自転車は、重量が非常に重く、また普通の自転車に比べて漕ぎ出し時のスピードが速いなどの特徴もありますから、扱い方には注意が必要です。

そこで1993年に世界初の電動アシスト自転車を発売したヤマハ発動機株式会社さんを取材。コーポレートコミュニケーション部の松尾薫さんに、まずは乗り方についてお聞きました。

1.ヘルメットはきちんとかぶせましたか?

道路交通法には子どものヘルメットの着用義務が明記されています。また消費者庁の調査(※2)でも、ヘルメットの着用がケガのリスクを減らすことがわかっています。

かぶせ方は下記イラストのとおり。頭のサイズに合ったヘルメットをまゆの上まで水平にかぶせ、指が1本入るぐらいのゆとりを持たせてあごひもをしっかり締めます。ヘルメットは衝撃吸収テストに合格し、安全基準をクリアしたSGマーク付きのものを選びましょう。常に乗る前にかぶり、降りてから脱ぐようにしましょう。

2.シートベルトは締めましたか?

子どもの想定外の動きに驚いた経験は、子育て中のママ・パパなら誰でもあるでしょう。自転車に乗っている時も例外ではありません。転倒や転落の事故を防止するために、走り始める前にシートベルトをしっかりと締めましょう。

3.子ども二人を前後に乗せるとき、後ろの子が先と決めていますか?

停車中の自転車は前部が重くなると、転倒しやすく危険です。子ども二人を前後に乗せる場合は、大きい子を後部のシートに乗せてから、前の子を乗せるようにしましょう。降ろすときは前の子が先、後ろに座っている子が後です。自転車が倒れそうになってもすぐに手で支えられるように、ママ・パパは自転車の近くに立って子どもを乗せましょう。

4.サドルにまたがったとき、両足のかかとが地面についていますか?

停止している自転車は、ママ・パパの足で支えてバランスを取らなければなりません。そのため両足のかかとがしっかりと地面に着くようにサドルの高さを調整しておきま しょう。

〈注意!〉電動アシスト自転車は必ずサドルにまたがって漕ぎ始めるようにしましょう。片足をペダルに乗せて加速してからサドルにまたがる乗り方は危険です。

「子ども乗せ電動アシスト自転車は二輪車ですから、バランスを崩しやすいものです。特にお子さまを乗せるときには、親御さんは自転車から離れないでください。乗せ降ろしの際の万が一の転倒に備えるためにも、お子さまのヘルメットとシートベルトは必ず装着してあげましょう」(松尾さん)

転倒事故を防止するために気をつけたいこと

東京消防庁の救急搬送データ(※2)では、子ども乗せ電動アシスト自転車の事故でケガをする子どものうちの73.4%が停車中の転倒によるものです。転倒事故を防止するために気をつけたいことを確認していきましょう。

子どもを乗せたら、決して自転車から手を離さず、いつでも支えられる体勢で

チャイルドシートで子どもがからだを動かすと、自転車が倒れる危険性があります。子どもが乗った自転車から手を離さないようにして、「ちょっとだけ」の買い物でも必ず子どもを降ろして連れていきましょう。

荷物はバランスよく。ハンドルに下げるのは危険

子ども二人を前後のシートに乗せると、荷物を置く場所がなくなって、ついハンドルに下げてしまうことはありませんか?荷物の重さで車体のバランスが悪くなるし、ママ・パパの足の動きを邪魔して事故の原因になることもあるようです。

停車してスタンドを立てる時は、地面の傾きや段差に注意

地面にわずかでも傾斜や凸凹があると、自転車が転倒する危険は大きくなります。自転車を止めた時に車輪が少しでもぐらつくようなら、平らな堅い路面に止めなおしましょう。

歩道と車道の段差に注意

駐車場などの出入り口や車道と歩道には5㎝ぐらいの段差があるものです。乗り越えようとしたときにバランスを崩して転倒につながることもあります。段差はできるだけ避けて通行しましょう。濡れたマンホールのふたも滑りやすいので注意が必要です。

停車したらハンドルロックをかけて

子ども乗せ電動アシスト自転車にはハンドルロック機能が付いているものがあります。ハンドルが動くと転倒事故につながりやすいので、自転車を降りるときには必ずロックしてから子どもを降ろしましょう。

「お子さまを乗せた電動アシスト自転車で転倒すると、たとえケガがなくても、自転車が重くてお母さんひとりでは持ち上げられなかったという話も聞きます。また同じ衝撃を受けたとしても、小さなお子さまの場合は大人よりも受けるダメージは大きいです。転倒の可能性のある行動や場所を避けることで、事故を防いでいただきたいと思います」(松尾さん)

空気圧とブレーキは乗るたびに確認。月1回は定期点検を

バッテリーやディスプレイなどの電子部品を搭載した電動アシスト自転車ですが、意外にも電気系統のトラブルより、タイヤの空気圧やブレーキが原因となる故障が多いそう。自転車を使う前に空気圧が減っていないか、ブレーキに不調はないか、確認しましょう。

電動アシスト自転車は本体だけで約30㎏。仮に子ども二人とママ・パパが乗った場合、総重量は100㎏ぐらいになります。「重さでタイヤの空気は減りやすく、ブレーキの効きも悪くなりやすいので日常的なチェックが必要」と松尾さん。

「タイヤがパンクする原因で最も多いのは、空気の減ったタイヤが内側の金属部分に擦れて傷むことなんです。ですから、減ったかなと思う前に空気を入れていただきたいです。ブレーキもレバーをにぎると、タイヤの金属部分にゴムや樹脂の部品が押し付けられて制動する仕組みになっていますから、ゴムや樹脂がすり減るとブレーキの利きが悪くなって危険です」(松尾さん)

乗るたびに空気圧とブレーキの調子を確認するのはもちろん、自転車販売店での定期点検も行いたいもの。

「忙しい日常生活の中で時間を捻出するのは大変ですが、できれば月に1回は、お子さまとご自身の安全のための定期点検を受けてください」(松尾さん)

電動アシスト自転車はとても身近で、誰でも乗れる便利な乗り物です。だからこそ、しっかりルールやマナーを守り、そしてメンテナンスも忘れずに、自転車のある安全で楽しい生活を送りたいですね。

(※1)「自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~」(警察庁)
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/bicycle/info.html

(※2)消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書(消費者安全調査委員会/2020年12月25日)
https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/member/assets/csic_member_201225_02.pdf

<プロフィール>
松尾 薫(まつお・かおる)
ヤマハ発動機株式会社。コーポレートコミュニケーション部で電動アシスト自転車の広報を担当。
「電動アシスト自転車はこれからも使いやすさや高い安全性を目指して改良されていきます。子育てに役立ち、生活をより楽しく便利にする乗り物として愛用していただければうれしいです」

【関連記事】

おすすめの記事