Yahoo! JAPAN

おうちで韓国カフェ気分♡ あのカフェ・ド・パリのボンボンをテイクアウトで!@池袋

シティリビングWeb

おうちで韓国カフェ気分♡ あのカフェ・ド・パリのボンボンをテイクアウトで!@池袋

こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。

韓国でSNS映えするパフェが食べられると話題になった「Cafe de Paris(カフェ・ド・パリ)」。
今年8月、池袋サンシャインシティアルパに「カフェ・ド・パリ」のテイクアウト専門店「カフェ・ド・パリ アンポルテ サンシャインシティアルパ店」が、オープン! 遅ればせながら行ってきました。

city.living.jp

「カフェ・ド・パリ」とは…?


2009年に韓国で創業し、SNS映えするカフェとして大人気となった「Café de Paris(カフェ・ド・パリ)」。私も行きたくてうずうずしていたのですが、なかなか機会に恵まれず、いつかいつか!と思っていました。

そんな「カフェ・ド・パリ」ですが、2019年2月には期間限定で六本木にオープンし、いつの間にか都内、関西に店舗ができていて、韓国に行かなくても味わえるようになりました♪

「カフェ・ド・パリ」といえば、フルーツボンボンと呼ばれる高さ20cm以上のパフェ! フランス語で「甘い砂糖菓子」を意味するボンボンは、SNSでも大人気です!

テイクアウトできるスイーツは2種


今回お邪魔した「カフェ・ド・パリ アンポルテ サンシャインシティアルパ店」では、ミニボンボンとメニメニフルーツタルト、ドリンクを取り扱っています。

city.living.jp

早速ショーケースの前に立ってみましたが…

city.living.jp


あまりのキュートさに何を買ったらいいのか迷う迷う!

散々迷った挙句、「ミニボンボン ダブル」と「メニメニフルーツタルト ルージュ」を購入しました。

city.living.jp

ミニボンボン ダブル

city.living.jp


920円

トップにはあおぶどうがきれいに並んでいて、粉糖が雪のようにかかっていて、ぶどうの下にはヨーグルトホイップがこんもりと絞られています。カップの中には、完熟マンゴー、ヨーグルトホイップ、ゼリーが層になっています。

完熟マンゴーは口の中でとろけるほど柔らかく、甘さもしっかり! さわやかなヨーグルトホイップと一緒に食べると、なんとも言えない口福さを感じられます。

店舗で食べるボンボンは、ゼリー部分がスムージーなのですが、テイクアウトに適したスタイルとしてゼリーになっているようです。個人的にはゼリーのほうが好きかも! 量もこれくらいがちょうどいいです。

メニメニフルーツタルト ルージュ

city.living.jp


730円

ポップアップストアでも人気だったというこちらは、このタルトのために焼き上げられたクッキーがタルトの底とトップに使われています。フルーツピューレがたっぷり使われているそうで、それだけ食べてもしっかりとした味!

こちらもヨーグルトホイップがふんだんに使われていて、さわやかな味わいです。

いずれも生クリームではなく、ほんのりとした酸味のあるヨーグルトホイップなので、あっさりとした印象なので、いくらでも食べられそうな感じでした。

テイクアウトボックスもかわいい♡


city.living.jp


持ち帰って商品を出した後も、何かに使えそうなくらいしっかりとしたボックス! しかもとってもかわいいので、収納BOXにしてもいいかもしれませんね。

テイクアウトはこのサンシャインシティアルパ店以外にも、新宿ミロード店、名古屋久屋大通店でもでも可能(一部商品は異なります)。お店で味わっても、おうちで味わっても、SNS映え&おいしさは間違いなしですよ♪

「カフェ・ド・パリ」公式サイト

【関連記事】

おすすめの記事