Yahoo! JAPAN

スタンド沸かせた西武ギャレットの剛速球【新加入助っ人通信簿】

SPAIA

西武のリード・ギャレットⒸSPAIA

スパンジェンバーグは夏場から急上昇

2020年も多くの外国人選手がプレーした日本のプロ野球。予想以上の大活躍をした選手や、逆にシーズン途中で退団した選手まで様々だった。

たとえメジャーで実績があっても、新天地で1年目から期待に応えることは簡単ではない。移籍組も含め、新加入した外国人選手を振り返ってみたい。

コーリー・スパンジェンバーグは内外野守れるユーティリティープレーヤーとしてメジャー通算419試合に出場して打率.256、29本塁打。レッズに移籍した秋山翔吾の穴を埋める働きを期待されて入団した。


6月19日の開幕戦は1番レフトでスタメン出場。当初は日本野球の対応に苦しんだが、夏場から調子を上げ、8月は月間打率.330と好成績を収めた。

最終成績は111試合に出場して打率.268、15本塁打、57打点。両リーグを通じてワーストの150三振を喫するなど秋山の穴を埋めるには至らなかったが、1年目としては悪くない成績だった。

変幻自在左腕ノリンは1勝どまり

新外国人投手はリード・ギャレットとショーン・ノリンの2人だった。


ギャレットは160キロを超える剛速球でセットアッパーとして活躍。49試合に登板して3勝2敗16ホールド、防御率3.10の成績を残した。来季も残留濃厚と報じられている。

ノリンは時には横から、時にはクイックで投げるなど変幻自在のフォームで打者を惑わす左腕。初登板初先発となった8月29日の楽天戦で6回3失点にまとめて初勝利を挙げた。しかし、白星はこの1勝のみで、5試合に登板して1勝2敗、防御率6.75に終わった。

【関連記事】
・物足りなかったオリックス・ジョーンズ【新加入助っ人通信簿】
・巨人パーラは期待外れ、サンチェスは8勝【新加入助っ人通信簿】
・ボーアに期待しすぎた?阪神【新加入助っ人通信簿】

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事