Yahoo! JAPAN

今日はオフの日♡犬が『休日の時にする行動』3選

わんちゃんホンポ

1.散歩や遊びを要求する

飼い主さんの休みの日になると、犬が飼い主さんにおもちゃを持って行って遊びの誘いをしたり、散歩に行こうとねだったりすることはありませんか?

普段、飼い主さんが仕事に行く準備をしている時には大人しくしているのに、休日になると家事をしていても「遊ぼう♪」「散歩に行こうよ!」などとくっついて回ってアピールすることはめずらしくありません。

これは休日であれば、飼い主さんがいつもよりも構ってくれるということを理解していることで起こす行動です。

仕事に行く日であれば外出前は忙しく、どれだけアピールしてもなかなか遊んでもらうことはできないでしょう。

また、どれだけねだっても遊びに連れて行ってもらえないことも経験上把握していると考えられます。

休日であれば飼い主さんも時間に余裕があるので、家事の最中などに少し手を止めて遊んでくれる可能性がありますし、いつもとは違うタイミングで散歩やお出かけに行った経験もあるかもしれません。

そのようなことから、犬は休日になると遊んでもらえる可能性を感じて構ってもらうためのアピールをするのだと考えられます。

2.いたずらをして気を引く

飼い主さんがいる時にいたずらをすることが少ない犬でも、休日になるとなぜかいたずらをするようになることがあります。

このような場合のいたずらは、飼い主さんに構ってもらうためのアピールだと考えられます。

前述したように、おもちゃを持ってくるような直接的なアピールをすることもありますが、それでも構ってもらえない時には飼い主さんを困らせて気を引こうとすることがあるのです。

汚されたり壊されては困るものを噛まれたり、犬にとって危険があるようなことをしたりしていると、飼い主さんはどうしても「何しているの?」「やめなさい」などの声をかけることもあると思います。

飼い主さんとしては注意したり叱ったりしているつもりでも、飼い主さんのことが大好きな犬にとっては声をかけてもらったことで喜んでしまうこともあるのです。

3.心配してもらおうとする

犬は飼い主さんの気を引くために、心配してもらえるような行動をわざとすることがあります。特に多く見られるのが、出されたご飯を食べないという行動です。

ご飯を食べないと犬の体調が悪いのではないかと、飼い主さんは心配するのが当然です。

そのため、声をかけたり手から食べさせようとしたりと、食事中により多く関わりを持つようになると思います。なかには、病院に連れ出すこともあるかもしれません。

これと同様の理由から、部屋の中で歩いている時にわざと足を引きずるような仕草を見せたり、座り込んで歩けないような態度を取ったりすることもあります。

いわゆる「仮病」と呼ばれる行動ですが、生活環境が変わったり家族が増えたりして飼い主さんに構ってもらえず寂しい思いをしている時などにも見られます。

まとめ

休日になると、飼い主さんの気を引くために犬がさまざまな行動を見せることがあります。

普段であれば、忙しくて構ってもらえないということを理解していますが、休日であれば時間に余裕があり構ってもらえるかもしれないという希望があるからだと思います。

おもちゃを持ってきたり玄関に誘導したりといった直接的な遊びの誘いをすることもあれば、怒られてもいいからといたずらをして困らせたり、仮病を使って心配してもらおうとしたりします。

どの行動も飼い主さんに構ってもらうためのアピールですが、過剰に構いすぎる必要なく、飼い主さんのペースで相手をしてあげればいいと思います。

全てのアピールに応えてしまうと、いつでも自分の思い通りになると勘違いしてしまうので、あくまで飼い主さんの都合に合わせて応えてあげるといいでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事