Yahoo! JAPAN

ジジ・ハディッド&ゼイン・マリクが婚約?極秘結婚? 手首の新タトゥーにファン騒然

Techinsight

すでに婚約?極秘結婚? ゼインの腕に刻まれた詩に憶測広がる

9月に待望の第1子が誕生予定のジジ・ハディッドとゼイン・マリク。ファンの間では現在、2人が「すでに婚約したのではないか?」「ひょっとして結婚?」との噂で持ちきりになっている。というのもある人物によって公開されたゼインの手首のクローズアップ写真に、“結婚”を匂わす意味深なメッセージが刻まれていたからだ。

【この記事の他の写真を見る】

人気モデルのジジ・ハディッドは先日、リモート出演したトーク番組のなかで

「ワン・ダイレクション」の元メンバーで恋人のゼイン・マリクの子を妊娠中であることを公表した。

出産予定は9月で、

赤ちゃんの性別は女の子だと報じられている。

この朗報を受け、ジジと親交のあるセレブ御用達ジュエラーのジョージ・カリフェさんは、お祝いの印にとカップルにお揃いのブレスレットをプレゼント、のちにそのブレスレットを身に着けたジジとゼインの手首のクローズアップ写真を自身のInstagramで公開した。

ゴールドのチェーンには“evil eye”(邪視)と呼ばれる瞳をかたどったダイヤモンドがあしらわれているのだが、この“evil eye”は中東地方などで魔除けやお守りとして広く愛されている。レバノンにルーツを持つカリフェさんは、父方にパレスチナの血を引くジジと、パキスタン出身の父親を持つゼインにこのデザインを選んだ理由を、

「私達3人は皆、中東にルーツを持っています。私達の文化では、“evil eye”は嫉妬やネガティビティを払い退けると信じられているのです。」

と『People.com』に語っている。

カリフェさんはInstagramストーリーにもゼインの手首のクローズアップショットを公開したが、そこにはゼインが最近入れたと思われる新たなタトゥーが写っていた。前腕に彫られた小さな文字は、作家や詩人として知られるレバノン系アメリカ人、カリール・ジブラン氏(ハリール・ジブラーンとの表記も)の有名な詩『On Marriage』(結婚について)から引用したもので、海外の結婚式でもよく読み上げられるおなじみの詩だ。

Sing and dance together and be joyous but let each one of you be alone
(一緒に歌い、一緒に踊り、共に楽しみなさい。しかし、おたがいに相手をひとりにさせなさい。)

Give your hearts but not into each other's keeping.
(おたがいに心を与え合いなさい。しかし、自分をあずけきってしまわないように。)

Stand together yet not too near together
(一緒に立っていなさい。しかし、近づき過ぎないように。)

For the pillars of the temple stand apart and the oak tree and the cypress grow not in each other's shadow.
(なぜなら、神殿の柱はそれぞれ離れて立ち、樫の木と杉の木は、おたがいの陰には育たないのですから。)
(訳:佐久間彪)

ゼインの腕にこのように刻まれた新たなタトゥーには、

「これって、2人がすでに婚約したって意味では?」
「ひょっとして、極秘で結婚済みなのかも!」
「いずれにしても、“Zigi”(Zayn & Gigi)ファンにとってはこの上ない最高のニュース!!」

とファンも歓喜の声をあげており、現在ネット上は2人の噂で持ちきりになっている。

4月下旬に妊娠のニュースで世界を沸かせたばかりのゼイン・マリクとジジ・ハディッド。

婚約か? それとも極秘結婚か? 若い2人の動向からはまだまだ目が離せそうにない。

画像2、3枚目は『Mirror Online 2020年5月7日付「Zayn Malik hints he’s proposed to pregnant Gigi Hadid as he shows off ‘wedding’ tattoo」(Image: Instagram)』『George Khalife 2020年5月2日付Instagram「Good vibes only for this beautiful couple!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

【関連記事】

おすすめの記事